ノンシリコンのメリットデメリットは髪の軽さやきしみなどが挙げられます


ノンシリコンシャンプーを使う時にはメリットだけではなくデメリットもきちんと理解しておきましょう。

そうすることで、自分の頭髪や頭皮に合わせた総合的なケアが期待できるからです。

たとえばシリコンには髪をコーティングして、負担を軽くし、手触りが良くなるなどのメリットがあります。

一方ノンシリコンシャンプーについてコーティングは期待できませんが、自然な髪の毛にこだわりを持っているナチュラル派の人にはよいと言えるでしょう。

ノンシリコンかシリコンかは、自分の好みや頭皮状況に合わせて選ぶとよいでしょう。

シリコン、ノンシリコンにもメリットとデメリットがあります

シャンプーにはシリコンが含まれているものと含まれていないものがあります。

単純に言うと、シリコンが含まれていないものがノンシリコンシャンプーと呼ばれます。

ではこのシリコンとは何でしょうか。

シャンプーに使われているシリコンはシリコンオイルのことで、髪の毛をコーティングする働きがあります。

具体的には酸素やケイ素や有機基から作られる化合物と考えればよいでしょう。

このコーティングによって、髪触りが良くなり、髪の毛を守るキューティクルへの負担を少なくするのに役立ってくれるのです。

しかしシリコンが含まれているからといって、頭皮や髪の毛に悪いというわけでもないと考えられています。

一方ノンシリコンシャンプーは、髪の毛を自然な状態に保つことが期待できます。

そのため添加物などムダなものが含まれていないシャンプーなどを使いたいという人に向いているでしょう。

ただ基本的には、シリコンやノンシリコンシャンプーを使用したいと考えた場合、自分の髪質や頭皮環境に照らし合わせて、メリット、デメリットをきちんと理解しておく必要はあるでしょう。

髪の軽さやカラーリングをする前はノンシリコンの方がよい場合があります


ノンシリコンのメリットについてですが、まずカラーリングやパーマを検討している人にとってはよいと言われています。

シリコンシャンプーの場合、シリコンによって髪の毛がコーティングされると言われています。

しかしパーマやカラーリングをする時には、髪の毛に薬剤を浸透させる必要があるため、髪の毛がコーティングされているとやや難しくなります。

そのためノンシリコンシャンプーを使用した方がよいと言われているのです。

またシリコンが髪の毛につくことで、重たさが生じることも無視できないでしょう。

ノンシリコンシャンプーはシリコンによる髪の毛の重さが生じないため、その点が大きなメリットになっているのです。

またノンシリコンだとシリコンが頭皮に残らないため、それに関するトラブルが生じないことがメリットと言えるでしょう。

しかしデメリットもあり、シリコンと比較をすると手触りの悪さや、ドライヤーによる熱に対し髪の毛の負担が大きくなることが考えられているのです。

シリコンシャンプーはもっと髪の毛の手触りや、ダメージを軽減したい人なら検討してみるのもよいでしょう。

ノンシリコンは、パーマやカラーリングをしっかり行いたいという方やボリュームのある髪にしたいという方、髪に対するトラブルはあまり感じられない方などにおすすめといえるでしょう。

髪が強い人はノンシリコンの方がよい場合も多いです

ノンシリコンシャンプーに適している髪の毛や頭皮状況などもあります。

髪の毛や頭皮に大きな負担がかかっていない人は、ノンシリコンシャンプーが適している可能性が高いです。

具体的に言えば、紫外線や雨、風で汚れにくい、皮脂が少ない人などが挙げられます。

なぜかというと、髪の毛への負担が少なければシリコンの力に支えてもらう必要が少なくなるからといえるでしょう。

他にも髪の毛が細い人や薄い人の場合、髪の毛にシリコンがつくと重くなる可能性が考えられるのです。

髪の毛のコシが弱くなってしまうので、ますます症状を悪化させる可能性も否めません。

ただ育毛という大きな観点で考えた場合、シリコンかノンシリコンかというよりも、界面活性剤に注意した方がよいという部分は無視できないでしょう。

ノンシリコンより安価なシャンプーは、洗浄力の強い石油系の合成界面活性剤が使われていることが多いからです。

石油系合成界面活性剤は強力に汚れを取り除きますが、必要な皮脂も取り除くため、乾燥や逆に過剰な皮脂分泌が起きる可能性があるといわれています。

そのため頭皮に優しいシャンプーやトリートメントを使用したいなら、アミノ酸系の自然由来成分が含まれたもの、そして髪質に合わせてノンシリコンかシリコンかを検討しましょう。

(まとめ)ノンシリコンのメリットやデメリットって何があるの?

1.ノンシリコンのメリットデメリットは髪の軽さやきしみなどが挙げられます

シャンプーはシリコン入りでもノンシリコンでもそれぞれメリットやデメリットがあります。

頭皮や頭髪について考えるのであれば、メリットやデメリットも理解して総合的なケアを行うことが大切です。

2.シリコン、ノンシリコンにもメリットとデメリットがあります

ノンシリコンシャンプーにもメリットやデメリットがあります。

ノンシリコンはシリコンによるコーティングができませんが、ナチュラルな髪の毛を考える人にはよいでしょう。

基本的には髪の毛や頭皮環境に合わせて使い分けることが大切です。

3.髪の軽さやカラーリングをする前はノンシリコンの方がよい場合があります

シリコンは髪の毛に薬剤が浸透しづらいという話もあるので、カラーリングをする人はノンシリコンの方がよいでしょう。

またノンシリコンはシリコンによる影響が少ないため、軽やかな髪の毛にすることが期待できます。

4.髪が強い人はノンシリコンの方がよい場合も多いです

髪の毛にダメージが少ない人はノンシリコンの方がよい可能性もあります。

また髪の毛が細い人、弱い人もノンシリコンの方がよいでしょう。

他にもノンシリコンより安いシャンプーの場合、刺激の強すぎるシャンプーが多いと言われているので、注意が必要です。