ノンシリコンシャンプーはなぜ高いのかは頭皮の健康成分が多く含まれるからです


ノンシリコンシャンプーの値段が高い理由は、頭皮や頭髪の健康について徹底的に研究して作られているからです。

一般的に販売されている安価なシャンプーよりも、頭皮に優しい成分が使われています。

たとえば天然成分が多く使用されており、人工的に安く作れるものとは異なるのです。

これは、ノンシリコンだからというよりも、ノンシリコンシャンプーは育毛シャンプーが多いために高いと言ってもよいでしょう。

頭皮や髪の毛に優しいことを重点的に考えた成分が含まれているからです

ノンシリコンのシャンプーはどうして高いのか疑問に感じる人もいるでしょう。

これは、一般的に販売されている安価なシャンプーと比較をすると、どうしてもでてくる疑問です。

しかしノンシリコンと謳っているシャンプーの多くは、頭皮や頭髪のことを科学的に考えた製品が多いという点を忘れてはいけません。

一般的に販売されているシャンプーの多くは、洗浄力が強く、汚れを落とすという意味ではよい面もあります。

洗浄力が強い理由として、人工的に作った石油系界面活性剤が挙げられます。

汚れを多く取り除くということは、頭皮への刺激も強いものが多いと言えます。

また原材料に関してもコストを抑えたものが選ばれていることが多いです。

一方ノンシリコンが選ばれているシャンプーやトリートメントの場合、育毛の観点から考えて作られたものが少なくありません。

そのため頭皮へ悪影響を及ぼす成分が使われず、代わりに天然成分が多く使われています。

このことから、ノンシリコンだから高いということではなく、ノンシリコンシャンプーに使用される成分が高いと言えるのです。

つまり育毛のために頭皮や頭髪の健康維持を重点に成分まで考えられて作られていることが、値段に反映されているのです。

ノンシリコンだから高いという訳ではありません


ノンシリコンシャンプーは、シリコンが使われていません。

一方シリコンシャンプーはシリコンが含まれており、コーティング力があるので、手触りはよくなります。

そのためつややかな髪の毛を作ることや、ダメージ対策を考えるのであれば十分なメリットになると言えるでしょう。

しかしノンシリコンシャンプーはコーティングされず天然の髪の毛になるため、サラサラとした髪の仕上がりを期待できます。

このようにシリコンとノンシリコンは、髪の毛や頭皮の状態に合わせて選ぶようにしましょう。

また値段について考えると、界面活性剤などの成分が異なるところがポイントです。

界面活性剤と一言で言っても、石油系合成界面活性剤とアミノ酸系界面活性剤などさまざまなものがあります。

アミノ酸系界面活性剤が使用されているシャンプーやトリートメントは、頭皮や毛髪に優しいタイプのものが多いです。

優しいということは、刺激が強くないとも言えます。

また安価なものより洗浄力が強力ではありません。

しかし洗浄力が強すぎることで、必要以上の皮脂を除去すると起きるトラブルもあるのです。

必要以上に皮脂を取り除くことが、頭皮環境の悪化を招く大きな原因の一つとも言われています。

ノンシリコンとアミノ酸系シャンプーは、育毛の観点から考えて作られているために、値段が高くなると言えるのです。

界面活性剤についてもチェックしてみましょう

ノンシリコンシャンプーやトリートメントを選ぶ際、パッケージに記載されていることだけで、髪の毛や頭皮によいと勘違いしないようにしましょう。

ノンシリコンでも安価なものがありますが、そのようなシャンプーの成分を見ると、ノンシリコンではあっても、頭皮環境の悪化につながる添加物が含まれていることも多いです。

また、石油系界面活性剤が使用されているため、皮脂が少なく乾燥しやすい人や、すでにトラブルが生じている人にとっては注意が必要でしょう。

人工物が含まれているシャンプーは、成分からコストも抑えられる部分もあります。

育毛という観点から考えれば、とくにチェックしておきたいのは、ノンシリコン以上にアミノ酸系界面活性剤が使用されているかどうかでしょう。

しかしシリコンが使われているからとにかく悪いわけでもなく、髪の毛のダメージを抑えたいという人にとってはよい場合もあります。

シリコンかノンシリコンかではなく、界面活性剤に注目してシャンプーを選ぶのもよいでしょう。

(まとめ)ノンシリコンシャンプーはなぜ高いの?

1.ノンシリコンシャンプーはなぜ高いのかは頭皮の健康成分が多く含まれるからです

ノンシリコンが採用されているシャンプーの多くは、頭皮や頭髪環境の健康について徹底的に考えて作られています。

そのため天然成分が使われており、人工的に作られた成分よりコストがかかります。

だから値段が高くなる傾向にあるのです。

2.頭皮や髪の毛に優しいことを重点的に考えた成分が含まれているからです

安価なシャンプーは洗浄力の強い成分が使われている場合が多く、頭皮の刺激が強くなってしまいます。

しかし育毛の観点から作られたシャンプーなどは、頭皮の健康維持にまで成分が考えられているのです。

3.ノンシリコンだから高いという訳ではありません

シリコン自体は悪いものでもなく、コーティング力があるので、毛髪へのダメージを予防する助けとなります。

一方ノンシリコンは、天然の髪の毛にこだわる人に向いていると言えるでしょう。

また値段については界面活性剤の違いでも変わってきます。

4.界面活性剤についてもチェックしてみましょう

アミノ酸系界面活性剤についても、一般的なシャンプーに多い石油系界面活性剤よりもコストがかかります。

しかしそのような天然成分やアミノ酸系界面活剤などは、頭皮の健康を維持するためにもチェックしたい成分です。

頭髪外来の医師が監修の元で開発された頭皮ケアシャンプー
女性用スカルプDで女性の薄毛を予防改善!