頭皮にきびの原因は血行不良以外にもあります


頭皮にできるにきびは、頭皮でアクネ菌が過剰に増えることで起こります。

アクネ菌は健康で清潔な時も、皮膚や頭皮にいます。

しかし健康な状態の時は、頭皮にきびにはなりません。

しかし頭皮のターンオーバーがうまくいかない時や、皮脂が過剰な時は、皮脂を好むアクネ菌が過剰に繁殖し、にきびができ炎症を起こします。

さて頭皮に皮脂が過剰分泌される原因はいろいろあります。

洗浄力の強すぎるシャンプーやゴシゴシ洗いで頭皮が乾燥すると、頭皮を守るために皮脂が過剰分泌されます。

他にも、ホルモンバランスが乱れた時や女性のホルモン周期によっては、皮脂がいつもより多く分泌される場合があります。

ストレスフルで不規則な生活は皮脂分泌を過剰にします。

肉や脂もの、ジャンクフード中心で野菜が少ない食生活をしていると、皮膚や頭皮が脂っぽくなります。

また頭皮にできものや痒みがでる原因はにきびの他にもあります。

なかなか改善されない場合は、皮膚科を受診して適切な薬をもらいましょう。

にきびの原因はアクネ菌

顔の皮膚にできるにきびと同じで、頭皮にきびもアクネ菌が原因です。

アクネ菌は脂漏性皮膚炎を起こすマラセチア菌と同じで、皮膚にいつもいる常在菌のひとつです。

アクネ菌は酸素を嫌い、皮脂を栄養にし毛穴の中にいます。

そして皮脂が過剰分泌されると、アクネ菌も過剰に増えるので、頭皮にきびができてしまいます。

毛穴にできることから、頭皮にきびは薄毛につながり頭皮環境を悪化させます。

アクネ菌を増やさないようにするには、洗髪をきちんとして、清潔で潤いのある頭皮環境を保つことです。

頭皮は髪の毛があるので見えにくく、顔や他の部分よりも毛穴の数が多いです。

また頭皮の皮膚は、顔の皮膚よりも厚みがあります。

ですので頭皮にきびには、顔にきび用の薬は使わないようにしましょう。

血行不良はにきびの原因のひとつ


頭皮の下、皮下組織にある毛細血管から毛母細胞に栄養が送られ、新しい髪の毛が生まれます。

しかし血行不良だと血液が毛細血管まで届けられません。

そのうえ血行不良の頭皮には栄養や潤いが行き渡らないことから、乾燥してしまいます。

そして乾燥した頭皮を守るために多く分泌された皮脂がアクネ菌を増やし、頭皮にきびができてしまいます。

また血行不良の時、新しい角質が頭皮の表面に出にくくなります。

これをターンオーバーの乱れといいます。

そのうえこの状態が続くと、健康な状態の時はアカとなって剥がれ落ちる古い角質がそのまま残り、毛穴をふさぎ、フケが出ます。

このように血行不良は育毛環境を悪化させ、頭皮にきびの原因のひとつになるのです。

頭皮にきび対策のために毎日できること4つ

  • 頭皮を乾燥させない洗髪とヘアケア

    シャンプー前のブラッシングや、しっかり頭を濡らし、シャンプー液を泡立てることで、洗浄力の優しいシャンプーでも不必要な力を入れずに汚れを落とすことが可能です。

    また時間をかけてしっかりすすぎ、泡が頭皮に残らないように洗い流します。

    ドライヤーを使った乾燥も大切です。

  • 枕カバーや帽子は清潔にする

    髪があたる枕カバーや帽子はこまめに替えて洗い、清潔さをキープしましょう。

    雑菌が繁殖すると頭皮にきびの悪化に繋がります。

  • 紫外線を避ける

    頭皮や髪は、紫外線を浴びると乾燥します。

    帽子や日傘、スプレーなどを上手に使って、直射日光を避けましょう。

  • ビタミンやミネラルを積極的に取る

    とくにレバーや豆類、葉物野菜に含まれるビタミンB群は、髪や頭皮を作るのに重要です。

    体内に溜められない性質があるため、メニューを変えて、毎日摂取しましょう。

(まとめ)育毛環境の中で血行が悪いと頭皮にきびができますか?

1. 頭皮にきびの原因は血行不良以外にもあります

頭皮の毛穴の中でアクネ菌が過剰に増えることで頭皮にきびは起こります。

洗浄力の強すぎるシャンプーや、ゴシゴシ洗い・ホルモンバランスが乱れた時・不規則な生活・肉や脂っぽいもの・ジャンクフード中心で野菜が少ない食生活などにより、皮脂分泌が過剰になります。

2. にきびの原因はアクネ菌

アクネ菌は皮膚にいつもいる常在菌のひとつです。

皮脂を栄養にし毛穴の中にいます。

そして皮脂が過剰分泌されると、アクネ菌も過剰に増えるので、頭皮にきびができてしまいます。

頭皮は、顔の皮膚よりも厚みがあります。

頭皮にきびには、顔にきび用の薬は使わないようにしましょう。

3. 血行不良はにきびの原因のひとつ

血行不良の頭皮には、栄養や潤いが行き渡らないことから乾燥してしまい、皮脂が多く分泌されるのでアクネ菌が増えます。

そして頭皮にきびができてしまいます。

そのうえ血行不良の時、ターンオーバーの乱れも起こります。

血行不良は育毛環境を悪化させ、さらに頭皮にきびの原因のひとつになるのです。

4. 頭皮にきび対策のために毎日できること4つ

泡で優しく洗い、時間をかけてすすぎをし、ドライヤーで乾かしましょう。

枕カバーや帽子は清潔さをキープしましょう。

帽子などを上手に使って直射日光の紫外線を避けましょう。

髪や頭皮を作るのに重要なビタミンB群を中心にビタミンやミネラルを摂取しましょう。