ノンシリコンが採用されたシャンプーは悪い成分を排除したものが多いです


安価なシャンプーの場合、頭皮への刺激が強い成分が含まれていることも多いです。

一方ノンシリコンシャンプーはシリコンが含まれておらず、アレルギーの心配もありません。

また安価なシャンプーは、洗浄力が強い界面活性剤が使用されていることが多く、頭皮環境によっては悪い成分となります。

ノンシリコンが採用されている育毛シャンプーは、アミノ酸系界面活性剤や、天然成分など、優しい成分で作られています。

そのため悪い成分を徹底的に排除したいなら、ノンシリコンの育毛シャンプーを選ぶのもよいでしょう。

安価なシャンプーには悪い成分が多い場合もあります

安価なシャンプーの場合、頭皮への刺激が強い成分が含まれていることも多いです。

頭皮が強い人の場合は問題ないというケースもありますが、頭皮の状況が悪化し、フケやかゆみ、発疹が生じている場合は、汚れを落とす成分の石油系界面活性剤が原因となっている場合もあるのです。

またシャンプーによく含まれている成分として、シリコンもあります。

シリコンという成分自体は、頭皮に悪いものではありません。

ただシリコンが使われていて、かつ安価なシャンプーの多くは、洗浄力と刺激が強い石油系界面活性剤が含まれていることも珍しくありません。

さらにシリコンへのアレルギーがある場合もあり、そういった方の場合は避けた方がよい成分とも言えます。

ただノンシリコンといっても、シリコンに似ている成分が含まれているシャンプーもあるので注意は必要と言えます。

基本的に、シャンプーで使われている成分は頭皮環境によってその影響力が大きく変わります。

悪い成分にしないためにも、使用するシャンプーの成分などには十分注意しましょう。

石油系合成界面活性剤以外にも注意したい成分があります


ノンシリコンシャンプーやトリートメントでも、石油系合成界面活性剤以外に注意したい成分があります。

ノンシリコンと言いながらシリコンではなく代わりになるような成分が含まれていることもあるからです。

よく見られるのが、ジステアリルジモニウムクロリドと呼ばれる成分です。

たとえばジステアリルジモニウムクロリドは、リンスで使われているカオチン界面活性剤となります。

ノンシリコンと謳っていても、他に頭皮に悪い成分が含まれていれば、結果的に頭皮環境の悪化につながる可能性は高くなるのです。

しかし界面活性剤がなければ汚れを落とすのは難しくなります。

頭皮によい成分が含まれているもので、かつしっかりと汚れを落とすために界面活性剤が含まれていることを考えるなら、アミノ酸系界面活性剤が使われたシャンプーなどを考えるとよいでしょう。

アミノ酸系界面活性剤の魅力は、適度な洗浄力ではありますがある程度、必要な皮脂や常在菌まで洗い流さないことが挙げられます。

そのため頭皮に強い刺激を与えたくないという人は、ノンシリコンかどうかとともに、界面活性剤がアミノ酸系かどうかもチェックするとよいでしょう。

アミノ酸系や大豆イソフラボンが含まれたノンシリコンシャンプーがよいです

頭皮環境によっては悪い成分になる界面活性剤は、石油系合成界面活性剤が使われたシャンプーだけではありません。

たとえば石鹸系シャンプーというのもあります。

石鹸系シャンプーもアミノ酸系とともに刺激の弱い成分が使われていることが多いです。

しかし頭皮が乾燥しやすい人にとっては、やはり石鹸系シャンプーの強い洗浄力によって必要な皮脂まで洗い流してしまう可能性も否定できません。

また髪のきしみ感が強くなる可能性も考えられます。

石鹸系のシャンプーの中にも、ノンシリコンのものがあるのですが、頭皮環境によっては注意した方がよいでしょう。

逆に頭皮に優しい成分として、アミノ酸系だけではなく、女性ホルモンに似た働きを持った大豆イソフラボンが含まれたものがあります。

頭皮に悪い成分を避け、よい成分にこだわるなら、アミノ酸系の界面活性剤、ノンシリコン、大豆イソフラボンが含まれたシャンプーやトリートメントがよいでしょう。

頭皮はちょっとしたことでダメージを受けてしまいます。

皮脂や常在菌は増えても減ってもだめですが、少しのダメージでそのバランスが崩れることが多いです。

原因の一つに、シャンプーやトリートメントやリンスなどのヘアケア製品が考えられるので注意しましょう。

(まとめ)ノンシリコンシャンプーには悪い成分が入っていない?

1.ノンシリコンが採用されたシャンプーは悪い成分を排除したものが多いです

ノンシリコンの育毛シャンプーは、アミノ酸系界面活性剤などが使われているため、頭皮に優しいです。

またシリコンによるアレルギーの心配もありませんから、悪い成分を避けたいのであればノンシリコンの育毛シャンプーがおすすめと言えるでしょう。

2.安価なシャンプーには悪い成分が多い場合もあります

安価なシャンプーの場合、頭皮への刺激が強い成分を含んでいる場合があり、これがフケやかゆみ、発疹などの原因になる場合もあります。

またシリコン自体が悪いものではないのですが、アレルギー反応が出てしまう場合もあるため、注意が必要でしょう。

3.石油系合成界面活性剤以外にも注意したい成分があります

ノンシリコンのものでも、シリコンの代わりになる成分が含まれていることもあるので注意しましょう。

たとえばカオチン界面活性剤などが挙げられます。

ノンシリコンでアミノ酸系界面活性剤が使われているものは頭皮に優しい成分と言えるでしょう。

4.アミノ酸系や大豆イソフラボンが含まれたノンシリコンシャンプーがよいです

頭皮が乾燥しやすい人にとっては、石鹸系シャンプーも洗浄力が強いものになります。

頭皮によい成分を考えるのであれば、大豆イソフラボンなどに注目するのもよいでしょう。

ノンシリコン、アミノ酸系界面活性剤、大豆イソフラボンなどがよいです。

頭髪外来の医師が監修の元で開発された頭皮ケアシャンプー
女性用スカルプDで女性の薄毛を予防改善!