どちらも、頭皮に優しいとは限りません


旬なシャンプーといえば「天然成分配合シャンプー」や「ノンシリコンシャンプー」です。

私たちは「天然」や「ノンシリコン」という言葉を聞くと、なんとなく頭皮に優しいイメージをもちます。

一方で人工的に作り出した「合成成分」に対しては、神経質になりがちです。

もちろん、これはシャンプーを売る側も意識しています。

シャンプーのパッケージやCMでは、「天然」「ノンシリコン」を前面にアピールし、よいイメージを作り上げている風潮があるのです。

そして私たちは、知らず知らずの間に「天然やノンシリコン=よい」「合成成分=悪い」と思い込んでしまうのです。

しかし合成成分は決して悪いものではありません。

たとえば髪の表面をコーティングし、保護する働きがあるシリコンという合成成分です。

シリコン入りのシャンプーは、洗髪中でも髪がきしまず、しっとりとした仕上がりになります。

たとえばシリコン入りのシャンプーを使用して、使い心地がよかった場合は「ノンシリコンシャンプー」を選ぶ必要がありません。

そもそも多くのシャンプーは、人の体に存在しない成分からできています。

天然成分のものでも、合成成分のものでも、シャンプーは人にとって異物です。

完全に無害だといえるシャンプーは、存在しないのです。

頭皮によいシャンプーを選ぶには、イメージに流されず自分の頭皮に合うかどうかで判断することが大切です。

天然成分は、たくさんの種類があります

一般的にいわれる「天然成分」とは、植物や動物など自然に存在する成分のことでしょう。

よくシャンプーで使用する天然成分といえば、精油(エッセンシャルオイル)です。

オレンジの果皮を押しつぶして抽出する「オレンジ油」、ティートリーの葉を水蒸気で熱して抽出する「ティートリー油」などがあります。

これらの精油は、フレッシュな香りが楽しめるため、シャンプーの香りづけとして活用されています。

そのほかにも、頭皮の保湿や髪の保護などの働きをする「植物エキス」と呼ばれる天然成分があります。

これは、植物をアルコールなどに浸けて、そこに溶け出したエキスをさらに抽出して作り出した成分です。

シャンプーにある天然成分
  • シソエキス(保湿)
  • カミツレエキス(保湿)
  • 馬油(保湿・保護)
  • 椿油(保湿・保護)
  • ローズ油(香りをつける)など

「天然成分=安全」では、ありません


天然成分が活躍する原型ともいえる、自然界にある植物を想像してください。

植物は天候や産地に影響を受けやすく、品質もバラつきやすいものです。

また植物にはさまざまな成分が含まれています。

たとえばローズの成分は300種類以上といわれ、すべてが解明できているわけではありません。

植物のなかには「毒性があるもの」「アレルギーを起こす可能性があるもの」も存在します。

つまり植物から得られた天然成分だからといって、100%安全ではないのです。

一方合成成分は内容がしっかりわかり、品質も均一です。

大量生産ができるため、比較的安い価格で、合成成分のシャンプーは購入できます。

どちらにせよ、天然成分のものでも、合成成分のものでも、シャンプーは人の体に存在しない多くの成分からできています。

体がシャンプーを異物と判断し、過剰反応すれば、かゆみやかぶれなど悪影響を及ぼす可能性があります。

イメージだけで、頭皮に優しいと思い込まないことです

「天然成分」「天然由来」「自然派」「ナチュラル系」などと謳うシャンプーをみると、ついつい手に取りたくなります。

頭皮を気にする方には、とくに魅力的な言葉でしょう。

しかし何をもってそう呼ぶのか、とくに決まりがありません。

実際にこれらの言葉を表記するための条件や基準がないのです。

「天然成分」をアピールするシャンプーでも、中には合成成分が配合されているケースもあります。

つまり各メーカーが独自のルールにもとづいて、「天然」や「自然」をアピールするパッケージ作りになっているのです。

私たちは、このような言葉を聞くと安心してしまいがちですが、成分表や使用感を確認しながら、自分の頭皮に合うシャンプーを選びましょう。

(まとめ)「天然成分」や「ノンシリコン」は、頭皮に優しいのですか?

1. どちらも、頭皮に優しいとは限りません

シャンプーを売る側のイメージ作りもあり、私たちは「天然」と謳うシャンプーを求める傾向があります。

しかし「天然成分配合」や「ノンシリコン」のシャンプーが、頭皮に優しいとは限りません。

自分の頭皮に合うかどうかが大切です。

2. 天然成分は、たくさんの種類があります

一般的にいわれる天然成分とは、植物や動物など自然に存在する成分のことでしょう。

シャンプーでは、「オレンジ油やティートリー油などの精油」「シソエキスなどの植物エキス」があり、さまざまな天然成分が活用されています。

3. 「天然成分=安全」では、ありません

天然成分は、品質にバラつきが出やすく、まれにアレルギー反応を起こすものもあり100%安全ではありません。

シャンプーは、人の体に存在しない多くの成分からできています。

完全に無害といえるシャンプーはないのです。

4. イメージだけで、頭皮に優しいと思い込まないことです

「天然成分」「自然派」「ナチュラル系」などとうたうシャンプーがありますが、なにをもってそう呼ぶのか、その基準は曖昧です。

イメージだけにとらわれず、成分表や使用感を確認しながら、自分の頭皮に合うシャンプーを選びましょう。