ノンシリコンの見分け方は成分表をチェックしましょう


ノンシリコンかどうかの見分け方を知っておくことで、より確実な頭皮や頭髪のケアが期待できます。

簡単な見分け方としては、パッケージなどに表記されている成分表をチェックすることが大切です。

そこにシリコンの名前が書かれていなかったり、ノンシリコンと表記されたりしていれば、ノンシリコンと判断できるでしょう。

しかしノンシリコンと書かれていても、刺激の強い石油系界面活性剤が使われていると頭皮環境の悪化につながる可能性があるため、気をつけましょう。

ノンシリコンかどうかは成分表をチェックしましょう

シャンプーなどを選ぶ時に、シリコンかノンシリコンかは悩む所です。

ただ検討した結果、ノンシリコンを選んだとしても、どうやって見分ければよいかわからない人も多いでしょう。

ノンシリコンかどうかは成分表をチェックして確かめることができます。

成分表にシリコン成分が含まれているならノンシリコンではないと判断することができるからです。

シャンプーを選ぶ際、パッケージに堂々とノンシリコンと記載されているならわかりやすいでしょう。

しかし書いていないケースもあるので油断は禁物です。

代表的なシリコンの成分はかなり多いです。

シクロメチコン、ジメチコン、フェニルトリメチコン、アモジメチコン、クロスポリマーと言った成分が含まれているなら、それはシリコンが含まれていると判断してもよいでしょう。

一般的に販売されている安価なシャンプーの多くには、シリコンが入っていると考えても言い過ぎではありません。

ノンシリコンシャンプーを検討するなら、成分表にシリコン成分が入っていないかどうかチェックすることが大切です。

またシャンプーだけではなく、トリートメントなどにもシリコンは含まれていることが多いので、注意しましょう。

購入時にチェックしたいならメモが役立ちます


シリコンは自然由来のものではなく、ケイ素を基にして化学反応を利用した人工物です。

またシャンプーなどで使用される際には、オイル状でとろっとしているのが特徴でしょう。

シャンプー以外には化粧品なども使用されており、シリカなどもシリコンですが、オイルではなく粉末状のものなので、勘違いされることも少なくありません。

シャンプーで使用されているシリコン以外には、シリカだけではなく、シリルやシランなどもあります。

また太陽電池や半導体でもシリコンという物質が使われているのですが、これは金属ケイ素のことですから、シャンプーやトリートメントで使用されるものとは違うと考えておきましょう。

シャンプーなどの成分表をチェックする際はなかなか暗記では難しい部分があります。

そのためメモ帳やスマホに記録しておいて、シャンプーやトリートメントを探す時には照合してみるとよいでしょう。

しかし成分表をチェックしてノンシリコンだから大丈夫だとすぐに判断するのも注意が必要です。

なぜならシャンプーには、シリコン以外にも注意したい成分があるからです。

ノンシリコンとアミノ酸系の界面活性剤は頭皮に優しいです

ノンシリコンシャンプーやトリートメントを選ぶ時には、パッケージにノンシリコンと書かれているかどうかチェックする、また、成分表を見ることが挙げられます。

しかしノンシリコンという文言だけチェックして、他の成分を無視するのは、健康的な頭皮環境を守る上でも気をつけたいところです。

ノンシリコンシャンプーだとしても、頭皮環境の悪化につながる成分である、界面活性剤があるからです。

界面活性剤自体が悪いものではなく、汚れを取り除くための成分です。

しかし石油系や高級アルコール系などですと洗浄力が強くなるため、必要以上の皮脂を取り除く可能性があります。

皮脂は大量に分泌されると頭皮環境が悪化し、べたつきだけではなく、炎症やかゆみ、フケといった頭皮トラブルに発展する原因の一つになります。

しかし皮脂を過剰に取り除いてしまうと、それは乾燥につながり、これも重い頭皮トラブルを招く可能性があるのです。

このようなことから、頭皮トラブルを回避するためにはノンシリコンかどうかをチェックするだけではなく界面活性剤にも注目しましょう。

たとえばアミノ酸系シャンプーや、イソフラボンなどが含まれたシャンプーは頭皮に優しいと言われています。

アミノ酸系や必要以上の皮脂を取り除かないイソフラボンは、女性ホルモンと似た働きがあると考えられています。

このようにノンシリコンだけではなく育毛をサポートして、刺激の弱い成分が含まれたシャンプーやトリートメントを使うことで、よりよい頭皮環境を作ることができるでしょう。

(まとめ)シリコン入りかノンシリコンか見分け方ってあるの?

1.ノンシリコンの見分け方は成分表をチェックしましょう

ノンシリコンかどうかチェックするには成分表を見ることが大切です。

シリコンが含まれていれば、その成分が成分表に記載されていることが理由といえます。

またノンシリコンでも、石油系界面活性剤が使用されていないかをチェックする必要もあるでしょう。

2.ノンシリコンかどうかは成分表をチェックしましょう

シリコンを見分ける時には、シクロメチコン、ジメチコン、フェニルトリメチコン、アモジメチコンなどの名称が成分表に記載されていないかチェックが必要です。

ポリマーなどもシリコン成分ですから、成分表をチェックしましょう。

3.購入時にチェックしたいならメモが役立ちます

シリカやシリルなどは、粉末状のもので、シャンプーには使用されていません。

太陽電池や半導体でもシリコンが使われていますが、シャンプーとは別のものです。

またシャンプーはシリコン以外にも注意したい成分があります。

4.ノンシリコンとアミノ酸系の界面活性剤は頭皮に優しいです

シリコンの名前だけではなく、界面活性剤にも注意しましょう。

必要な皮脂まで洗い流す強い界面活性剤ではなく、アミノ酸系界面活性剤や、イソフラボンなどが含まれているものは頭皮に優しいです。