血行改善には、ビタミンEや鉄分などが効果的です


育毛環境を改善するには、頭皮の血行にも気を配りましょう。

頭皮の血行をよくする方法はいろいろありますが、血行促進の効果が期待できる栄養素を積極的に摂るのもおすすめです。

血行改善に効果的な栄養素には、ビタミンE・鉄分・DHA・EPAなどがあります。

ビタミンE

ビタミンEには、毛細血管を広げて血行促進する効果が期待できます。

またビタミンEは活性酸素から血液を守る役割もあり、若返りのビタミンと呼ばれることも。

大豆やアーモンド、アボカドなどに含まれているので、手軽に摂取できます。

ただし摂りすぎると骨粗鬆症のリスクが高まる、血が止まりにくくなる可能性があるので注意が必要です。

鉄分

鉄は、レバーなどに多く含まれる栄養素で、血液内のヘモグロビンの原料です。

鉄分が不足すると、ヘモグロビンが作れず、血行不良につながります。

女性の場合は生理で血液を失いやすいので、不足しないように意識的に摂取するようにしましょう。

DHA・EPA

DHAやEPAは脂肪酸で、青魚に多く含まれる栄養素です。

血液をきれいにして、スムーズに流れやすくする効果があるといわれています。

こんな食事だと血液循環が悪くなるので注意

いくら血行を促進する栄養素を摂取していても、食生活に問題がある場合は、効果を実感できない可能性があります。

外食やインスタント食品ばかり食べていませんか?

また甘いものや脂っこいものを食べ過ぎていませんか?

外食やインスタント食品ばかりの食事では、全体的に栄養が不足してしまいます。

すると血液の成分が作れずに、血液の質が悪くなってしまうので注意しなければなりません。

また糖分や脂質の多いものを食べすぎると、血液がドロドロと粘度が増し、流れにくくなります。

血行をよくするためには、血行を促してくれる栄養素を摂ることも大切ですが、まずは今の食生活を振り返って、健康的な食事がとれているのかを確認するようにしましょう。

女性はたんぱく質不足にも気をつけましょう


血行を促進するのに効果的な栄養素は、ビタミンEや鉄分などがありますが、それ以外の栄養素が必要ないというわけではありません。

血液を作る材料も、食べ物から摂取した栄養がもとになっているからです。

とくに女性の場合に注意したいのが、たんぱく質不足です。

たんぱく質は、肉や魚などに含まれる栄養素で、ダイエットなどで不足しやすい栄養素です。

血液の成分のほとんどはたんぱく質なので、食事制限などでたんぱく質が不足してしまうと、血液が十分に生成されません。

すると血液の量が不足し、体中を十分な量だけ巡ることができなくなってしまうのです。

また女性は生理によって血液が体外に出てしまうので、その分、多くの血液を作る必要があります。

たんぱく質が不足しないよう、きちんと摂取するようにしましょう。

生活を見なおし、血行を妨げないようにすることも大切です

血行不良の原因は、食事の問題だけではありません。

生活の中に血行を悪くする要因が隠れています。

栄養面に気を配るのはもちろん、生活習慣についても見なおしましょう。

適度な運動を取り入れましょう

体を動かさないと、どうしても重力によって血液が下に溜まりやすく、むくみの原因にもなります。

また運動習慣がないと、体が冷えやすくなり、さらに血行が悪くなるという悪循環に陥ります。

体を適度に動かす習慣を身につけ、血の巡りをよくしましょう。

十分な休養をとるようにしましょう

夜更かしや睡眠不足は、自律神経の乱れを引き起こし、さらに血行不良を招きます。

血行不良にならないためにも、しっかりと睡眠時間を確保し、体を休ませてあげましょう。

ストレスを溜めないようにしましょう

人間の体は、ストレスを感じると緊張状態となり、血管が収縮します。

血行を促進するためには、適度にストレスを発散し、ストレスが溜まりすぎないようにすることも重要です。

(まとめ)頭皮の血行を促進するのに役立つ栄養素とは?

1. 血行改善には、ビタミンEや鉄分などが効果的です

頭皮の血行をよくするためには、ビタミンEや鉄分など、血行を促進する働きのある栄養素を積極的に摂取しましょう。

またDHAやEPAのような血液をきれいにして、スムーズに流れやすくしてくれる栄養素を摂取するのもおすすめです。

2. こんな食事だと血液循環が悪くなるので注意

血行促進の作用のある栄養素を摂取していても、食生活に問題があると血液循環を妨げます。

たとえば外食やインスタント食品ばかりの食事、甘いものや脂っこいものの食べ過ぎなどです。

このような食生活を送っていると、血液がドロドロになり、流れにくくなります。

3. 女性はたんぱく質不足にも気をつけましょう

血液のほとんどの成分がたんぱく質からできています。

そのためダイエットなどでたんぱく質を制限すると、血液の量が足りなくなり、血行不良に。

また女性の場合は、生理で血液を失いやすいので、きちんと血液が作れるように、たんぱく質が不足しないようにしましょう。

4. 生活を見なおし、血行を妨げないようにすることも大切です

血行を改善するには、食生活に気を配るだけでは不十分です。

生活の中にも、血行を妨げる要因が隠れているので、生活習慣の見なおしも忘れないようにしましょう。

適度な運動や十分な休養、ストレス対策で、血行促進を心がけてください。