フケやかゆみがあるなら頭皮環境はかなり悪いです


フケやかゆみが生じる場合、頭皮環境が悪化している可能性があります。

頭皮はとてもデリケートな部位ということを忘れてはいけません。

なぜならば汗腺や皮脂腺などが多くある部位なので、汗や皮脂で汚れやすいことが考えられるからです。

そのため髪をきちんと洗わなければ、頭皮環境が悪化し新陳代謝も乱れるため、かゆみやフケが生じるのは、不思議なことではありません。

また頭皮環境にシャンプーが合っていない場合でも、さまざまなトラブルが起きやすいです。

フケやかゆみが生じた場合、シャンプーを使用してゴシゴシと丹念に髪を洗ったとします。

しかし必要以上に皮脂を取り除くと、頭皮が乾燥してしまうことで肌が敏感になり、フケやかゆみが生じることも考えられます。

また頭皮がかなり乾燥してしまうと、その異常に対し皮脂が過剰分泌されやすくなるとも考えられているのです。

とくにシャンプーを変えたら、フケやかゆみが生じるようになったと感じられる人は注意した方がよいでしょう。

そのためシャンプー選びは慎重にした方がよいのです。

またシャンプー選びで考えたいのは、シリコン入りとノンシリコンという分け方です。

フケやかゆみが生じるということで考えると、シリコンは保湿力の高い油分が使われているものもあります。

このことを考えると、皮脂が過剰な人は、頭皮への影響を考えてノンシリコンにした方がよい場合もあるでしょう。

シリコンやノンシリコンは髪の毛や頭皮状況により使い分けましょう

シリコンは、髪の毛の汚れを落とすというより髪の毛をコーティングするという面でよいと言われています。

このためツヤのある美しい髪の毛を形成したいという人には向いています。

ただシリコンは人工のものであって、天然の成分ではありません。

そして洗髪をした後に、きちんとすすがなければ残ることになり、それがかゆみやフケの原因の一つになるとも言われているのです。

しかしかゆみやフケはシャンプーだけが原因とは言い切れないことろもあります。

髪の毛を長期間洗わないことはもちろん、ストレスや皮脂の過剰分泌、暴飲暴食や不規則な生活をしている人も、頭皮環境が悪化してフケやかゆみが生じる一因となるからです。

フケやかゆみが生じるということは、頭皮環境がかなり悪化しており、新陳代謝も多く乱れていると考えられるため、結果として薄毛や抜け毛につながることも否定できません。

シリコンかノンシリコンという面でシャンプー選びを考えた場合、基本は自分の髪質に合ったものを選ぶとよいでしょう。

たとえば髪の毛へのダメージを抑えたいなら、シリコンで守るという考え方もあります。

シリコンのような成分に頼るのではなく、もっとナチュラルな髪にしたいという人はノンシリコンが適しているとも言えるでしょう。

また頭皮が乾燥してフケやかゆみが生じているなら、シリコン入りがよい場合もあります。

ノンシリコンでない安価なシャンプーは界面活性剤に注意が必要です

シャンプーでフケやかゆみが生じる場合、シリコンとノンシリコンにこだわることも大切ですが、フケやかゆみを考える場合、界面活性剤に注目した方がよいでしょう。

たとえば石油系の合成界面活性剤が含まれている安価なシャンプーなどには注意が必要です。

汚れを落とすという意味では期待できるのですが、必要以上の皮脂なども洗い流してしまうため、頭皮環境の悪化につながるとも言われているからです。

過剰に皮脂が分泌されている人ならちょうどよいという場合もありますが、乾燥しやすい人にとっては、余計に症状を悪化させる可能性もあります。

頭皮が乾燥することでもターンオーバーが乱れるため、乾いたフケや刺激に対し敏感になったことで、かゆみが生じるとも言われているのです。

頭皮や髪の毛に優しいシャンプーやトリートメントを選ぶ時は、状況に合わせてシリコンやノンシリコンを考え、界面活性剤に関してはアミノ酸系シャンプーを使用するというのもフケやかゆみ対策にはよいと言えるでしょう。

シャンプーが合っていないことが原因の一つとして考えられます


頭皮のべたつきはシャンプーが頭皮に合っていない可能性も考えられます。

このべたつき原因の一つとして、シャンプーの成分が合っておらず頭皮環境が悪化した結果での皮脂の過剰分泌が考えられるからです。

この皮脂の過剰分泌を引き起こすのは、シリコン、ノンシリコン以前に洗浄力の強いシャンプーが考えられるでしょう。

洗浄力の強いシャンプーを使用すると、皮脂をキレイに洗い流すことが期待できます。

しかし皮脂は皮膚を外部の刺激から守るバリア的な役割の一つと考えられているのは無視できません。

そのため洗浄力の強すぎるシャンプーで洗い流せば、頭皮はバリアがなくなった状態となりますから頭皮環境の悪化につながると考えられるのです。

また不足した皮脂を補おうと、頭皮が皮脂を分泌させるという説もあります。

結果皮脂により、頭皮のべたつきが生じることが考えられるのです。

ではどんなシャンプーを使用すればよいのかと言えば、頭皮に優しいシャンプーと言えます。

もっと言えばノンシリコンでアミノ酸系の界面活性剤が使われたものがよいでしょう。

アミノ酸系やノンシリコンシャンプーは、頭皮への負担が少なく、皮脂を過剰に洗い流すことを防ぐと考えられるからです。

頭皮のダメージが少ないため、健康的な状態を維持する助けとなるでしょう。

ただ髪のきしみが気になり、サラサラヘアを維持したいというのなら、シリコンシャンプーという選択肢もありえます。

しかし洗浄力の高い界面活性剤は避けた方が無難でしょう。

自分の頭皮や髪の毛の状況により使い分けることが大切なのです。

すすぎが甘ければ頭皮環境の悪化につながります

洗浄力の強い界面活性剤がべたつきを生じさせる原因の一つと言えます。

しかしシャンプー選びで気になるもう一つの成分としては、シリコンが挙げられるでしょう。

シリコンとノンシリコンではべたつきに関して、どのような違いがあるのでしょうか。

シリコンは髪をコーティングする働きがあるため、ツヤやサラサラとした髪質にしたいという人には向いています。

しかしシリコンが髪に残ってしまうと、そこから頭皮トラブルにつながりべたつきが生じる可能性があるのです。

そのためシリコンを含むシャンプーを使用する際には、髪を洗った後、きちんと洗い流すことを徹底することが大切でしょう。

またノンシリコンシャンプーでも石油系界面活性剤などが使用された商品もあります。

ノンシリコンシャンプーは良くても洗浄力が強い成分が含まれていれば、結果として頭皮のべたつきを引き起こすことも考えられるでしょう。

基本的にシリコンかノンシリコンかは頭髪や頭皮環境に合わせた使い方を考えた方がよいです。

ノンシリコンの場合、天然の髪の毛にしたいという人には適しているでしょう。

シリコンに関しては、自分の髪質によいものを選ぶ必要があるのです。

頭皮への負担を少なくしたいならノンシリコンの方がよい場合もあります

ノンシリコンシャンプーは皮膚に優しいという面ではよいと言えます。

そのためノンシリコンのシャンプー、あるいはトリートメントでも、皮脂の過剰分泌が起きてべたついているなら利用を検討してもよいと言えるでしょう。

ただノンシリコントリートメントを使用する時には、頭皮に使わないことが大切です。

あくまで、トリートメントは髪の毛に塗るものであり、頭皮で使用すると頭皮環境が悪化して、べたつきの原因になる可能性も否定できません。

またシャンプーと同じくトリートメントもノンシリコンだからと言って、すすぎをいい加減にするのは止めましょう。

もちろんきちんと髪を乾かすことも大切です。

このように頭皮のべたつきが気になるのでしたら、髪質に合わせてシリコンかノンシリコンかを選ぶようにしてみてください。

ただ極端に髪の毛が傷んでいる場合、ケアを考えるならシリコンの方がよい場合もあるのは忘れないようにしましょう。

またシリコンでもノンシリコンでも界面活性剤はアミノ酸系の優しいシャンプーを使うのがおすすめです。

頭皮環境を整えるにはアミノ酸系界面活性剤の方が、刺激が弱いことが理由として言えるでしょう。

(まとめ)髪の毛のべたつきにはノンシリコンがよい?

1.べたつきは頭皮や頭髪状況に合わせてノンシリコンにするかどうか選びましょう

頭皮のべたつきは皮脂の過剰分泌が考えられます。

その原因への対策としては、アミノ酸系でノンシリコンシャンプーの方が、負担は大きくならない可能性が高くなるでしょう。

ただ頭皮状況によっては、シリコンシャンプーを使うという選択肢もあります。

2.シャンプーが合っていないことが原因の一つとして考えられます

頭皮のべたつきは皮脂の過剰分泌が考えられます。

皮脂の過剰分泌は、シャンプーが原因の一つになっている場合もあるので注意しましょう。

ノンシリコンシャンプーは比較的、頭皮に優しいと言われていますが、状況によればシリコンの方がよい場合もあります。

3.すすぎが甘ければ頭皮環境の悪化につながります

シリコンは髪をコーティングしてツヤを出しサラサラヘアにしたい人に向いています。

ノンシリコンはナチュラルな髪を志向する人に向いています。

ただ石油系界面活性剤が含まれている場合もあるので気をつけましょう。

4.頭皮への負担を少なくしたいならノンシリコンの方がよい場合もあります

ノンシリコンシャンプーできしみ感があるなら、トリートメントも使用するとよい場合もあります。

トリートメントもノンシリコンを使用することで、きしみをカバーできるからです。

トリートメントも頭皮に残らないようにきちんとすすぎましょう。