ノンシリコンシャンプーは、髪を元気にできる効果があります


ノンシリコンが良さそうという話はよく聞くけれど、どんな風に良いのかな?と気になりますよね。

ノンシリコンシャンプーを使うと、具体的にどのような効果があるのでしょうか。

ノンシリコンシャンプーは、その名の通り「シリコン」が含まれていないシャンプーです。

シリコンが含まれていないので、髪が重たくならず、サラサラして自然なボリュームがでます。

またシリコンに頼らないため、本来のツヤや美しさを取り戻そうと、髪が良い方向へ変化していくといわれています。

そのため健康的な髪の毛になることが多いです。

またトリートメントやコンディショナーの効果も浸透しやすいので、より健康的な髪の毛を作り出すことができます。

ただしノンシリコンシャンプーを使い始めたからといって、すぐに効果がでるわけではありません。

髪質の改善には時間がかかります。

シリコン入りと、ノンシリコンの違いは「コーティング」です

シリコンとは髪のキューティクルを守ったり、髪にツヤを出して手触りをよくしたりするためにシャンプーに含まれている人工的に作られたコーティング剤です。

シリコンは、医療品や日用品にも使用されているため、頭皮に悪いというものではありません。

しかし髪をしっかりと保護するため、そこについた汚れの落ちが悪くなってしまうといわれます。

そこでシャンプーの洗浄力を強くしてあるケースが多いのが問題点です。

また表面を保護しているので、カラーリングやパーマも効きにくくなってしまいます。

逆にノンシリコンシャンプーは、シリコンによるコーティングがされていませんので、穏やかな洗浄成分を使用していることが多く、頭皮に優しいのが特徴です。

またコーティング剤が含まれていないため、髪がしっとりと重たくなる印象がありません。

そのため自然で、軽やかなボリュームのある髪型を作りやすいことが多いです。

パーマやカラーなどの薬液も染み込みやすいので、効果が持続しやすいというメリットもあります。

しかしノンシリコンだからといって自分の髪に合うとは限りません。

シリコンの有無だけで選ぶのではなく、洗浄成分などもしっかりと確認をし、自分の髪の毛に合うシャンプーを選ぶように心がけてください。

ドライヤーなどの熱に気をつけましょう


ノンシリコンということは、髪の表面がシリコンで保護されていないということになります。

そのためドライヤーなどの熱を浴びすぎると、髪に直接ダメージを受けてしまう可能性が高まってしまうのです。

せっかく健康的な髪を目指していても、熱で外部からダメージを受けてしまっては意味がありません。

そのためノンシリコンシャンプーを使っている場合は、ドライヤーやヘアアイロンを使用する前に、アウトバストリートメントなどの髪を保護するケア製品と併用することがおすすめです。

またノンシリコンシャンプーを使っていると髪の表面にコーティングがされていないので、きしみやパサつきを感じることが多い傾向があります。

そのため保湿成分の高いトリートメントを選ぶと更に効果的です。

トリートメントなどを使用する際は、髪だけにつけるようにし、頭皮には触れないように気をつけてください(説明書にしたがってください)。

頭皮についてしまうと、刺激になって頭皮がダメージを受けてしまうことがあります。

効果がでるまで、少し時間がかかることがあります

ノンシリコンシャンプーに変えると、頭皮が健康になるため、髪本来の美しさを取り戻せることが多いです。

しかしシャンプーを変えたからといって、すぐに髪の毛が変わるわけではありません。

健康な髪の毛を作るためには、まず頭皮を健やかな状態にする必要があります。

頭皮の一般的なターンオーバー周期は28日というのが一般的です。

しかし年齢や睡眠不足など生活の乱れがあると、更に周期が長くなることもあります。

そのためシャンプーをノンシリコンに変更したあと、しばらくは髪の毛の状態が悪化したように感じてしまうこともあるかもしれません。

良質な睡眠、髪に良い栄養など、健康的な髪を作るために必要な準備をする努力も並行していくと良いでしょう。

(まとめ)ノンシリコンシャンプーってどういう効果があるの?

1. ノンシリコンシャンプーは、髪を元気にできる効果があります

ノンシリコンシャンプーは、その名の通り「シリコン」が含まれていないシャンプーです。

髪がシリコンでコーティングされていませんので、仕上がりが軽やかな感じになり、自然なボリュームがでます。

また健康的な髪になることが多いです。

2. シリコン入りと、ノンシリコンの違いは「コーティング」です

シリコンは髪のキューティクルを守ったり、手触りをよくしたりするコーティング剤です。

髪をシリコンで保護することはメリットもある反面、デメリットも生じます。

シリコン入り、シリコンなし、それぞれの良さがあるので髪に合ったものを選びましょう。

3. ドライヤーなどの熱に気をつけましょう

ノンシリコンということは、髪の表面がシリコンで保護されていないことになります。

そのため熱などのダメージに弱くなりがちです。

ノンシリコンシャンプーを使う際は、アウトバストリートメントなどを使用して、髪の表面を保護してあげましょう。

4. 効果がでるまで、少し時間がかかることがあります

ノンシリコンシャンプーに変えると、髪が健康的になっていくことが多いです。

ただし頭皮のターンオーバーの周期は人によって異なります。

そのため効果が感じられるまで、髪の状態が悪化したように感じるかもしれません。