ノンシリコンは単純にシリコンが含まれていないという違いがあります


シリコンとノンシリコンの違いは単純にシリコンが入っているか、入っていないかということです。

シリコンは人工物であり、髪の毛をコーティングして守ったり手触りをよくしたりするというメリットがあります。

ノンシリコンは自然の髪の毛にこだわる人に向いていると言えます。

また軽さを感じさせるふわっとした髪の毛にしたい、ボリュームを増やしたいという人にもよいと言えるでしょう。

シリコンとノンシリコンの違いは、シリコンが含まれていないかどうかで期待できる効果も変わってきます。

シリコンとノンシリコンは頭皮環境に合わせて使い分けましょう

シャンプーを選ぶ時には、自分の頭皮環境に合わせてシリコンかノンシリコンかも考えましょう。

シリコンとノンシリコンでは、髪や頭皮への影響が変わるからです。

シリコンは人工的な成分であり、シャンプーをはじめ化粧品にも含まれています。

このシリコンが含まれたシャンプーは、髪をコーティングするという特徴があり、シリコンによってコーティングされた髪の毛は撥水性をもつため、水や汗を弾くようになるのです。

このためシリコンが含まれていれば、キューティクルが剥がれるのを予防したり、柔らかくてサラサラの髪の毛にしたりするというメリットがあります。

一方ノンシリコンは、単純にシリコンが入っていないものと考えればよいでしょう。

シリコンのメリットを見れば、シリコンが魅力的に感じる人は多いかもしれません。

しかしノンシリコンは、洗い上がりが自然であり、汚れが落としやすくなるというメリットがあるのです。

またパーマやカラーリングをする方にとっては、シリコンの影響が少ないため薬剤が浸透しやすいという大きなメリットがあります。

このようにシリコンとノンシリコンは大きな違いがあるのは理解しておいた方がよいでしょう。

シリコンもノンシリコンもメリットを理解して使いましょう


シリコンは育毛という観点から考えると少し気になる点があります。

それは、髪の毛や頭皮に残ることにより、抜け毛や細毛などの問題が生じるとも言われていることです。

またシリコンにアレルギーを持っている人にとっては、頭皮のかゆみが生じる場合もあるので注意が必要でしょう。

そのためシリコンシャンプーを使用する際には、きちんとすすぐ必要があるのです。

一方のノンシリコンシャンプーは、シリコンが含まれていませんので、シリコンの影響が気になる人にとっては大きな選択肢となります。

またふわっとした髪の毛にしたい人もノンシリコンシャンプーの方がよいと言われています。

これは、シリコンシャンプーだとシリコンによって重くなることが関係すると考えられているのです。

そのためふわっとしたヘアスタイルにしたい場合、シリコンシャンプーを使用すると、ぺしゃっと少し重たさを感じさせる髪の毛になります。

ただ髪のサラサラ感を維持したいという場合は、シリコンという選択肢も否定できるものではありません。

髪や皮膚の状況と相談して使い分けることが重要です。

ノンシリコンシャンプーでも界面活性剤に注意しましょう

ノンシリコンシャンプーは、髪の毛だけではなく、頭皮にも優しいと言われています。

それはやはりシリコンが頭皮に残らないことが理由として考えられるでしょう。

シリコンはそもそも汚れを落とすという観点から見ると、シャンプーには必要な成分とは言えないという考え方もできます。

またシリコンは頭皮に残ることで、頭皮環境の悪化につながることも考えられるでしょう。

頭皮の健康的な状態を保つということを考えるなら、ノンシリコンの方が安全な可能性は高いと言えるのです。

しかし注意しなければならない点として、ノンシリコンシャンプーならどんな場合でも頭皮環境に対して絶対よいというものではないということです。

ノンシリコン自体はよくても、洗浄力の強い界面活性剤が含まれているシャンプーなどもあります。

洗浄力の強すぎるシャンプーの場合だと、ノンシリコンだとしても頭皮環境の悪化につながることも考えられるのです。

そのためノンシリコンだけではなく、洗浄力が強すぎないかどうか、頭皮に良い成分が他にも含まれているかどうかを考える必要があるでしょう。

育毛を考えてシャンプーを選ぶときは、ただ一つの成分だけではなく、自分の頭皮環境に合わせて総合的に判断することが大切であり、そうすることでよりよい頭皮環境の形成が期待できるのです。

(まとめ)シャンプーのノンシリコンとシリコンの違いって何?

1.ノンシリコンは単純にシリコンが含まれていないという違いがあります

シリコンとノンシリコンの違いは、シリコンが含まれていないかどうかの違いと考えればよいでしょう。

ただノンシリコンもシリコンも、それぞれのメリットがあります。

自分の頭髪や頭皮環境に合わせて使い分けましょう。

2.シリコンとノンシリコンは頭皮環境に合わせて使い分けましょう

シリコンかノンシリコンかは、頭皮や頭髪環境に合わせて考えましょう。

シリコンは髪をコーティングすることができるため撥水性のあるサラサラとした髪になるという特徴があり、ノンシリコンは自然な洗い上がりやカラーがしやすくなるなどメリットがあります。

3.シリコンもノンシリコンもメリットを理解して使いましょう

シリコンにアレルギーがある人は避けた方がよいでしょう。

しかしシリコンもノンシリコンもきちんとすすぐことは共通して大切です。

ただシリコンの方が、残りやすいと言われているのでとくに気をつけましょう。

4.ノンシリコンシャンプーでも界面活性剤に注意しましょう

ノンシリコンシャンプーだとしても、本当に頭皮の安全を守りたいなら他の成分もチェックが必要です。

洗浄力の強い界面活性剤を使用しているなら、ノンシリコンでもトラブルの原因の一つになるので気をつけましょう。