ノンシリコンでも界面活性剤などの成分には注意しましょう


ノンシリコンシャンプーの場合でも、含まれている界面活性剤などの成分次第では頭皮環境の悪化につながる場合があります。

まずシリコンとノンシリコンという成分自体は、とくに目立った問題はないと言えます。

しかしシリコンの場合は、アレルギーやすすぎが甘いことで、頭皮環境の悪化につながることもあるので注意しましょう。

さらにノンシリコンと表示されていても、石油系合成界面活性剤のような刺激の強い成分が含まれている場合、頭皮に悪影響を与える可能性があります。

そのため頭皮環境を考えたシャンプー選びでは成分に注意が必要です。

シャンプーの成分次第では頭皮環境の悪化につながります

育毛を考える上では、ヘアケア製品の成分にも注意が必要です。

とくに髪の毛や頭皮を洗うシャンプーの成分に対しては、注目した方がよいでしょう。

たとえばシリコンやノンシリコンや界面活性剤という成分は、髪の毛や頭皮環境次第では大きな悪影響を与えるからです。

そもそも頭皮はデリケートであり、ちょっとしたことで皮脂の分泌異常、ターンオーバーの乱れなどのトラブルにつながります。

だからこそシャンプーを選ぶ際には、含まれている成分に注意を払う必要があると言えるでしょう。

また髪の毛に対して何を求めるかを考える際も、まずは成分に注目してみてください。

たとえばシャンプーには、シリコンが含まれたものとノンシリコンがあります。

シリコンは髪をコーティングして手触りやツヤをよくすると言われていますが、シリコンは天然ではなく人工的な成分です。

そのためナチュラルヘアにこだわっているという人の場合は、ノンシリコンの方がよいと言えるでしょう。

シリコンとノンシリコンにはそれぞれメリットがあるので、それらを見極めた上で使い分けるとよいと言えます。

またシリコンかノンシリコンかをチェックしたい時にも、まずはパッケージなどの裏にある成分表などをチェックするとよいでしょう。

ノンシリコンでも石油系合成界面活性剤には注意しましょう


成分表を見た時、ノンシリコンかどうかチェックするためには、シリコン成分が含まれていないかどうか確かめることです。

シリコン成分を代表するものとしては、ジメチコンやジメチコノールが挙げられるでしょう。

基本的にシリコンの名称はたくさんあるのですが、成分表にメチコンやシリル、シロキやシランと表記されていることが多いです。

他にはポリマーというPPT(ポリペプチド)という成分とシリコンを合成した成分もあります。

ノンシリコンを選ぶ時には、成分表やパッケージなどをチェックし、シリコンが含まれていないかどうか確かめましょう。

しかしノンシリコンでも似たような化学合成成分が含まれていることがあったり、界面活性剤が石油系合成界面活性剤になっていたりする場合は、気をつけた方がよいです。

皮脂が多すぎたり頭皮が弱くない人なら問題が少ないという話もありますが、真反対の頭皮状況だと、皮脂が不足し乾燥などが生じたり、あるいは逆に皮脂の過剰分泌が起きたりすることで症状が悪化し、頭皮環境のトラブルにつながることもあるからです。

頭皮環境のトラブルが起きている人や、フケが多くなっている、薄毛になっているなどの悩みがある人は、一度シャンプーを見直してみてもよいかもしれません。

ノンシリコンとアミノ酸系界面活性剤のシャンプーがよいです

頭皮に優しいシャンプーを選ぶなら、ノンシリコンのものであることに加えて、アミノ酸系界面活性剤が使われているものを選ぶとよいでしょう。

注意したい石油系合成界面活性剤も、シリコンと同じく成分表を見れば見分けることが可能です。

代表的な石油系合成界面活性剤としてはラウレス硫酸などが挙げられます。

一般的に安価なシャンプーの中には、これらのような石油系合成界面活性剤が使われていることが多いでしょう。

頭皮の安全を考えるなら、育毛シャンプーがよいでしょう。

なぜなら育毛シャンプーと分類されるシャンプーの多くは、アミノ酸系合成界面活性剤が使われておりノンシリコンのものが多いためです。

他にも天然成分が多く、大豆イソフラボンなど育毛をサポートする成分も含まれていることが少なくありません。

ただこのとき大切なのは、シリコンとノンシリコンの違いを知り、髪の毛の状況にあったシャンプーを選ぶよう検討することがよいということです。

もし頭皮のことを考えるのではなく、髪の毛のダメージ対策をしたいなどの場合は、シリコンのコーティングが役に立ちます。

どちらにしても皮脂の過剰分泌でべたついたり、フケが多くなっていたりするなら、まず使用しているシャンプーなどを見て、石油系合成界面活性剤が使用されていないかどうかチェックしましょう。

そういった点を考慮して、自分の髪の毛をどうしたいか目的を明確化してからシャンプーを選ぶようにしてみてください。

(まとめ)ノンシリコンシャンプーで注意したい成分ってある?

1.ノンシリコンでも界面活性剤などの成分には注意しましょう

ノンシリコンと記載されていても、頭皮への悪影響が高い成分が含まれていたら、注意が必要です。

たとえば刺激の強い石油系合成界面活性剤が使われている場合もあります。

またシリコンにアレルギーがある人はノンシリコンの方がよいでしょう。

2.シャンプーの成分次第では頭皮環境の悪化につながります

育毛を考えるなら、ヘアケア製品の成分にはこだわりましょう。

とくにシリコンやノンシリコンだけではなく、どんな界面活性剤が含まれているかには注意した方がよいです。

そしてシリコンやノンシリコンは、それぞれのメリットに合わせて選ぶとよいでしょう。

3.ノンシリコンでも石油系合成界面活性剤には注意しましょう

シリコン成分が入っているかどうかチェックする際には、メチコンやシリル、シロキやシランと言った文字が書かれていたなら注意が必要です。

またポリマーなどもシリコンとPPTという成分を合成したものなので、確認するよう心がけましょう。

4.ノンシリコンとアミノ酸系界面活性剤のシャンプーがよいです

頭皮に優しい成分を考えた場合、ノンシリコンでアミノ酸系界面活性剤と書かれているものがよいでしょう。

とくに刺激の強い石油系界面活性剤を確かめるには、成分表にラウレス硫酸という文字がないかチェックするとよいです。

頭髪外来の医師が監修の元で開発された頭皮ケアシャンプー
女性用スカルプDで女性の薄毛を予防改善!