ダメージケアを考えるとノンシリコンかシリコンが含まれているのかより、刺激の強い界面活性剤に注意が必要です


頭皮や頭髪のダメージケアという観点から考えた場合、ノンシリコンが無難という話もあります。

ただシャンプーということで考えると、頭皮にダメージを与えるのはシリコンの有無より、洗浄力の強い界面活性剤が使われているかどうかの方が重要となります。

シリコンでもノンシリコンでも、市販されている安価なシャンプーの場合、洗浄力の強い界面活性剤が含まれていることが多いです。

どうしてダメージケアにならないかというと、頭皮の健康状態を維持するために必要な皮脂や常在菌まで洗い流すことが考えられます。

ただ髪の毛のダメージケアに関して言えばシリコンシャンプーの方がよい場合もあり、目的に合わせて使い分けましょう。

ダメージケアを考えるならシャンプーにも注意しましょう

育毛ということを考えた場合、頭皮や頭髪のダメージケアには十分な配慮が必要です。

不健康な頭皮の場合、皮脂が過剰分泌されていない、炎症やできものなどが生じていないなど考える必要が出て来ます。

またフケやかゆみの有無も考える必要があるでしょう。

もし頭皮の環境が悪ければ、髪の毛も薄く細いものになる可能性が高く、強さやしなやかさもありませんから、抜け毛もひどくなることが考えられるのです。

では頭皮のダメージケアをするためには何が必要かというと、その対策の一つに、シャンプーなどのヘアケア用品を考える必要があります。

シャンプーは髪の毛や頭皮の汚れを取り除き、健康的な皮膚状態を保つため、一般的に使用されているものです。

ただどんなシャンプーでも、同じような効果が期待できるわけではありません。

たとえば洗浄力の強すぎる界面活性剤が含まれていると、必要な皮脂まで洗い流すため、頭皮の乾燥、あるいは逆に皮脂の過剰分泌を招くことが知られています。

そこを踏まえた上で、シリコンか、ノンシリコン、どちらが自分の頭髪や頭皮に合っているかを考えましょう。

ノンシリコンはシリコンが含まれていないので、頭皮に残るようなことがありません。

また髪の毛でいうと、大きなダメージをケアしたい人はシリコンの方がよい場合もあります。

つまり自分の状況に合わせて選ぶことが重要です。

ノンシリコンは自分の頭髪や頭皮に合わせて検討しましょう


一般的なシャンプーにも含まれているシリコンは、髪の表面をなめらかにするため、手触りが良くなる働きがあります。

髪の摩擦を予防する働きがあり、傷みの補修もするコーティング剤と考えればよいでしょう。

しかし洗髪後にきちんとすすぎをしなければ、頭皮に残り、頭皮環境を悪化させる原因の一つになると言われているのは無視できません。

一方のノンシリコンシャンプーはシリコンが入っていません。

そのため頭皮にシリコンが残ることによる、頭皮環境の悪化対策ができると言われているのです。

頭皮のダメージケアという観点から考えると、ノンシリコンシャンプーの方が優しいという考え方もできるでしょう。

またノンシリコンシャンプーは、パーマや、カラーリングをする人に合っていると言われることがあります。

これはシリコンシャンプーの場合、コーティングされている状態になっていますから、薬剤が髪の毛に浸透しづらいと言われていることが理由の一つとして挙げられるでしょう。

シャンプーを選ぶ場合には、自分の髪質や頭皮に合わせた使い分けをすることが大切です。

ボリュームがあり、切れ毛や枝毛が多くなっている人はシリコンシャンプーを選んでもよいですし、短髪な人ならノンシリコンでもよいでしょう。

ダメージケアを考えるなら界面活性剤に注意しましょう

髪の毛や頭皮のダメージケアを考える場合、ノンシリコンに着目するだけではなく洗浄成分についても考える必要があります。

ノンシリコンと謳っていても、石油系や合成界面活性剤などの洗浄力が強い成分が含まれていると、頭皮に強い刺激を与えることがあるからです。

洗浄力が強いと汚れがたくさん落ちて、頭皮によいのではないかと考える人もいるでしょう。

しかし皮脂やマラセチア菌などは大量にあると頭皮のダメージになりますが、少なすぎることで、頭皮の乾燥や大量のフケを招く原因の一つになると言われているからです。

そうなると頭皮に健康的な髪の毛が生えてくるのは難しくなります。

そのためシャンプーを選ぶ時には、自分の頭皮環境に合わせて、ノンシリコンかどうか、成分は天然のものか、石油系合成界面活性剤であるラウリル硫酸Naやラウレス硫酸Naが含まれていないかチェックする必要があるでしょう。

とくにダメージケアを考えている人は、界面活性剤に注目が必要です。

そして頭皮に優しいアミノ酸系界面活性剤を基準にして、シャンプーやトリートメント選びをするのがよいでしょう。

(まとめ)頭皮のダメージケアはノンシリコンの方がよい?

1.ダメージケアを考えるとノンシリコンかシリコンが含まれているかというよりも、刺激の強い界面活性剤に注意が必要です

頭皮のダメージケアを考えた場合、ノンシリコンかどうかより界面活性剤に注目しましょう。

洗浄力の強い界面活性剤を使用することで、必要な成分まで洗い流すことが頭皮のダメージにつながるからです。

2.ダメージケアを考えるならシャンプーにも注意しましょう

ダメージケアを考える時には、シャンプーといったヘアケア商品にも注意が必要です。

注意したいポイントは、石油系合成界面活性剤ではないかを確かめる必要があります。

またノンシリコンかシリコンについては、頭皮環境に合ったものを選びましょう。

3.ノンシリコンは自分の頭髪や頭皮に合わせて検討しましょう

ノンシリコンシャンプーはシリコンが入っていないので、頭皮にシリコンが残らないというメリットがあります。

またカラーやパーマの前は、シリコンの影響がないのでよいとも言われています。

ボリュームをアップしたいという人もノンシリコンがよいでしょう。

4.ダメージケアを考えるなら界面活性剤に注意しましょう

ノンシリコン以外では、石油系の合成界面活性剤には注意が必要です。

洗浄力が高い分、刺激が強いのでダメージケアという部分では少し不安があるでしょう。

ノンシリコンシャンプーだったとしてもその点は確認が必要です。