頭皮の血行が悪いと栄養不足となり、メラノサイトという細胞が働かないため白髪になると考えられています


髪の毛が白くなるのはメラニン色素が不足するためです。

そのメラニン色素を合成する細胞の働きが悪くなるために、白髪になると言われているのです。

このメラノサイトは毛根の下にあるのですが、栄養素がないと十分に働いてくれません。

栄養素は血液が運んでくれるため、血行が悪くなることで十分な栄養が届かないことにつながるのです。

そのため血行が悪いと白髪になると考えられます。

髪を作るメラノサイトの働きが悪くなり白髪につながります

頭皮の血行が悪いことは、白髪になる原因の1つとして考えられています。

髪の毛が白くなるのは、メラニン色素が不足することが理由の1つとして考えられています。

メラニン色素とは、髪の毛が黒くなるために必要な物質です。

ではどうしてメラニン色素が不足するのでしょうか。

それは、メラニンの合成に関わるメラノサイトという細胞の働きが悪くなっていることが理由として考えられています。

メラノサイトは毛根の下に位置していますが、血液から届く栄養で働いています。

しかし血行が悪くなると十分な栄養が届かないため、その働きが衰えることが考えられるのです。

また、メラニンを作るためにはチロシナーゼという酵素が必要とされています。

これもまた血行が悪くなっていれば、正常に働いてくれません。

このような複数の原因により、白髪になってしまうのです。

ただ、根本的な原因として頭皮の血行不良が考えられます。

しかしその頭皮の血行不良を引き起こす原因も複数考えられるのです。

頭皮の血行不良は白髪だけではなく、健康的な髪の毛を育てるという意味でも問題があります。

だからこそ対策をきちんと行う必要があるのです。

自律神経の乱れが血行不良につながります


白髪を予防し、健康的な髪の毛を作るためにも血行不良への対策を適切に行いましょう。

頭皮の血行不良を引き起こす主な原因も複数考えられています。

たとえば睡眠不足が1つの原因として挙げられるでしょう。

睡眠不足になると、頭皮を含め、体のダメージを回復させるための成長ホルモンが十分に分泌されない可能性があります。

また、睡眠不足は自律神経の乱れを引き起こす原因の1つと考えられているのも無視できません。

自律神経は血行を調整する働きを持っています。

そのため、睡眠不足から自律神経が乱れて血行不良につながり、頭皮が栄養不足となって白髪や頭皮環境が悪化すると考えられているのです。

また、自律神経を乱す原因の1つとして、ストレスも考えられます。

睡眠不足もストレスを溜める原因の1つになりますので、不規則な生活には十分気をつける必要があるでしょう。

ほかにも脂っこい食べ物、糖分がたくさん含まれている食べ物ばかり食べていると血液がドロドロになる可能性があります。

また、脂質や糖分が多い食べ物は皮脂の過剰分泌を引き起こすと考えられています。

皮脂の過剰分泌により頭皮環境が悪化すれば、フケやかゆみや炎症などにつながることも無視できないでしょう。

そのため食生活についても暴飲暴食をしないようにし、栄養バランスが取れた食事を心がけることも大切なのです。

規則正しい生活や栄養バランスが取れた食生活を心がけましょう

頭皮の血行を良くしたいなら、ストレスを発散し、規則正しい生活や栄養バランスが取れた食事を心がけることも重要ですが、ほかにも、頭皮マッサージなどが対策の1つになります。

他の原因への対策もきちんとやりながら頭皮マッサージをすることで、血行へのアプローチが期待できるのです。

頭皮マッサージは、仕事中でも家でリラックスしている状態でもできますが、おすすめは洗髪時です。

シャンプーをして頭皮や髪の毛を洗う時にマッサージをすることで、汚れも取り除くことができます。

それが白髪を引き起こす血行不良への対策も期待できるのです。

また、洗髪時に使用するシャンプーは、育毛シャンプーがよいでしょう。

頭皮トラブルは血行不良により、栄養が十分に届かないことが原因の1つとして考えられます。

育毛シャンプーの中には、大豆イソフラボンなど頭皮や髪の毛によい成分が含まれているものもあります。

そのため血行不良対策とともに育毛についても期待できるのでおすすめできるのです。

(まとめ)頭皮の血行が原因で白髪になるの?

1.頭皮の血行が悪いと栄養不足となり、メラノサイトという細胞が働かないため白髪になると考えられています

髪を黒くするためにはメラニン色素を合成するメラノサイトの働きが必要です。

しかしメラノサイトが働くためには栄養素が必要です。

血行が悪いとメラノサイトに栄養素が届きづらくなるので、白髪が生じると考えられています。

2.髪を作るメラノサイトの働きが悪くなり白髪につながります

頭皮の血行が悪いと、髪を黒くするメラニンを作るメラノサイトの働きが悪くなります。

これは血行不良により栄養が十分に届かないことが考えられるのです。

またチロシナーゼという酵素の働きも悪くなり、メラニンが作られないため白髪につながるのです。

3.自律神経の乱れが血行不良につながります

血行不良対策のために睡眠不足には注意しましょう。

またストレスなども自律神経の乱れにつながって、血行不良を生じさせます。

食生活も栄養バランスが取れた食事を心がけましょう。

4.規則正しい生活や栄養バランスが取れた食生活を心がけましょう

ストレスを発散して、規則正しい生活を心がけましょう。

また、食生活にも注意しながら、頭皮マッサージで血行にアプローチをするとよいです。

髪を洗う時に頭皮マッサージをするとよいでしょう。