血行が悪いことで頭皮環境が悪化し皮脂の過剰分泌、あるいは乾燥が起きる可能性もあります


頭皮の血行が悪ければ、栄養分が不足するために頭皮環境が悪化する可能性もあります。

髪の毛も頭皮も健康的な状態を保つには栄養が必要です。

しかし、血液の中には栄養分が含まれているため、血行不良になれば栄養が頭皮に届きづらくなることが考えられます。

そうなると頭皮のターンオーバーが乱れ、頭皮環境の悪化へつながる可能性があるのです。

ターンオーバーが乱れた頭皮ですと、皮脂の過剰分泌や逆に乾燥することが考えられます。

頭皮環境が悪化すると皮脂が出やすくなります

頭皮の血行が悪いと、皮脂の過剰分泌や乾燥につながる可能性があります。

血液は体中に栄養分を届けていますが、もちろん頭皮にも毛細血管が伸びています。

こうして届く栄養分によって、健康な頭皮は維持できているのです。

しかし血行が悪ければ、十分な栄養が頭皮に届かないことになります。

そのため頭皮の環境が悪化するリスクが高まっていくのです。

たとえば具体的な症状でいうと、頭皮のターンオーバーにも悪影響が出て来ます。

ターンオーバーとは新陳代謝のことで、頭皮の場合、古い皮膚から新しい皮膚へ生まれ変わることをいうのです。

基本的に、ターンオーバーのリズムは一定を保っている状態がよいとされています。

しかし血行が悪いことがターンオーバーの乱れにつながるのです。

そのような頭皮では、過度な乾燥や皮脂の過剰分泌が生じるのも必然と言えるでしょう。

さらに頭皮環境を悪化させる原因が重なることで、ますます皮脂が出たり、乾燥が進んだりして、フケやかゆみや炎症だけではなく脱毛症が起きる可能性さえ高まるのです。

このような理由から頭皮の血行はスムーズであることが好ましいと言えるでしょう。

生活習慣やストレスに注意しましょう


頭皮の血行を悪くする原因は複数ありますからそれぞれへの対策を考える必要があります。

たとえば生活習慣のことを考える必要があるでしょう。

毎日同じような時間に睡眠や食事をしなければ、自律神経が乱れる可能性が高まります。

自律神経は体のあらゆる器官をコントロールしている神経であり、乱れることで体の調子が悪くなると言われています。

さらに、自律神経は血管の拡張や収縮の調整も担っていると考えられており、不規則な生活を続けることで自律神経が乱れ、頭皮への血行も悪化する可能性が考えられるのです。

自律神経の乱れを引き起こす原因としては、ほかにもストレスが挙げられるでしょう。

そもそも不規則な生活、たとえば睡眠不足もストレスが溜まることにつながります。

そのため、不規則な生活を改善するとともにストレスが溜まったら発散することを心がけましょう。

また、食生活にも注意が必要です。

糖分や脂質の多い食べ物やアルコールなどで暴飲暴食を繰り返せば、血液がドロドロになる危険性が高まります。

さらに皮脂腺を刺激するとも言われており、ますます頭皮環境の悪化につながる場合が考えられるでしょう。

頭皮に優しいシャンプーを使用するのもおすすめです

頭皮の血行を良くする対策を行うのと同時に、ケアも必要になって来ます。

皮脂の過剰分泌や乾燥、どちらも普段使っているシャンプーが原因の1つになっている可能性もあります。

そのためシャンプーの見直しを考えることが、対策の1つになりえるのです。

たとえば頭皮が乾燥している人の場合、皮脂を過剰に取り除く洗浄力の強いシャンプーを使用すると、ますます乾燥を助長する可能性があります。

また、その乾燥によって異常を感じた頭皮が、皮脂の過剰分泌を起こすケースもあります。

皮脂は頭皮環境を悪化させる原因の1つともなりますが、多すぎてもなさすぎてもトラブルにつながる可能性があるのです。

基本的に、頭皮の皮脂量はバランスが保っている状態がよいのです。

では、どんなシャンプーがよいのかというと、アミノ酸系界面活性剤が使用された育毛シャンプーなどがよいでしょう。

アミノ酸系は髪の毛と同じ成分ですから、頭皮に優しいと言われているのです。

また、適度に皮脂を残すことで頭皮環境を保つ助けとなります。

頭皮環境を保つにはスムーズな血行と皮脂量を一定に保つことが重要になるのです。

(まとめ)頭皮の血行が悪いと皮脂がたくさん出るの?

1.血行が悪いことで頭皮環境が悪化し皮脂の過剰分泌、あるいは乾燥が起きる可能性もあります

血行がスムーズでなければ、頭皮に必要な栄養分が届きづらくなります。

そうなると頭皮のターンオーバーにも影響が出るので、皮脂や乾燥が生じる可能性が高まるのです。

このことから、頭皮の血行と皮脂は関係が大きいと考えられます。

2.頭皮環境が悪化すると皮脂が出やすくなります

頭皮にも血液が流れており、栄養分を届けています。

しかし血行が悪くなると頭皮は栄養不足になるため、頭皮環境の悪化の可能性が高まるのです。

たとえばターンオーバーが乱れると皮脂の過剰分泌や乾燥につながります。

3.生活習慣やストレスに注意しましょう

対策としては生活習慣に注意をしてください。

不規則な生活などは自律神経の乱れにつながり、血行悪化のリスクが高まります。

また、ストレスや食生活にも気をつけましょう。

4.頭皮に優しいシャンプーを使用するのもおすすめです

使用しているシャンプー次第では、皮脂の過剰分泌や乾燥につながります。

アミノ酸系の界面活性剤が使用されたシャンプーは、頭皮に優しいと言われています。

血行とともにシャンプーに注意することで頭皮の皮脂対策が期待できるのです。