悪い睡眠は自律神経の乱れにもつながるので頭皮の血行が悪化する可能性があります


睡眠不足などになると、自律神経の乱れにもつながる可能性があります。

自律神経は血管の調節も行っているので、乱れると血行が悪くなる場合があるのです。

また睡眠不足になるとストレスがかかることも無視できないでしょう。

このストレスも自律神経に悪影響を与える原因の1つになるのです。

血行が悪くなると、頭皮や髪の毛を健康な状態に保つだけの栄養素が届きづらくなります。

そのため睡眠不足が血行を悪くして、頭皮環境の悪化を招くことが考えられるのです。

睡眠不足になると血行不良につながります

睡眠は健康な頭皮の環境を保つためにも重要です。

まず睡眠不足になることで、頭皮の細胞や毛母細胞に悪影響を与えると考えられているからです。

健康的な髪の毛を生やすためには、毛乳頭や毛母細胞の細胞分裂が活性化しなければならないと言われています。

そのためには頭皮のスムーズな血流が重要です。

血液の中には発毛に関係する栄養素が含まれているからです。

しかし、血流が悪くなればその栄養素が十分に届かない可能性が出て来ます。

血流が悪くなる原因は複数あるのですが、その1つに睡眠不足が挙げられます。

睡眠不足になると自律神経の乱れにつながると言われており、自律神経は血管の調整にも大きく関係しているのです。

睡眠以外の原因としては、ストレスや、冷え、喫煙、栄養不良なども挙げられます。

しかし睡眠不足が他の原因につながるということも考えられるのです。

たとえば睡眠不足でストレスが溜まるということは珍しくありません。

そのため睡眠不足から自律神経が乱れることで、結果的に血行不良へつながり、頭皮にも悪影響が出るというわけです。

頭皮の血行をいつもスムーズにしたいなら、睡眠不足についても考えましょう。

睡眠については、基本的に早寝早起きを心がけることです。

また、質のよい睡眠をすることが大切でしょう。

質のよい睡眠のために環境を整えましょう


良質な睡眠をとるためには、まず眠るときの環境をよりよいものにしましょう。

とくに注意したいのは、眠る前にパソコンやテレビ、スマホを操作したりすることです。

何が悪いのかというと、パソコンやスマホ、テレビから出ている強い光が睡眠を阻害すると考えられているからです。

人間の体は太陽が上がって光があると活動し、沈むと眠るというリズムが自然と備わっています。

しかし睡眠直前に明るい光を浴びると脳が覚醒状態になってしまうため、スムーズな眠りが阻害されるリスクが高まります。

その結果、眠れたとしても質の悪い睡眠や、睡眠不足につながるので頭皮の血行にも悪影響が出ることが考えられるのです。

もちろん眠りを邪魔する睡眠環境の悪さはほかにもあります。

たとえば、騒音、室内の温度、寝具の快適さも関係するのは無視できません。

また、眠る前に激しい運動をするのも良くないのです。

頭皮の血行を考えるなら、まずは快適な睡眠ができる環境を作って対策をしましょう。

睡眠の前はリラックスできる状況を意識的に作ることが大切です。

しっかりとした入浴で体を温め頭も清潔にしておきましょう

頭皮の血行を良くするために質のよい睡眠をするなら、入浴も考える必要があります。

お湯の温度は38~40度ぐらいのぬるめのものがおすすめで、湯船に10~20分程度つかることで、体の奥底まで温まることができるでしょう。

これは睡眠の質を上げるだけではなく、頭皮の血流についてもよい影響が期待できます。

また、お風呂に入る際にはきちんと髪の毛を洗うことも大切です。

どんなに睡眠環境をよくして、よい眠りになっても頭皮が汚れていては意味がありません。

不衛生な状態だと皮脂の過剰分泌や常在菌の増加につながり、頭皮環境の悪化を招く可能性もあります。

さらに、髪を洗う際は頭皮に優しいアミノ酸系シャンプーを使用するのがよいでしょう。

市販の汚れを取りすぎるシャンプーだと、必要な皮脂まで洗い流してしまうためです。

必要な皮脂まで洗い流すと、皮膚バリアが消えるので頭皮への負担が大きくなります。

そうなるとちょっとした刺激でも頭皮環境が悪化することにつながるのです。

とくに注意したいのは、頭皮の乾燥が激しい人や、すでに頭皮環境が悪化している人です。

このようにシャンプーで頭皮を綺麗にしてから質のよい睡眠を取り、血行を良くして育毛を目指しましょう。

(まとめ)睡眠は頭皮の血行に影響があるの?

1.悪い睡眠は自律神経の乱れにもつながるので頭皮の血行が悪化する可能性もがあります

睡眠不足になると自律神経へ悪影響を与える可能性があります。

自律神経は血管の拡張や収縮に関係しています。

そのため睡眠不足で自律神経が乱れると、血行の悪化につながるのです。

2.睡眠不足になると血行不良につながります

健康的な血行でなければ、髪の毛を作る毛母細胞にまで栄養が届きづらくなります。

また睡眠不足により自律神経の乱れにもつながると言われているのです。

自律神経は血管の調整にも関わるので注意しましょう。

3.質のよい睡眠のためによい環境を整えましょう

頭皮の血行を良くするには、質のよい睡眠が大切です。

たとえば眠る前にスマホなどを見ていると、明かりで興奮状態になり覚醒すると言われています。

また、騒音や温度も関係するので快適な睡眠環境作りを意識しましょう。

4.しっかりとした入浴で体を温め頭も清潔にしておきましょう

睡眠前の入浴も大切な対策となります。

また、髪の毛や頭皮も清潔にする必要があります。

アミノ酸系シャンプーなどで髪を洗い、質のよい睡眠をすることで健康的な頭皮環境を守れるのです。