ノンシリコンが髪のハリコシに対し効果が期待できるのは頭皮に優しいからです


髪の毛のハリやコシは頭皮環境も大きく関係します。

そのため頭皮環境の健康を維持、改善するという観点からも考えなければならないのです。

ノンシリコンとアミノ酸系界面活性剤が使われたシャンプーには、頭皮の健康維持を助ける成分が入っています。

そのためノンシリコンの育毛シャンプーなどを利用することは、結果的に髪の毛のハリコシ対策につながると言えるでしょう。

髪の毛のハリコシが減ったのは頭皮環境の悪化が関係します

髪の毛のハリコシがなくなっているのは、加齢や頭皮環境が悪化している可能性があります。

頭皮環境の悪化を考えた場合、女性ホルモンの不足も原因の一つと言われているのです。

女性の場合、年を重ねると徐々に女性ホルモンの分泌量が減少します。

女性ホルモンは髪の毛の成長に大きく関与しているため、分泌量が減れば弱々しくなるのもしかたありません。

ただまだ、女性ホルモンが急激に減少するような年齢ではないのに、ハリコシがなくなっている場合なら、頭皮環境の悪化に注意した方がよいでしょう。

ハリコシがある健康的な髪の毛にするには、生えてくる土壌が重要です。

しかしその土壌が皮脂だらけであったり、乾燥しすぎていたりしたらどうでしょうか。

ターンオーバーも乱れ、フケが増えかゆみも生じているほか、血流も悪くなってしまっていれば、髪の毛にも栄養が不足してハリコシがない状態になる可能性は高いです。

このような状態をもたらす根本原因はストレスや不規則な生活、さらに食生活なども考えられます。

またこういった生活習慣に加えて、使用しているシャンプーが合っていない場合もあるのです。

アミノ酸系とノンシリコンのシャンプーで対策しましょう


髪の毛のハリコシに対し対策を考えるなら、シャンプーにこだわりましょう。

頭皮環境を考えたシャンプー選びとして、シリコンか、ノンシリコン、そして界面活性剤も大切なポイントです。

シリコンは髪の毛をコーティングし、ダメージから守るというメリットがあります。

ただシリコンが使われている安価なシリコンシャンプーでは、刺激の強い界面活性剤が使用されていることも多いです。

石油系合成界面活性剤は洗浄力が強い分、必要な皮脂まで洗い流します。

結果として皮脂不足になる、逆に皮脂の過剰分泌を招き、頭皮環境の悪化につながるとも言われているのです。

さらに皮脂はバリア機能としての働きがあることも無視できないでしょう。

石油系界面活性剤は洗浄力の高さはメリットですが、皮脂が少なく乾燥しやすい頭皮の人の場合は合わない可能性が多いのです。

そのため健康的な頭皮環境を作り、ハリコシのある髪の毛にしたいならアミノ酸系界面活性剤が使われて、かつノンシリコンのシャンプーを検討してみてもよいでしょう。

ただノンシリコンだけで、頭皮に優しいシャンプーと早とちりするのは気をつけましょう。

ノンシリコンでも石油系界面活性剤が使われているシャンプーもあるからです。

大豆イソフラボンが含まれたシャンプーも効果が期待できます

ノンシリコンとアミノ酸系界面活性剤を基本にして、髪の毛のハリコシ対策をしましょう。

ただ女性ホルモンが不足したことで、頭皮環境の悪化に効果が期待できる成分は他にもあります。

代表的なのが、大豆イソフラボンが含まれているシャンプーです。

大豆イソフラボンは女性ホルモンに似た働きを持っていると考えられています。

そのため加齢で分泌量が減った女性ホルモンをフォローしてくれるため、髪の毛の成長によい影響が期待できるのです。

またこの大豆イソフラボンは育毛シャンプーなどでよく見られます。

つまり髪の毛のハリやコシを考えて対策をするなら、ノンシリコン、アミノ酸系界面活性剤、そしてできれば大豆イソフラボンなど、頭皮にも髪の毛にもよい影響があるシャンプーを使った方がよいでしょう。

また、ノンシリコンはボリュームが少なくなり、髪の毛がぺしゃっとなっているのをふわりとさせる効果が期待できます。

シリコンの重さにより髪の毛がぺしゃっとなるような人は、ボリュームを出せるノンシリコンシャンプーに注目したいところです。

しかし髪の毛のハリコシ、頭皮環境も含めて対策を考えるなら、シャンプー以外の原因にも注意してください。

ストレス対策や、規則正しい生活、さらに栄養バランスが整っている食生活など、総合的なケアをすることで、より効果的な対策が期待できます。

(まとめ)ノンシリコンは髪のハリコシに効果が期待できる?

1.ノンシリコンが髪のハリコシに対し効果が期待できるのは頭皮に優しいからです

髪の毛のハリコシについて健康維持を考えるなら、頭皮環境がよくなければなりません。

ノンシリコンとアミノ酸系界面活性剤が使われたシャンプーは、頭皮によい成分が含まれているものが多いので、髪の毛のハリコシに対しても効果が期待できるのです。

2.髪の毛のハリコシが減ったのは頭皮環境の悪化が関係します

髪の毛のハリやコシと頭皮環境の悪化は大きく関係しています。

頭皮環境が悪くなる原因は複数あり、女性ホルモンの減少、ストレス、食生活、不規則な生活などが挙げられます。

その中に頭皮と合っていないシャンプーも考えられるのです。

3.アミノ酸系とノンシリコンのシャンプーで対策しましょう

頭皮環境を考えたシャンプー選びの際には、シリコン、ノンシリコン、界面活性剤がポイントになります。

とくに石油系合成界面活性剤については、皮脂が減りすぎて乾燥を招く場合もあります。

ノンシリコンシャンプーでも使われることもあるので注意しましょう。

4.大豆イソフラボンが含まれたシャンプーも効果が期待できます

髪の毛にハリやコシを取り戻すには、ノンシリコンやアミノ酸系界面活性剤が使われたシャンプーがよいです。

ただそれ以外にも、女性ホルモンに似た働きをもつといわれる、大豆イソフラボンなどが含まれているとより頭皮の健康維持に役立ちます。

頭髪外来の医師が監修の元で開発された頭皮ケアシャンプー
女性用スカルプDで女性の薄毛を予防改善!