ノンシリコンシャンプーとアミノ酸系界面活性剤を組み合わせることで加齢臭への効果が期待できます


頭皮の加齢臭は、皮脂が原因の一つと考えられており、皮脂が酸化や分解されることで、ノネナールという物質が作られることで独特の臭いを発生させることがあるのです。

そのため頭皮の加齢臭に対しては、皮脂への対策が必要になります。

皮脂の過剰分泌を起こす原因の一つは、シャンプーです。

石油系合成界面活性剤のような洗浄力の強いシャンプーは皮脂を取り除けますが、皮脂を取り除きすぎることも頭皮環境の悪化につながる場合があります。

そのためノンシリコンで、アミノ酸系界面活性剤が使用された頭皮に優しいシャンプーにより対策が期待できるのです。

頭皮の皮脂が加齢臭を生み出している場合があります

加齢臭の原因の一つに頭皮の皮脂と言われることがあります。

頭皮には多くの皮脂腺があり、そこから皮脂が分泌されています。

その皮脂には脂肪酸が含まれているのですが、酸化や分解が行われると今度は、ノネナールという物質が作られるのです。

加齢臭と呼ばれる独特の臭いは、そのノネナールが原因と考えられています。

このノネナールは年齢が高くなると増加するという特徴もあります。

とくに皮脂の過剰分泌が生じているような人は注意が必要でしょう。

ただ皮脂の過剰分泌を起こす原因の一つとして、シャンプーが関係している場合もあります。

たとえば石油系合成界面活性剤が使用されているシャンプーは、洗浄力が強いため、皮脂がたくさん出ている人にとってはちょうどよい場合もあります。

しかし頭皮が乾燥しやすい人は、必要な皮脂まで取り除かれるリスクがあるのです。

また乾燥すると頭皮が皮脂の過剰分泌を起こすという話もあるのです。

そのため頭皮の臭いが気になる、べたつく、ふけが多くなったと感じても、1日に洗浄力の強い合成界面活性剤が含まれたシャンプーを何度も使うのは注意しましょう。

またシャンプー以外の原因として、栄養バランスが悪い食生活、不規則な生活やストレスも皮脂の分泌が乱れることもあるのでこれもまた注意が必要です。

シャンプーを見直すことも大切です


頭皮の加齢臭対策をしたいなら、まずは使用しているシャンプーに注目してみましょう。

頭皮への刺激が強すぎることがないシャンプーではないか見極めが必要です。

刺激を徹底的に排除したいなら、ノンシリコンで、かつアミノ酸系界面活性剤を使用しているものがおすすめです。

シリコンが含まれているシャンプーにも、髪をコーティングすることでツヤやサラサラ感を生み出すというメリットがありますが、天然の髪の毛の状態にしたいという人にとっては、ノンシリコンシャンプーの方がよいと言えます。

またアミノ酸系シャンプーは、石油系合成界面活性剤のような強い刺激や、過剰な洗浄力がないため、適度に皮脂を洗い流し、必要以上除去しないという働きが期待できます。

皮脂は皮膚を守るバリアの役割も担っているので、健康な頭皮状態を作るには、ある程度皮脂を残した方がよいとされています。

そのためアミノ酸系シャンプーを利用することで、皮脂の分泌量が安定し、加齢臭に対する効果が期待できるのです。

髪の洗い方にも気をつけましょう

頭皮の加齢臭対策として効果が期待できる方法の一つに、髪の洗い方があります。

いい加減な髪の洗い方をしていると、頭皮環境がますます悪化する可能性があるので注意しましょう。

まず止めた方がよいのは、指を立てて洗うことです。

爪により頭皮が傷つくと、そこからシャンプーなどの成分が入って、炎症などが生じる可能性があるので気をつけましょう。

またアミノ酸系シャンプーでノンシリコンのものを使って髪を洗い始める前に、ブラッシングなどで準備をするとよいです。

髪を洗う前にブラッシングをすることで、絡んだ髪の毛をほどくことができます。

そうするとシャンプーなどの成分が絡んで洗いやすくなります。

髪を洗う時、優しくマッサージをするように洗うことで頭皮の血流にもよい影響を与えることができるでしょう。

同時に注意したいのはシャンプーやトリートメントをするにしても、成分が残らないようきちんとすすぐことです。

ノンシリコンでも、アミノ酸系シャンプーでも、頭皮に残っていることで悪影響が出る可能性があります。

きちんとすすげばそのリスクを回避することができるでしょう。

皮脂による加齢臭に対しては、洗い方からすすぎまで適切に行うことで対策の効果が期待できます。

(まとめ)頭皮の加齢臭にノンシリコンは効果が期待できるの?

1.ノンシリコンシャンプーとアミノ酸系界面活性剤を組み合わせることで加齢臭への効果が期待できます

ノンシリコンとアミノ酸系界面活性剤のシャンプーは頭皮に優しく、皮脂を必要以上に取り除きません。

頭皮の加齢臭を引き起こす原因一つは皮脂のため、過剰な洗髪をしないシャンプーは健康な頭皮を維持し、皮脂の過剰分泌対策になるのです。

2.頭皮の皮脂が加齢臭を生み出している場合があります

皮脂が酸化・分解されるとノネナールという物質が生まれ、これが加齢臭の原因になるとされています。

また頭皮に適していないシャンプーが、皮脂の過剰分泌を起こす原因になることもあるため、加齢臭対策を考えるならシャンプーに注意するのもよいでしょう。

3.シャンプーを見直すことも大切です

頭皮の加齢臭対策として、刺激が強いシャンプーでないかどうかチェックしてみましょう。

徹底的に刺激を排除するなら、ノンシリコンと、アミノ酸系界面活性剤が使用されたものがよいです。

皮脂を取り除きすぎず、頭皮環境の安定を助けてくれます。

4.髪の洗い方にも気をつけましょう

シャンプーに注意しても、髪の毛の洗い方が間違っていれば、皮脂の過剰分泌を引き起こします。

乱暴に洗わず、頭皮に成分が残らないようしっかりとすすぎをすることが大切です。

洗髪まで注意することで、より効果的な頭皮の加齢臭対策につながるでしょう。

頭髪外来の医師が監修の元で開発された頭皮ケアシャンプー
女性用スカルプDで女性の薄毛を予防改善!