ノンシリコンシャンプーには頭皮に優しい界面活性剤が使われていることが多いからです


シリコンとノンシリコン自体は髪の毛の状態に合わせて使うのが良いでしょう。

問題はシリコンシャンプーの多くで使われている、石油系合成界面活性剤が問題と言われることが多いです。

石油系合成界面活性剤は洗浄力が強すぎるため、頭皮の健康を維持するのに必要な皮脂まで洗い流してしまいます。

そうすると、皮脂による皮膚のバリア機能が低下することにつながるため、頭皮環境の悪化につながると言われているのです。

そのため頭皮の健康を考えるなら、シリコンだけではなく界面活性剤にも注目しましょう。

石油系合成界面活性剤とシリコンには関係があります

頭皮環境が悪化する原因は多種多様ですが、その中の一つに頭皮とシャンプーが合っていないことも挙げられます。

たとえば洗浄力が強い界面活性剤が使用されているシャンプーには注意しましょう。

またシリコンかノンシリコンのシャンプーもありますが、これも自分の髪の毛に合わせた選び方にする必要があるのです。

この洗浄力の強い界面活性剤ですが、とくに頭皮のトラブル原因の一つに挙げられるのが、石油系合成界面活性剤を使用したシャンプーです。

石油系合成界面活性剤は頭皮の汚れをキレイに取り除く効果が期待できる成分ではあります。

しかし必要な皮脂まで洗い流してしまうのが、頭皮環境にとっては問題と言われているのです。

皮脂は頭皮のバリア機能としての働きがあるため、乾燥させないためにもある程度必要なのです。

そのためきれいにしすぎれば頭皮トラブルにつながる場合があるのです。

また乾燥がひどくなると、頭皮は何か問題があると感じて皮脂の過剰分泌を起こすとも言われています。

また石油系合成界面活性剤とシリコンは関連が大いにあります。

石油系合成界面活性剤が使われているような安価なシャンプーの場合、シリコンが含まれていることが多いです。

これは石油系合成界面活性剤によって髪がきしむため、その問題対策が考えられるでしょう。

そのため頭皮状況を適切なものにしたいなら、ノンシリコンと石油系合成界面活性剤でないかどうかをチェックするとよいのです。

髪の毛の状態に合わせてシリコンかノンシリコンか使い分けましょう


ノンシリコンがよいかどうかは頭皮より毛髪の状態によって使い分けるとよいです。

シリコンやノンシリコンは髪の毛に対し、大きな影響力を持っているからと言えるからです。

そのためシリコンかノンシリコンか、どちらのシャンプーにするか悩んだら、自分の髪の毛をどうしたいか目的に合わせて使い分けるとよいでしょう。

たとえばシリコンは髪の毛をコーティングすることにより、外部からの刺激から毛が強くなるというメリットがあります。

またコーティングするためにドライヤーの熱にも強くなるとも言われているのです。

他に手触りやツヤが良くなるということも挙げられるでしょう。

しかしノンシリコンはシリコンによるデメリットが生じません。

たとえばパーマやカラーリングについては、薬剤の浸透を邪魔しないので、行う前はノンシリコンがよいという話もあります。

他にもナチュラルヘアにこだわり、シリコンが必要ない髪の毛にしたい人にも向いているでしょう。

またノンシリコンの場合、薄毛対策として、ボリュームのある髪の毛にできるという話もあります。

つまり髪の毛の状況に合わせ、使い分けることを考えましょう。

シリコンにアレルギーがあるならノンシリコンがよいでしょう

頭皮環境を考える場合、シリコンに対しアレルギーがあるならノンシリコンにした方がよいでしょう。

シリコンは髪の毛に対してメリットが多いという面は無視できません。

しかし人によってはシリコンがアレルギーの原因の一つになる場合があるのです。

ノンシリコンも同じですが、髪をすすいだ後、頭皮に残っていればやはり頭皮環境の悪化を助長させる原因の一つになります。

そのため洗髪時にはきちんとすすぐことで、頭皮環境の悪化対策につながるのです。

またノンシリコンのシャンプーの場合、アミノ酸系界面活性剤とセットになっていることが多く、成分についても自然由来の成分が含まれている製品もたくさんあります。

このことから、頭皮に優しさを求め、育毛を考えるのでしたら、アミノ酸系界面活性剤が使用されているノンシリコンのシャンプーやトリートメントが効果的だという考え方もできるでしょう。

ダメージに強く、ほとんど傷んでいない髪の毛や頭皮ならシリコンシャンプーではなくノンシリコンのものが適切な場合もあります。

頭皮環境を考えたヘアケア製品選びでは、ノンシリコンだけではなくどんな界面活性剤を使用しているかどうかも含めてチェックしましょう。

(まとめ)ノンシリコンシャンプーはどうして頭皮によいの?

1.ノンシリコンシャンプーには頭皮に優しい界面活性剤が使われていることが多いからです

安価なシリコンシャンプーは石油系合成界面活性剤という洗浄力の強い成分が含まれていることが多いです。

必要な皮脂まで除去すると皮膚バリアの低下が生じる可能性があります。

ノンシリコンとアミノ酸系界面活性剤のシャンプーの組み合わせが安心です。

2.石油系合成界面活性剤とシリコンには関係があります

頭皮環境が悪化する原因の一つにシャンプーが挙げられます。

洗浄力が強い石油系界面活性剤を使用したシャンプーは皮脂を取り除きすぎることがあります。

頭皮環境によっては、乾燥を招いてトラブルにつながると言われているのです。

3.髪の毛の状態に合わせてシリコンかノンシリコンか使い分けましょう

シリコンやノンシリコンは頭皮よりも髪の毛に対する影響力が大きいです。

そのため双方のメリットや自身の髪の毛の状態に合わせて、使い分けるようにすることが大切と言えるでしょう。

4.シリコンにアレルギーがあるならノンシリコンがよいでしょう

シリコンにアレルギーがある場合でも、ノンシリコンなら安心できます。

またノンシリコンの場合であっても、シャンプーが頭皮に残るとトラブルが生じる可能性があるため、すすぎはきちんと行った方がよいと言えるでしょう。

頭髪外来の医師が監修の元で開発された頭皮ケアシャンプー
女性用スカルプDで女性の薄毛を予防改善!