ノンシリコンは髪の軽さやカラーリングなどをしやすいなど複数の効果が期待できます


ノンシリコンシャンプーに期待できる効果ですが、シリコンがないために軽い髪の毛にできるというメリットがあります。

ふわっとした感じになるため、薄毛で少しでもボリュームがあるように見せたい人には、ノンシリコンシャンプーを選んでもよいでしょう。

またシリコンのコーティングがないため、カラーやパーマの薬剤が浸透しやすいとも言われています。

他にも頭皮や髪の毛に優しいため髪の毛にダメージが大きくなっている人にもよいと言われているのです。

ボリュームを出したい人やカラーリングなどの前によいです

ノンシリコンやシリコンにはどんな効果が期待できるか気になる人も多いでしょう。

漠然と、頭皮や髪によいのではないかと考える人もいるかもしれませんが、具体的な期待できる効果については気になるところです。

ノンシリコンのよいところは、洗髪時に髪の仕上がりが軽いことが挙げられます。

また髪のボリュームをアップしたいという人によいと言われています。

シリコンシャンプーを使用した場合、シリコンが髪について重くなるという指摘があるからです。

髪の毛が薄くなるのは女性ホルモン分泌量が原因の一つとして言われています。

年齢が高くなり若い頃と異なった変化が体に生じるのは、誰にも止めることはできません。

ただその変化について上手に対処をすれば髪の毛も若々しく見られる状態にすることができます。

髪の毛がぺしゃんとしていると、どうしても薄毛に見られるのは否めません。

そのような状況に対し、ノンシリコンシャンプーなどを使用することでボリュームをアップが期待できるのです。

またカラーやパーマをする前ならばよいと言われています。

シリコンシャンプーなどではシリコンが髪をコーティングすると言われているので、薬剤が入りづらいというデメリットがあると考えられているのです。

ノンシリコンならその心配がないので、カラーやパーマをする人に適していると言えるでしょう。

髪質に合わせて検討することも大切です


ノンシリコンシャンプーはとくに髪の毛のダメージがすでに大きくなっている人には適しているとも言われています。

またノンシリコンなら、シリコンによるアレルギーの心配はないというのは大きな魅力でしょう。

シリコンによるアレルギー反応が起きた人は、ノンシリコンのシャンプーやトリートメントを検討するのも悪くはないといえます。

しかしシリコンも全面的に悪いというわけではありません。

髪をコーティングする働きがありますから、外部からのダメージ対策を考える上ではよい部分もあります。

髪がきしむのは気になってしまう髪質の人も、サラサラな髪触りを目指すならシリコンが含まれたものを使用することは悪くありません。

他にもドライヤーによる熱などによるダメージ対策については、シリコンはよいと言えるのです。

ただ基本的にはシリコンかノンシリコンかは、自分の髪質に合ったものを選ぶことが大切です。

手触りがよい髪にしたいならシリコン入りもよいですし、逆にボリュームを増やしたい、天然の髪の毛にしたいならノンシリコンがよいとも言えます。

それぞれの効果を考え、自分の髪質に合ったものを選ぶことも大切です。

ノンシリコンでも他の成分に注意しましょう

ノンシリコンシャンプーを選ぶ際、シリコン以外の他の成分にも注意が必要です。

たとえば防腐剤や、酸化防止剤、といった添加物が含まれているシャンプーなどもあります。

また洗浄力の強い界面活性剤が含まれているものだと、どんなにノンシリコンシャンプーやトリートメントだったとしても、頭皮トラブルにつながる可能性があるので気をつけましょう。

洗浄力が強いのはよいことですが、一方で皮脂を洗い流しすぎて、頭皮トラブルにつながる可能性が出てくるからです。

ノンシリコンシャンプーはよいのだと考えて使用し、他に含まれた成分でトラブルが生じないように注意する必要があります。

ではどのようなシャンプーやトリートメントなどがよいかと言えば、アミノ酸系など天然成分とノンシリコンの組み合わせがよいと言えます。

また女性ホルモンと似た働きを持った大豆イソフラボンなどが含まれた製品ですと、より頭皮の健康状態について対策が期待できるのです。

シャンプーはノンシリコンだけど、トリートメントはシリコン入りだと効果に対して不安が生じてもしかたありません。

その点も考えて、適切なシャンプーやトリートメント選びをしましょう。

(まとめ)ノンシリコンにはどんな効果が期待できる?

1.ノンシリコンは髪の軽さやカラーリングなどをしやすいなど複数の効果が期待できます

ノンシリコンは髪のボリューム感を出し、ふわっと軽やかにしたい人に合っていると言えます。

またダメージが少ない人でナチュラルに見せたい人や、カラーやパーマをする前なら適していると言えるでしょう。

2.ボリュームを出したい人やカラーリングなどの前によいです

ノンシリコンの効果が髪の仕上げが軽くなる、ボリュームがアップするなどがあります。

またカラーやパーマをする人もノンシリコンシャンプーを使用するとよい言われています。

3.髪質に合わせて検討することも大切です

ノンシリコンシャンプーは髪の毛がすでに傷んでいる人にもよいと言われています。

またアレルギーの心配がないのも大きなメリットと言えるでしょう。

ただダメージを受けることへの対策なら、シリコンもよいという話もあります。

4.ノンシリコンでも他の成分に注意しましょう

シリコンかノンシリコンか以外にも注意したいのは、防腐剤などの添加物が考えられます。

他にも洗浄力の強い界面活性剤を使用するのも注意した方がよいでしょう。

界面活性剤に関しては、アミノ酸系など天然成分が使われたものの方がよいと言えます。