軽さを求めるならノンシリコンですが、問題は油分の多さです


よくシリコン配合シャンプーを使うと「シリコンが頭皮に残る、毛穴を詰まらせる」という方がいますが、これは間違いです。

シリコンは液状で、頭皮に残ったり毛穴に詰まったりする心配がない成分です。

上手にシリコン配合シャンプーを使用すれば、指通りのなめらかな髪へと仕上げてくれます。

つまり皮脂が多い方でも、あえてシリコン配合シャンプーを避ける必要はないのです。

ただ皮脂が多い方は、髪質が重く落ち着いたイメージになりがちです。

ふんわりと軽い髪質を求めるなら、ノンシリコンシャンプーを使用するとよいでしょう。

そもそも皮脂詰まりなど髪がベタつくのは、油分が多すぎるからです。

シャンプーで皮脂をしっかり洗い落とせていなかったり、コンディショナーをきちんとすすげていなかったりと洗い方を見なおす必要があります。

そのほかにも、皮脂分泌が活発になっていることが考えられます。

健康な頭皮は、必要な量だけ皮脂を分泌し、水分と油分のバランスを保っています。

しかし体調不良やストレスなどがあると皮脂分泌のバランスが崩れてしまい、髪がベタつく原因になるのです。

皮脂対策には、シャンプーだけではなく、生活習慣も整えて体の内側からもアプローチしましょう。

シリコン配合シャンプーを避ける必要はありません

ヘアケア製品でよく使われるシリコンは、「アモジメチコン」「ジメチコン」「フェニルトリメチコン」といった種類があります。

成分表を見ると、どんな成分が入っているのかがわかるようになっています。

シャンプーやコンディショナーを購入する前に、成分表を確認しましょう。

さてこのシリコンは、傷んだ髪をケアするのに適した成分で、髪の表面をコーティングしてツヤを出す保護効果があります。

コンディショナーやトリートメントには欠かせない成分となっています。

一方シャンプーはどうでしょうか。

シリコン配合シャンプーは、洗髪中のきしみを抑え、スムーズに洗うことができます。

またシリコン配合シャンプーであっても、シリコンの配合量は少なく、きちんと洗い流せば頭皮にシリコンが残ることはありません。

最近ではノンシリコンシャンプーが主流となっていますが、あえてシリコンを避ける必要はありません。

むしろ切れ毛や抜け毛など髪が傷んでいるのであれば、シリコン配合シャンプーを使うことで、指通りがなめらかになります。

シャンプーを見なおし、不要な油分は落としましょう


いつもより髪がしっとりするような感じがあったら、それはベタつきのサインかもしれません。

まずは不要な油分をしっかり落とせているか、シャンプーを見なおしましょう。

各メーカーによって表示は異なりますが、「サラサラタイプ」「スッキリタイプ」など油分の少ないシャンプーを選ぶことがおすすめです。

より軽い質感を求めるならば、ノンシリコンシャンプーを使用するのもよいでしょう。

髪のベタつきは、油分の多さから起こるケースが多く、シャンプーを変えるだけで解決できることもあります。

また最近のコンディショナーやトリートメントは油分を多く含んだものが人気ですが、しっかりすすぎができていないと、髪に大量の油分が残った状態になり、髪がベタつく原因になります。

すすぎも、念入りに行いましょう。

髪がベタつく原因
  • 体調不良
  • 食生活
  • 睡眠不足
  • 季節の変化
  • 女性ホルモンの影響

※生活習慣を整え、体の内側からもアプローチしましょう。

皮脂詰まりには、オイルクレンジングがおすすめです

髪がベタつく、頭皮の皮脂詰まりが気になるという方には「オイルクレンジング」がおすすめです。

皮脂は、油になじむ性質があります。

そのためオイルクレンジングをすると毛穴の汚れを浮き上がらせることができるのです。

週1、2回行うと、血行もよくなり頭皮環境を整えるのにも役立ちます。

オイルクレンジングの方法
  1. 植物油を用意し、両手になじませる
  2. シャンプー前の頭皮に行い、両手の指の腹をこめかみに当てて、円を描くように頭頂部に向かって植物油をなじませていく
  3. 頭頂部を両手で軽く押すようにマッサージする
  4. ヘアキャップや蒸しタオルを巻く
  5. 通常のシャンプーを行う
使用するオイル
  • 椿油
  • オリーブ油
  • セサミ油
  • ホホバ油など

※トラブルを避けるため、パッチテストをしてから使用しましょう。

腕の裏側に適量のオイルを塗り、24~48時間放置します。

その際、肌に異常が出た場合は使用を中止してください。

(まとめ)皮脂詰まりが気になります、対策にはノンシリコンがよい?

1. 軽さを求めるならノンシリコンですが、問題は油分の多さです

髪がベタつくのは、油分が多いからです。

シャンプーや生活習慣を見なおし、皮脂分泌のバランスを整えましょう。

また皮脂が多いと、髪質が重いイメージになりがちです。

もし軽い髪質を求めるなら、ノンシリコンシャンプーを使用するとよいでしょう。

2. シリコン配合シャンプーを避ける必要はありません

シリコン配合シャンプーであっても、シリコンの配合量は少なく、きちんと洗い流せば頭皮に残ることはありません。

またシリコンは髪をコーティングする保護効果があるため、髪が傷んでいるときに適したシャンプーです。

3. シャンプーを見なおし、不要な油分は落としましょう

髪のベタつきが気になる方は「サラサラタイプ」「スッキリタイプ」など油分の少ないシャンプーを選ぶことがおすすめです。

またコンディショナーやトリートメントなどのすすぎも念入りに行い、不要な油分を落とすように心がけましょう。

4. 皮脂詰まりには、オイルクレンジングがおすすめです

皮脂は油になじむ性質があるため、オイルクレンジングをすると毛穴の汚れを浮き上がらせることができます。

週1、2回行うと、血行もよくなり頭皮環境を整えるのにも役立ちます。

ただしトラブルを避けるためにパッチテストを必ず行いましょう。