ノンシリコンだからフケが出るのではありません


「ノンシリコンのシャンプーに変えてから、フケが気になるようになってきた」

そんな風に感じている方もいるかもしれません。しかしフケが出る原因は、シリコンの有無ではありません。

フケが出る原因の多くは、乾燥です。

そのためシャンプーで使用されている洗浄成分の種類が影響を及ぼしているケースがほとんどです。

ノンシリコンでも、高級アルコール系界面活性剤などの洗浄力や脱脂力が高いものを使用しているシャンプーは、皮脂を必要以上に洗い流してしまうために乾燥してフケが出やすくなってしまいます。

フケが気になる時は、使っているシャンプーの洗浄成分を刺激の少ない穏やかなものに変更することで改善されていくことが多いです。

シリコンは悪者ではありません

少し前に「シリコンが毛穴に詰まって、抜け毛や薄毛の原因になる」などという話が広まり、ノンシリコンシャンプーのブームがやってきました。

しかし実際には「シリコン=悪」ではありません。

シリコンは髪の表面をコーティングし、ツヤを与えたり、摩擦によるダメージを防いでくれたりする効果があります。

そのためシリコンに対してアレルギーがあるという方以外には、害をもたらすものではありません。

また人工的な成分の中でも比較的安全で、医療品や日用品にも多く使用されています。

シリコンが髪や頭皮にとって害があるという説は科学的に証明がされておらず、まったく根拠はありません。

シリコンが含まれていると表面がコーティングされているので、ツヤツヤでしっとりとした重みのある髪型になります。

逆にシリコンが含まれていないシャンプーの場合は、髪の表面を覆っているものがありませんので、軽やかで自然なボリュームの髪型を作りやすいです。

ご自身の髪質や髪の状態に合わせて、シリコンの有無を選択するとよいでしょう。

ノンシリコン=無添加というわけではありません


ノンシリコンシャンプーと聞くと、無添加やオーガニックなどと同様に「髪に優しい」といったイメージを持っている方も少なくありません。

しかしノンシリコンだからといって無添加だとは限らないのです。

もちろんノンシリコンシャンプーの中には、無添加である商品や、天然成分が配合されている商品も存在しています。

しかしノンシリコンシャンプーのすべての商品が、髪や頭皮に優しいわけではありません。

安価なノンシリコンシャンプーの成分表を確認してみると、洗浄成分が高級アルコール系の界面活性剤を使用しているケースがあります。

高級アルコール系シャンプーの利点は、洗浄成分や脱脂力が高いことです。

しかしノンシリコンの場合は、髪の表面をコーティングする膜がありませんので、強力な洗浄成分は不要なケースがほとんど。

その結果必要以上に皮脂を洗い流してしまい、頭皮が乾燥してしまうのです。

皮脂が不足すると、頭皮が乾燥してフケの原因となってしまいます。

もしノンシリコンシャンプーに変えてから、フケが気になるようになってきたという場合は、使われている洗浄成分が強すぎるせいかもしれません。

「~硫酸」や「スルホン酸~」といった成分が含まれている場合は要注意です。

フケが気になる場合は、アミノ酸系などの洗浄成分が穏やかな商品を試してみるとよいかもしれません。

脂性フケの場合も考えられます

フケには、乾燥性と脂性が存在しています。

パラパラと乾いた粉状のフケは乾燥タイプ、大きな塊になっているねっとりしたフケは脂性タイプです。

もしノンシリコンシャンプーを使用していて脂性フケが出てしまう場合、洗浄成分が穏やかすぎて、皮脂が取り切れていない可能性も考えられます。

シャンプーを選ぶ際は、周りの評判だけでなく、ご自身の頭皮やフケの状態に合わせて選択することをお薦めします。

また脂性フケは食事や生活習慣なども、大きな影響を及ぼしている場合が多いです。

ファーストフードや揚げ物などを減らすなど、食生活の見なおしを同時に行っていくとよいでしょう。

(まとめ)ノンシリコンシャンプーがフケの原因になることってあるの?

1. ノンシリコンだからフケが出るのではありません

ノンシリコンシャンプーに変えてからフケが気になりだすと、「ノンシリコンにしたせいかな?」と考えがちです。

しかしフケの主な原因は乾燥。

シャンプーの洗浄成分が強すぎて、皮脂を必要以上に洗い流していることが原因になっていることが多いです。

2. シリコンは悪者ではありません

シリコンが頭皮に詰まって薄毛になるという噂が流れていましたが、科学的な根拠はありません。

シリコンは髪の表面を保護する成分なので、悪者ではないのです。

そのため髪の状態に合わせて、シリコン入り/なしを選ぶとよいでしょう。

3. ノンシリコン=無添加というわけではありません

ノンシリコンシャンプーは頭皮に優しいイメージを持っている方が多数いるようです。

しかしノンシリコンだからといって無添加とは限りません。

シリコンの有無だけなく、含まれている成分、洗浄成分も確認するとよいでしょう。

4. 脂性フケの場合も考えられます

フケが出る原因は、乾燥だけとは限りません。

ねっとりとした塊の脂性フケである場合、シャンプーの洗浄力が不足している可能性があります。

ご自身の頭皮の状態に合わせたシャンプーを選びましょう。

また脂性フケの場合、食生活や生活習慣の見なおしも重要です。