硬い髪やパサつく髪だと合わないと感じる場合があります


評判がよいシャンプーだから使ったのに、効果が実感できなかったということはありませんか?

髪質や肌質は十人十色。

他の人に適しているからといって、自分に合うとは限りません。

頭皮や髪に優しいといわれているノンシリコンシャンプーも同様です。

ノンシリコンシャンプーは、髪がまとまりにくくなるというデメリットがあります。

髪が硬いと、ボリュームが出て広がってしまいがちですが、シリコンが配合されているシャンプーを使う方がしっとりして、髪が落ち着く感触が得られるといわれています。

それから乾燥やダメージの為に髪がパサついている場合は、ノンシリコンシャンプーを使うと、きしみを強く感じることがあるかもしれません。

またシリコンが入っていなくても、刺激が強い成分が入っていることがあるので、ノンシリコンシャンプーが一概に髪や頭皮に優しいとはいえないのです。

ノンシリコンシャンプーの特徴を理解し、自分の髪や頭皮環境に合わせてシャンプーを選びましょう。

ノンシリコンは単に「シリコンが入っていない」という意味

シリコン入りのシャンプーが髪や頭皮によくないというイメージを持つ方もいらっしゃるでしょう。

だからといってノンシリコンシャンプーには、髪によい特別な成分が入っているのではありません。

シリコンは合成樹脂の一種で、シャンプーの成分表記には、「ジメチコン」、「シクロメチコン」などと書かれています。

シリコンが配合されることで、髪がコーティングされ、髪を乾かした時に滑りがよくなります。

シリコンが毛穴に詰まるといわれることがありますが、すすぎが不十分だと、余分な皮脂や汚れが毛穴をふさぐことがあります。

ノンシリコンシャンプーとはシリコンが含まれていないシャンプーのことであり、オーガニックシャンプーや無添加シャンプーなどと混同しないように気をつけましょう。

ノンシリコンシャンプーが合う人もいます


ノンシリコンシャンプーは洗い上がりが軽いので、シリコン配合のシャンプーだと髪がべたついて嫌だと思っている人は使ってみるとよいかもしれません。

また自然な感じの仕上がりが好きな人、ボリュームアップしたい人、ショートカットの人、髪の傷みが少ない人にも向いています。

それからシリコンでコーティングされないので、パーマ液やカラーリング剤が髪に浸透しやすくなり、パーマやカラーがかかりやすくなるといわれています。

ただしカラーの後にノンシリコンシャンプーを使い続けると、カラーが落ちやすいともいわれています。

カラーリングの後は、色落ちを防ぐカラー用のシャンプーやトリートメントを用いてケアをした方がよいでしょう。

ノンシリコンシャンプーと上手に付き合いましょう

ノンシリコンでも、他に配合されている成分によっては頭皮トラブルを招く恐れがあるので注意しましょう。

たとえば高級アルコール系に分類される界面活性剤は洗浄力と脱脂力が強いので、必要以上に頭皮の皮脂を洗い落としすぎることがあります。

すると外的刺激から頭皮を守るため、バリアの役割を担っている皮脂まで落としてしまい、乾燥が進んだり皮脂が過剰に分泌されたりする可能性があるので、とくに乾燥肌や敏感肌の方は気をつけてください。

その点アミノ酸系のシャンプーは、刺激が強すぎず汚れや余分な皮脂を落とし、必要な皮脂や潤いを守ってくれるので、頭皮に優しいと考えられています。

アミノ酸系の界面活性剤が配合されているシャンプーを選ぶ場合は、「ラウロイルメチルアラニンナトリウム」や「ココイルグルタミン酸ナトリウム」などの成分が上位に表示されているものを選ぶとよいでしょう。

またシリコンの被膜がない分、余計に髪のパサつきを感じることがありますが、トリートメントで保護したり、保湿したりすることで髪の状態を改善できる可能性があります。

(まとめ)ノンシリコンシャンプーに合わない毛質はありますか?

1. 硬い髪やパサつく髪だと合わないと感じる場合があります

髪が硬いとボリュームが出て広がってしまいがちですが、ノンシリコンシャンプーだと髪がまとまりにくくなります。

また乾燥やダメージのために髪がパサついていると、きしみを強く感じることがあります。

2. ノンシリコンは単に「シリコンが入っていない」という意味

ノンシリコンシャンプーには髪によい特別な成分が入っているのではありません。

シリコンが含まれていないシャンプーのことであり、オーガニックシャンプーなどと混同しないように気をつけましょう。

3. ノンシリコンシャンプーが合う人もいます

洗い上がりが軽いので、髪がべたつく人、自然な感じの仕上がりが好きな人、ボリュームアップしたい人などに向いています。

パーマやカラーがかかりやすくなりますが、カラー後のケアをした方がよいでしょう。

4. ノンシリコンシャンプーと上手に付き合いましょう

他に配合されている成分によっては頭皮トラブルを招く恐れがあるので、とくに乾燥肌や敏感肌の方は気をつけてください。

ノンシリコンでパサつく時は、トリートメントで保護や保湿をすると改善できる可能性があります。