ノンシリコンとアミノ酸系シャンプーは髪の毛のケラチンと相性が良いです


髪の毛の成分の多くはケラチンというたんぱく質によって作られています。

ノンシリコンが採用された育毛シャンプーの場合、頭皮に優しいアミノ酸系界面活性剤が使われていることが多いです。

また、アミノ酸というのは、ケラチンの材料になりますから、相性が良いと言えるでしょう。

そのためノンシリコンとアミノ酸系界面活性剤が使われた育毛シャンプーは、髪の毛にも頭皮にも良いと言えます。

髪の毛を構成する多くの成分にケラチンがあります

ケラチンとは、髪の毛の90%を占めると言われている成分のことです。

このケラチンはたんぱく質で出来ているのですが、生成するためにはアミノ酸が必要となります。

人間は食べ物から栄養分を摂取して、血と肉を作っています。

もちろんこれは髪の毛も同じであり、もともとはたんぱく質から作られているのです。

このたんぱく質が体の中でアミノ酸となることで、それが再合成されてケラチンとなると考えられています。

このアミノ酸は一種類だけではなく、18種類とも言われるほど多く存在します。

しかしたんぱく質さえ摂取していれば、ケラチンが作られて、その結果育毛につながるという単純なものでもありません。

食生活からたんぱく質を含めた髪の毛によい栄養分を摂取することも大切ですが、それに加えて外からのアプローチを行うことが大切です。

外部から育毛をするという観点で考えた場合、シャンプーなどのヘアケア製品にこだわる必要はあるでしょう。

髪の毛によい成分はたくさんありますが、その中でもノンシリコンとアミノ酸系界面活性剤が使われているものはチェックしておきたいところです。

髪だけではなく頭皮にもよいと言われているからです。

ノンシリコンに多いアミノ酸系シャンプーはケラチンと相性がよいです


ノンシリコンシャンプーの場合、一般的には頭皮に優しいというのがメリットの一つとして知られています。

とくにナチュラルな自分の髪の毛にこだわりたいという人は、ノンシリコンシャンプーを選んでもよいでしょう。

ケラチンとの関係ですが、ノンシリコン自体より、ノンシリコンシャンプーでよく使われている界面活性剤の方が関係は深いと言えます。

ノンシリコンシャンプーの場合、アミノ酸系界面活性剤が使われていることも多く、逆に安価なシャンプーでは、シリコンと石油系合成界面活性剤が使われているケースが多いとされています。

石油系合成界面活性剤は汚れを取り除くという力が強く、シリコンは髪の手触りやツヤをよくしたい時にはよいと言われています。

しかし石油系界面活性剤は洗浄力が強いため、これだけだとどうしても髪の毛がきしんでしまったりするのです。

そのためシリコンを使うことでバランスを取っていることが考えられるでしょう。

アミノ酸系合成界面活性剤が使われたシャンプーは、アミノ酸が含まれているため、髪の毛や頭皮に優しいと考えられています。

なぜなら髪の毛の成分であるケラチンは、合成の過程においてアミノ酸を必要とするからです。

つまり髪の毛のケラチンを考えた場合は、アミノ酸系のシャンプーと相性がよいと言えるでしょう。

食生活に注意してケラチンを生み出しましょう

ノンシリコンシャンプーとシリコンは、髪や頭皮状態で使い分けるとよいでしょう。

シリコンは髪の毛のきしみが気になる人や、髪の毛へのダメージを大きくしたくない人にとってはよい面もあります。

髪の毛をコーティングして守ってくれるというのは、シリコンシャンプーのもつ大きな魅力です。

ただ自然な髪の毛にこだわりたい人にとっては、ノンシリコンの方がよいとも言えるでしょう。

またパーマやカラーリングをする場合、シャンプーはノンシリコンの方がよいという話もあります。

これは薬剤の浸透が関係するという説からでてきたものであり、ノンシリコンなら邪魔されず浸透することが理由として考えられるでしょう。

他にも、食生活からたんぱく質を摂取し、規則正しい生活をすることで相乗効果が期待できます。

たとえばたんぱく質だけではなく、亜鉛などの栄養素もケラチンの生成をサポートすることができると考えられています。

食生活から育毛を促すよう対策し、なおかつ髪の毛や頭皮をいたわるシャンプーやトリートメントを使って効率的に育毛を行いましょう。

(まとめ)ノンシリコンシャンプーとケラチンは関係があるの?

1.ノンシリコンとアミノ酸系シャンプーは髪の毛のケラチンと相性がよいです

ノンシリコンシャンプーで採用された界面活性剤はアミノ酸系であることが多いです。

アミノ酸はケラチンの材料になりますから、頭皮と髪の毛について相性がよいのです。

つまり頭皮に優しいという部分でケラチンとノンシリコンは関係があると言えます。

2.髪の毛を構成する多くの成分にケラチンがあります

ケラチンは、髪の毛の90%を構成しているもので、たんぱく質から出来ています。

たんぱく質が体内でアミノ酸となり、それが再合成されることでケラチンになるのです。

育毛のことを考えるのであれば、内側と外側からアプローチをすることが大切と言えます。

3.ノンシリコンに多いアミノ酸系シャンプーはケラチンと相性がよいです

ノンシリコンシャンプーに使用されることが多いアミノ酸系界面活性剤は、ケラチンと相性がよいと言われています。

一方安価なシリコンシャンプーは、石油系界面活性剤が使われることが多く、頭皮トラブルの原因になる場合があるのです。

4.食生活に注意してケラチンを生み出しましょう

育毛を考えるなら、アミノ酸系界面活性剤のノンシリコンシャンプーだけで安心せず、食生活からもケアしましょう。

ケラチンを作るたんぱく質や、サポートをする亜鉛などを摂り入れるとよいです。

頭髪外来の医師が監修の元で開発された頭皮ケアシャンプー
女性用スカルプDで女性の薄毛を予防改善!