ノンシリコンは頭皮に優しいので薄毛対策が期待できます


薄毛対策としてのシャンプーを考えた場合、ノンシリコンの方が安心できるでしょう。

とくに育毛シャンプーを見た場合、ノンシリコンが採用されていることが多いです。

頭皮はデリケートな部位ですから、ちょっとしたきっかけで悪化し、薄毛につながる可能性があります。

またシリコンシャンプーの場合、洗髪時にきちんとすすがなければシリコンが残ることもあり、そこからやはり頭皮環境の悪化につながる場合もあるのです。

さらにシャンプーに使われている石油系界面活性剤などは刺激が強いのため、とくに注意しましょう。

頭皮はデリケートな部位なので刺激物は避けた方がよいです

薄毛のことを考えるなら、ノンシリコンが含まれたシャンプーを選ぶことはよい選択と言えます。

シャンプーやトリートメントには、シリコンとノンシリコンタイプがあります。

しかしこのシリコンやノンシリコンの違いと、薄毛にどんな関係があるのかは気になるところでしょう。

まず頭皮に優しいシャンプーなどでは、ノンシリコンが多い傾向にあります。

そもそも頭皮はデリケートで、ちょっとしたことで環境が乱れてトラブルが起きやすい部位です。

そのトラブルを生じさせる原因の一つに、使っているシャンプーがあります。

シリコンが頭皮に付着した場合すすぎが甘ければ、残ってしまう可能性もあります。

そうすると頭皮に悪影響がでるのも不思議ではないでしょう。

ただシリコンは毛髪をコーティングして、外部の刺激対策が期待できるというメリットはあります。

そのため髪の毛に関して考えると、描いている理想に合わせてシリコンかノンシリコンかを選ぶのもよいでしょう。

しかし頭皮のトラブルによって起きる薄毛について対策を考えるなら、安心と安全を徹底するためにノンシリコンを選ぶという選択肢は十分ありえます。

ノンシリコンでも刺激の強い界面活性剤が含まれるなら注意しましょう


薄毛のことを考えるならシリコンより、界面活性剤に気をつけた方がよいという話もあります。

薄毛の原因として考えられているのが、頭皮環境の悪化です。

どんな状態が悪化しているのかと言えば、乾燥や皮脂の過剰分泌などが起きていたり、また、皮膚のターンオーバーが乱れていたりすることが考えられます。

このような状態を引き起こす原因の多くに、界面活性剤が絡んでいる場合が多いからです。

とくに石油系合成界面活性剤は洗浄力が強いことで知られています。

頭皮状況によっては、必要な皮脂まで洗い流すことで、乾燥や、皮脂の過剰分泌が起きることがあると言われています。

このため薄毛対策のためには、頭皮環境の悪化を食い止めるため、頭皮に優しいシャンプーをおすすめします。

ただ比較的安価なシャンプーの場合、石油系合成界面活性剤が使用されていることが少なくありません。

同時に石油系合成界面活性剤が使われているシャンプーの多くには、シリコンが含まれていることも多いです。

ではどんなシャンプーが薄毛対策になるかというと、アミノ酸系合成界面活性剤で、ノンシリコンと言えるでしょう。

添加物が含まれているシャンプーにも注意が必要です

薄毛対策を考えた上でシャンプーを選ぶなら、添加物が含まれていないものも安心できます。

人工的な化学物質や香料といった添加物が含まれていないシャンプーやトリートメントです。

無添加なら、ノンシリコンのシャンプーを選ぶとよいでしょう。

しかし石油系合成界面活性剤が使用されていても、無添加と謳っているものもあるので注意が必要です。

またノンシリコンと表記されているから、他の成分も大丈夫だと油断しないようにしましょう。

ノンシリコンだと書かれていても、界面活性剤は刺激の強いものが使われていることもあるからです。

シリコンも髪の毛をコーティングして守るというメリットがあります。

ツヤや触り心地を優先させたいという場合であれば、シリコンが含まれたものを選ぶのもよい選択と言えるでしょう。

しかしアミノ酸系合成界面活性剤であれば、刺激が低いだけではなく、適度な洗浄力で必要な皮脂まで取り除いてしまうことへの防止が期待できます。

さらにノンシリコンのものであれば、頭皮にも優しいので安心して薄毛対策ができるでしょう。

(まとめ)薄毛対策にノンシリコンシャンプーは本当によいの?

1.ノンシリコンは頭皮に優しいので薄毛対策が期待できます

頭皮はちょっとしたことでも、薄毛につながる環境になりがちです。

ノンシリコンシャンプーなどは、頭皮に優しいアミノ酸系界面活性剤が使われていることが多く、またシリコンが頭皮に残ることがないという点も効果的な点として挙げられるでしょう。

2.頭皮はデリケートな部位なので刺激物は避けた方がよいです

シャンプーやトリートメントにはシリコンが入っているものと、入っていないものがあります。

すすぎが甘いとシリコンが頭皮に残り、そこから頭皮環境の悪化につながることもあるのですが、ノンシリコンはその心配がないと言えるでしょう。

3.ノンシリコンでも刺激の強い界面活性剤が含まれるなら注意しましょう

薄毛を考えるなら、石油系界面活性剤のような皮脂を取りすぎる界面活性剤にも注意しましょう。

皮脂を取り除きすぎると乾燥や皮脂の過剰分泌を招く恐れがあるため、頭皮に優しいアミノ酸系界面活性剤がおすすめと言えるでしょう。

4.添加物が含まれているシャンプーにも注意が必要です

シャンプーの成分ではどんな添加物が含まれているのかについても注意が必要です。

また無添加と書かれていても、石油系界面活性剤が使われているものもあるので気をつけましょう。

ノンシリコンとアミノ酸系界面活性剤の組み合わせが薄毛対策には効果的です。

頭髪外来の医師が監修の元で開発された頭皮ケアシャンプー
女性用スカルプDで女性の薄毛を予防改善!