頭皮の乾燥対策を徹底したいならノンシリコンシャンプーもよいでしょう


頭皮の乾燥を招く原因の一つにシャンプーが挙げられます。

またシャンプーを選ぶ際、ノンシリコンかシリコン入りかで悩む人も多いでしょう。

たとえばノンシリコンよりも安いシャンプーなどでは、石油系合成界面活性剤が使われているものが多いです。

石油系の界面活性剤が使用されている場合、必要以上に皮脂などを洗い流すと言われており、それが原因として頭皮の乾燥を招く可能性もあると言われています。

その点も考えるとアミノ酸系界面活性剤とノンシリコンという条件は、頭皮への負担が少ないともいえるでしょう。

頭皮が乾燥しやすいならノンシリコンを選ぶのもよいです

頭皮が乾燥する原因は複数あり、その中にシャンプーが考えられます。

たとえば汚れを落とすのに関係しているのが、シャンプーに含まれた界面活性剤です。

ただ界面活性剤でも、頭皮に対する刺激が強いものや弱いものがあります。

頭皮の乾燥を考えると、洗浄力の強い界面活性剤を使用するのは問題といえるでしょう。

なぜならば洗浄力の強い石油系合成界面活性剤を使用したシャンプーは、頭皮を保湿するために必要な分量の皮脂まで洗い流してしまうからです。

また石油系合成界面活性剤は、健康的な頭皮環境を保つための常在菌まで洗い流す可能性が指摘されています。

ただ界面活性剤だけに注意していてはいけません。

髪質に合わせてシリコンシャンプーとノンシリコンシャンプーどちらにするのかも考えた方がよいでしょう。

2つの違いは、シリコンという成分が含まれているか、含まれていないかです。

シリコンは髪の毛のコーティング力が強いため、まとまりがよいというのはポイントです。

ノンシリコンはシリコンによる影響がないため、頭皮環境の悪化をとにかく阻止したいなら選んでもよいでしょう。

頭皮はデリケートなので乾燥しやすいです


頭皮の乾燥を予防するにはデリケートな部位であることを理解する必要があります。

たとえば頭皮の場合、シャンプーはもちろんのこと、紫外線や皮脂、汗、汚れなどでターンオーバーが乱れやすい部位といえるからです。

ターンオーバーとは、新陳代謝のことで頭皮の場合、古い皮膚から新しい皮膚に変わることです。

しかし頭皮のトラブルによりターンオーバーが乱れるとさまざまな症状につながり、その一つに乾燥も原因として考えられます。

だからこそ頭皮が乾燥するといったトラブルが生じやすい人は、シャンプーにまで注意が必要と言えるでしょう。

ノンシリコンシャンプーはシリコンが含まれていないので、洗髪時の頭皮に優しいことが挙げられます。

しかしノンシリコンシャンプーだとどうしても、髪のきしみが生じる可能性が出て来ます。

この場合、手触りがよい髪の毛にしたいならシリコンという選択肢もあるでしょう。

基本的には自分の髪質や頭皮に合わせて、シリコンかノンシリコンか選ぶことをおすすめします。

生活習慣や食生活にも注意し総合的なケアをしましょう

ノンシリコンシャンプーで頭皮の乾燥対策をしたいなら、同時に界面活性剤がアミノ酸系かどうかをチェックした方がよいでしょう。

頭皮の乾燥を生じさせる原因の一つとなるのが、洗浄力の強い石油系合成界面活性剤を使用することです。

とくに洗浄力が強い界面活性剤を使用して乾燥が生じる原因の一つとして、必要以上の皮脂を洗い流すことが考えられます。

しかしアミノ酸系シャンプーは、洗浄力はきちんとあるけれども、必要以上の皮脂を洗い流さないというメリットがあるのです。

そのため皮脂量だけではなく常在菌の量もバランスの取れた頭皮環境を作る助けになるでしょう。

同時にアミノ酸系シャンプーでも、シリコンかノンシリコンかもチェックする必要があります。

頭皮の安全を考えるなら、ノンシリコンのものを選んだ方が安心できるでしょう。

しかし頭皮の乾燥はシャンプーだけで対策のすべてができるわけではないので注意が必要です。

不規則な生活や、ストレス、食生活なども頭皮のターンオーバーの乱れを生じさせる可能性があります。

総合的な対策を図りながら、健康的な頭皮を保つ工夫が重要なのです。

(まとめ)頭皮の乾燥にノンシリコンシャンプーってよい?

1.頭皮の乾燥対策を徹底したいならノンシリコンシャンプーもよいでしょう

ノンシリコンシャンプーより安価なシャンプーでは、石油系合成界面活性剤が使われていることが多いです。

これは皮脂を洗い流しすぎるために乾燥を招くとも言われています。

そのためアミノ酸系界面活性剤とノンシリコンシャンプーの方が安心できるでしょう。

2.頭皮が乾燥しやすいならノンシリコンを選ぶのもよいです

頭皮の乾燥については石油系合成界面活性剤が問題の一つです。

また髪質に合わせて、シリコンかノンシリコンか考えることも大切でしょう。

ノンシリコンはシリコンの影響を考えなくてもよいのはメリットです。

3.頭皮はデリケートなので乾燥しやすいです

頭皮はシャンプーだけではなく、皮脂や、汗や汚れの影響を受けやすい部位です。

ノンシリコンは、髪を洗う時、頭皮に優しいのがメリットでしょう。

また手触りの良さを考えるなら、シリコンを選ぶのも悪くありません。

4.生活習慣や食生活にも注意し総合的なケアをしましょう

頭皮の乾燥に対し根本的な対策をしたいなら、アミノ酸系界面活性剤のシャンプーの方が安心できます。

同時にノンシリコンを合わせるとよいのですが、それ以外にもストレスや食生活にも注意が必要でしょう。