寝方が悪いと血行が悪くなり頭皮環境が悪化します


寝方が悪い場合、姿勢が悪いことにもつながります。

横向きばかりに寝ていると、片側の頭ばかりに負担がかかっても不思議ではありません。

その負担が毎日続けば、筋肉が緊張して頭皮が固くなることにつながります。

さらに、そのまま悪い寝方を続けてしまうと頭皮が圧迫されることにつながるのです。

そうなると血流が悪くなるため、頭皮にも十分な栄養が届かず、頭皮環境の悪化につながることが考えられます。

寝方が悪いと偏った負担がかかります

寝方が間違っていると、頭皮環境が悪くなり下手をすると薄毛につながる可能性があります。

寝方は人それぞれで、仰向けやうつぶせ、横向きなど好みの問題は否定できません。

しかしあまりに寝方が悪いと、通常とは違って姿勢が悪くなるため筋肉の緊張につながると考えられているのです。

たとえば同じ方向へ横向きに寝ていると、片側だけに負担がかかることにつながります。

その負担が筋肉の緊張を引き起こすため、頭皮が通常より硬くなると考えられているのです。

また、同じ姿勢で眠り続けることで、いつも同じ箇所が圧迫されることになります。

頭皮が圧迫され続けると、血行にも悪影響が出てしまいます。

健康的な髪の毛が育つためには良好な血流が不可欠です。

なぜなら、血液の中で髪の毛を育てる栄養素が運ばれるため、血流が悪くなれば、栄養素が十分に届かなくなるからです。

このような状態になれば、頭皮自体も健康な状態を維持するのが難しくなります。

つまり、頭皮の血行が悪化することによって、頭皮環境が悪化し、抜け毛につながると考えられているのです。

睡眠の質にも関係して頭皮環境の悪化にもつながります


寝方が悪いと質の悪い睡眠につながり、それが頭皮環境の悪化になるなら対策を考えなければなりません。

睡眠中は成長ホルモンという細胞などを修復するホルモンが分泌されます。

頭皮のダメージも、この成長ホルモンがあるからこそ回復するのです。

しかし寝方だけではなく、夜更かしをして睡眠不足になると十分に成長ホルモンが分泌されないと考えられているのです。

この成長ホルモンは、午後22時から午前2時の間に活発化すると言われています。

そのような理由から、早寝早起きをすることは頭皮環境にもよい影響を与えると言われているのです。

しかし、現実的には大人になるとどうしても夜更かしをするものです。

仕事環境、たとえば交代制勤務では、どうしても深夜も起きていなければならない状況もあるでしょう。

そのような状況でも質のよい睡眠をするためには、ノンレム睡眠が重要という話もあります。

第一周期のノンレム睡眠に入っている時、成長ホルモンが70~80%分泌されると考えられているからです。

これは黄金の90分とも呼ばれています。

頭皮の血行を良くして健康的な環境を作るためには、質のよい睡眠を行う必要があるのです。

仰向けと眠りのための環境づくりがポイントです

頭皮の血行についてスムーズな状態を維持するには、睡眠の質も含めた寝方を意識しましょう。

頭皮環境によいとされている基本的な寝方は仰向けです。

加えて、寝返りをあまりしないことが重要とも言えますが、睡眠中の自分の寝相までコントロールするというのは難しいでしょう。

ただ、寝返りを少なくするという観点で見ると、対策を行うことはできます。

たとえば寝返りが多く起こる理由の1つに、眠りが浅いことが挙げられます。

寝返りを少なくするためには、質のよい深い睡眠を意識する必要があるでしょう。

それは結果的に、頭皮の血行を健康な状態に保つことにつながるからです。

では質のよい睡眠のためにはどうすればよいのかというと、眠る環境を整えることが重要になります。

たとえば枕を不衛生にしていると睡眠環境がよいとは言えません。

また、枕で雑菌が繁殖してしまい、頭皮にも悪影響を与えると言われています。

たとえば髪の毛を洗った後、きちんと乾かさずに頭を乗せれば枕は濡れてしまいます。

照明についても注意しましょう。

眠る前にスマホの光を浴びたり、電気を点けたまま眠ったりすると興奮して体が眠る状態になりません。

日常的になんとなく行っているちょっとしたことが睡眠を阻害するので注意しましょう。

適切な寝方を意識することで、結果的に薄毛や抜け毛につながるリスクを回避することが期待できるからです。

(まとめ)寝方は頭皮の血行に関係があるって本当?

1.寝方が悪いと血行が悪くなり頭皮環境が悪化します

寝方が悪いと、頭のある部分にだけ負担が過度にかかることにつながります。

また、同じ部位を圧迫することで血行にも悪影響が出るのです。

そのため頭皮の血行が悪くなると考えられます。

2.寝方が悪いと偏った負担がかかります

寝方が悪くなると姿勢が悪い状態で眠ることになります。

たとえば横向きになると、片側に負担がかかることにつながるのです。

そのことで筋肉の緊張や圧迫が生じて血行不良につながることが考えられます。

3.睡眠の質にも関係して頭皮環境の悪化にもつながります

寝方が悪いと睡眠の質にも関係して来ます。

また、寝方が悪く睡眠不足になれば、成長ホルモンの分泌が不足するため、頭皮環境に良くありません。

ただ、夜更かしの場合、睡眠の質を高めることでカバーできると言われています。

4.仰向けと眠りのための環境づくりがポイントです

頭皮環境によい寝方としては、仰向けがよいでしょう。

また寝返りがあまり起きないよう、浅い眠りではなく深い眠りにすることが重要です。

そのため寝具の衛生面にも注意しましょう。