ノンシリコンシャンプーは、無添加シャンプーの仲間です


髪によいイメージがある「ノンシリコンシャンプー」や「無添加シャンプー」ですが、本当の意味をご存じでしょうか。

ノンシリコンシャンプーは、シリコンを配合していないシャンプーです。

一方無添加シャンプーは、特定の成分(シリコン・香料・防腐剤など人工的に作られた合成成分)を配合していないシャンプーです。

つまりノンシリコンシャンプーは「無添加シャンプー」のひとつであり、「シリコン無添加シャンプー」とも言い換えることができるのです。

このようにシャンプーの表記は、ひとつの意味でも複数の表現方法があります。

そのため私たちはシャンプー選びの判断が難しく、混乱しやすいのです。

ではどのようにシャンプーの違いを確かめればよいのでしょうか。
そのヒントになるのが、成分表です。

ほとんどの無添加シャンプーは、成分数が少ないという特徴があります。

たとえば一般的なシャンプーには、洗浄作用のある「ラウレス硫酸Na」「ココイルグルタミン酸Na」、指通りをスムーズにする「ジメチコン」、その他に香料や防腐剤などが入り、成分数が多いのに対して、無添加シャンプーは「水」と「カリ石ケン素材」だけというものもあります。

シャンプーの成分がわかるようになった時代だからこそ、自分自身で成分を見極め、シャンプー選びに役立てましょう。

現在、シャンプーは全成分表示が義務付けられています

私たちは「シャンプーにどんな成分が入っているのか」わかるようになっています。

2001年4月からシャンプーを含む化粧品は、全成分表示(すべての配合成分を表示すること)が法律で義務付けられたからです。

しかしそれ以前は「表示指定成分」のみの表示でした。

この表示指定成分とは、旧厚生省が「アレルギーなど皮膚障害を起こす可能性がある成分」として定めたものです。

具体的には着色料や防腐剤などの成分が、約100種類あります。

そして表示指定成分を使用するときは、商品のパッケージに記載することを義務付けたのです。

当時、各メーカーがあまりよくない成分を広報し、商品をアピールする目的で生まれたのが「無添加」という言葉です。

厳密には、表示指定成分を無添加にしたという意味です。

他にも「○○フリー」「○○不使用」などの言葉もよく目にしますが、成分表を見ていけばシャンプーの性質を知ることができます。

無添加シャンプーは、成分がシンプルなものが多い


「○○無添加」と、無添加にする成分が表示されていれば、わかりやすいのですが、そうでないシャンプーもあります。

ではまずシャンプーがどのような成分でできているのか、今回は、一般的なシャンプーと無添加の石けんシャンプーを比べてみましょう。

成分表は、配合量の多い順に成分名が並び、配合量が1%以下のものは順不同になっています。

一般的なシャンプーの成分表示例

水・ラウレス硫酸Na・コカミドプロピルベタインジメチコン・ジステアリン酸グリコール・グリセリン・トコフェロール・フェノキシエタノール・香料など

※さまざまな成分が配合され、髪質や好みにあわせてシャンプー選びができます。

無添加の石けんシャンプーの成分表示例

水・カリ石けん素地・クエン酸など

※成分がシンプルでわかりやすく、低刺激で環境にも優しいことが特徴です。

無添加シャンプーは、なにが無添加なのかが大切です

「どんな成分が無添加なのか」を確かめ、シャンプーを選びましょう。

とくに肌トラブルが起きやすい方は、相性の悪い成分が無添加となったシャンプーを選ぶことです。

また使い慣れたシャンプーでも、体調不良や季節変化から突然トラブルが起こるケースもあります。

日頃から、シャンプーの成分表を確認するようにして、自分の頭皮に合わない成分を見つけるようにしましょう。

シャンプーの構造とポイント

水性成分(水に溶ける性質&溶かすために使用)・・・水、エタノールなど

界面活性剤(水と油が混ざる性質&洗浄作用)・・・ラウレス硫酸Na、カリ石けん素地(石けん)、ココイルグルタミン酸Na(アミノ酸系)など

油性成分(水に溶けない性質、髪のツヤを出す)・・・ジステアリン酸グリコール、ジメチコン(シリコン)

酸化防止剤(酸化を防ぐ)・・・トコフェロールなど

防腐剤(殺菌&防腐作用)・・・・パラベン類、フェノキシエタノールなど

その他・・・香料、着色料など

ここがポイント!
  • パラベンが配合されていなければ、「パラベンフリー」「防腐剤無添加」などの表現になる
  • 成分名の語尾が○○コンとなっているものがシリコンであることが多い
  • 肌が弱い人は、界面活性剤(グルタミン酸・タウリン・グリシン)がアミノ酸系のシャンプーを選ぶ

(まとめ)ノンシリコンシャンプーと無添加シャンプーの違いは?

1. ノンシリコンシャンプーは、無添加シャンプーの仲間です

ノンシリコンシャンプーは「無添加シャンプー」のひとつであり、「シリコン無添加シャンプー」とも言い換えることができます。

シャンプーの表記は、ひとつの意味でも複数の表現方法があるため、成分表を確認しましょう。

2. 現在シャンプーは全成分表示が義務付けられています

今は全成分表示が法律で義務付けられていますが、それ以前は「表示指定成分」のみの表示でした。

当時の商品は、表示指定成分を無添加にすることがアピールポイントでした。

そして生まれた言葉が「無添加」です。

3. 無添加シャンプーは、成分がシンプルなものが多い

「何が無添加なのか」はっきり表示があるとわかりやすいのですが、そうでないシャンプーもあるため、成分表で見極めましょう。

一般的なシャンプーは成分数が多いのに対し、無添加シャンプーは成分数が少ないものがほとんどです。

4. 無添加シャンプーは、なにが無添加なのかが大切です

肌トラブルが起きやすい成分が、無添加となったシャンプーを選びましょう。

また使い慣れたシャンプーでも突然トラブルが起こるケースもあります。

日頃からシャンプーの成分表を確認するようにして、自分の頭皮に合わない成分を見つけるようにしましょう。