カラーリング直後を過ぎれば色落ち対策でノンシリコンは期待できます


カラーリングをしたばかりでは、シリコンの有無に関係なく、シャンプーはしない方がよいと言われています。

なぜならシャンプーをすることで色が落ちてしまうという話があるからです。

またカラーリングの前にシリコン入りのシャンプーを使用することで、薬剤が浸透しづらく、結果として色落ちしやすくなる可能性も否定できません。

そのほか、石油系合成界面活性剤が含まれている洗浄力が強いシャンプーを使うことも、色落ちを助長させる可能性が高いです。

カラーリングやパーマの前はノンシリコンがよいという話もあります

ノンシリコンのメリットとして、カラーリングやパーマのことを考える必要があります。

カラーリングは薬剤を使用して、髪の毛の色を変化させる必要があるからです。

色が馴染むためにはある程度の時間が必要となります。

しかしカラーリングをした場合、洗浄力の強い石油系合成界面活性剤が含まれたシャンプーを使用すると、色落ちする可能性があるので注意しましょう。

他にもシャンプーだけではなく水に対しても馴染みやすいため色落ちしやすい可能性があります。

またカラーリングに関しては、シリコンか、ノンシリコンかについても考える必要があります。

ある説では、シリコン入りのシャンプーなどを使用すると、薬剤が髪の毛に浸透しづらいという話もあるからです。

このため髪の毛の色落ちをとにかく回避したいなら、カラーリングの前はノンシリコンシャンプーを使用する方がよいと言われているのです。

どちらにしてもカラーリングをした際には、色落ち対策をするために、少なくとも24時間は洗髪を止めた方がよいと言えます。

この点に注意することで、より確実にカラーリングに対する成功が期待できるでしょう。

色落ち対策ならシリコン以上に界面活性剤に注意しましょう


髪の毛のカラーリングをした際、色落ちをとくに注意したいなら石油系の合成界面活性剤が含まれたものは使わない方がよいかもしれません。

シリコンの有無とは別に、この点は注意したいところです。

チェックポイントは、ラウリル硫酸Naや、ラウリル硫酸TEA、テトラデセンスルホン酸Na、さらにパレス‐3硫酸Na、ポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸Naと言った表記が成分表に含まれていないかチェックが必要です。

界面活性剤は汚れを落とすのに役立ちますが、一般的に安価なシャンプーに使用されていることが多い、石油系の界面活性剤は汚れを落としすぎると言われているからです。

そのためカラーリングをしても、色落ちがしやすいと考えられます。

この石油系合成界面活性剤は、頭皮の皮脂を取り除きすぎる可能性もあります。

そうなると頭皮の乾燥につながるため、頭皮環境が悪化する原因の一つになるので注意が必要です。

またノンシリコンシャンプーとあっても、石油系合成界面活性剤が使用されている場合もあるので気をつけましょう。

カラーリングで色落ち対策をしたいなら、ノンシリコンシャンプー、そして、石油系界面活性剤の有無をチェックする必要があるのです。

色落ちを考えるならノンシリコンとアミノ酸系シャンプーがよいです

髪の毛のカラーリングについて色落ちを防ぐなら、ノンシリコンと、アミノ酸系界面活性剤が使用されているシャンプーがおすすめです。

アミノ酸系のシャンプーは洗浄力が弱いため、カラーリングの色落ち対策の一つになることが挙げられます。

それでも最低限24時間は洗わない方が無難と言えるでしょう。

またノンシリコンなら、シリコンによる影響を考えないために合っていると言えます。

これはカラーリングと同じく、薬剤を使用するパーマでも同じ考えと言ってもよいでしょう。

ただカラーリングやパーマについてはどうしても髪の毛にダメージを与えてしまうのは否めません。

その点を考える上でも、アミノ酸系シャンプーやノンシリコンは頭皮や髪の毛に優しい点ではよいと言えるのです。

また育毛という観点で考えれば、その上に大豆イソフラボンといった女性ホルモンと似た働きを持った成分が含まれているとよいでしょう。

女性ホルモンが減少することも、薄毛の原因の一つになると言えます。

カラーリングで髪が傷み、さらに女性ホルモンが減っているなら、症状が悪化する可能性もゼロではありません。

そのことも含めて考え、頭髪に優しいシャンプーやトリートメントを使用しましょう。

(まとめ)カラーリングの色落ち対策はノンシリコンがよい?

1.カラーリング直後を過ぎれば色落ち対策でノンシリコンは期待できます

染髪後はシリコンの有無に関わらず、シャンプーで髪を洗わない方がよいでしょう。

また染髪前に、シリコン入りのシャンプーを使うことや、その後のシャンプーで石油系合成界面活性剤が入っているものを使わないようにすることなども大切です。

2.カラーリングやパーマの前はノンシリコンがよいという話もあります

ノンシリコンはカラーリングやパーマをする前には適したシャンプーと言えます。

ただノンシリコンでも、カラーリングした後、24時間程度はシャンプーをしない方がよいでしょう。

なぜならば色落ちしてしまう可能性があるからです。

3.色落ち対策ならシリコン以上に界面活性剤に注意しましょう

カラーリング後の色落ち対策を考えたシャンプー選びでしたら、シリコンとともに、石油系合成界面活性剤には気をつけましょう。

石油系合成界面活性剤は洗浄力が強すぎるためです。

そのため色落ちする可能性が高いので気をつけましょう。

4.色落ちを考えるならノンシリコンとアミノ酸系シャンプーがよいです

色落ちを考えるなら、シャンプーなどはノンシリコンだけではなくアミノ酸系界面活性剤が使われたものがよいです。

アミノ酸系は、洗浄力が強すぎることがないため、色落ちのリスクを低くすることが期待できるでしょう。