ノンシリコンとは、成分にシリコンが含まれていないものです


最近、シャンプー売り場には「ノンシリコン」と表記された商品が増えています。

なんとなく髪に良いようなイメージをお持ちの方が多いようですが、ノンシリコンだと何が良いの?シリコン入りはダメなの?という部分が気になるところかもしれません。

ノンシリコンシャンプーとは、成分にシリコンが含まれていないものを指します。

シリコンは髪の表面をコーティングして手触りを良くしたり、ツヤ感を出したりしてくれるための成分です。

しかしシリコンが含まれているとしっとりと重たい髪になりがちに。

近年は軽やかな仕上がりの髪が好まれる傾向があるため、ノンシリコンの商品が増えているのかもしれません。

どちらのシャンプーにも、メリットとデメリットが存在しています。

そのためシリコンの有無だけで選ぶのではなく、含まれている成分を確認して、今の自分の髪質に合ったものを選ぶと良いでしょう。

シリコンは「悪いもの」ではありません

「シリコンは頭皮につまる」「シリコンは髪に良くない」といったマイナスのイメージを持たれがちですが、実際のところシリコンは人体にとって危険なものではありません。

それどころかシリコン(Silicone、ケイ素樹脂)は日用品や医療用品にも使用されるほど安全性が高いものです。

そのためシリコン入りのシャンプーを使ったからといって、頭皮や髪にダメージが与えられたということはありません。

現在も多くのシャンプーに含まれていて、ノンシリコンシャンプーに比べると安価なために使っている方も多いのではないかと思います。

シリコンは髪の表面をコーティングすることで髪同士の摩擦を防いでくれたり、傷ついたキューティクルを保護したりする役割を果たしています。

またコーティングをするため、しっとりとしたツヤのある髪を作ることが可能です。

ノンシリコンシャンプーの2つのメリット


シリコン入りより高価ものが多いノンシリコンシャンプーですが、なぜ人気があるのでしょうか。

  • パーマやカラーリングの薬剤が浸透しやすい

    シリコンは髪の表面に膜を作って保護する半面、表面がコーティングされているので、パーマやカラーリングの薬剤が浸透しにくいというデメリットがあります。

    しかしノンシリコンシャンプーの場合は、余分な膜が張られません。

    そのためパーマやカラーリングの薬剤が浸透しやすくなります。

    また同じ理由で、トリートメントの有効成分が浸透しやすくなりますので、効果が出やすくなります。

  • 弱い洗浄成分でも汚れが落ちやすく、軽い仕上がりになる

    良質なノンシリコンシャンプーの場合、使っている人の髪にはシリコンの膜がありませんので、汚れを落とすために強い洗浄成分は必要ありません。

    そのため比較的、洗浄成分が弱めの低刺激タイプが多い傾向があります。

    またシリコン入りのシャンプーは、髪の表面にシリコンで膜を作るため手触りは良いのですが、しっとりと重たい感じになりがち。

    しかしノンシリコンシャンプーの場合は、自然な軽い仕上がりになります。

    最近は、軽い雰囲気の髪型が流行ということもあって、軽やかなふんわりとした髪型を作りやすいノンシリコンシャンプーは人気があるようです。

ノンシリコンシャンプーにもデメリットがあります

メリットが多いように見えるノンシリコンシャンプーですが、当然デメリットも存在しています。

一番の問題は、すでに髪がひどいダメージを負っているケースです。

シリコンシャンプーには髪をコーティングすることで摩擦を減らしたり、キューティクルの乱れを保護してくれたりする働きがあります。

しかしノンシリコンシャンプーには、それらの効果がありませんので、髪同士が絡まり合ったり摩擦でダメージが出たりしてしまうことも多いのです。

そのた、すでにダメージがひどい場合、ノンシリコンシャンプーに変えたら、かえってダメージが悪化してしまったという話にもなります。

そのためシリコンの有無だけでなく、今の髪の状態を考えてシャンプーを選ぶのが良さそうです。

(まとめ)ノンシリコンのシャンプーは、今までのものとはどう違うの?

1. ノンシリコンとは、成分にシリコンが含まれていないものです

ノンシリコンシャンプーは、成分にシリコンが含まれていないシャンプーです。

髪をコーティングするシリコンが含まれていないため、軽やかな洗い上がりになります。

シリコン入り、ノンシリコンと、シャンプーそれぞれに利点と欠点があるので髪に合わせて選ぶと良いでしょう。

2. シリコンは「悪いもの」ではありません

ノンシリコンが髪に良く、シリコンが髪に悪いというものではありません。

シリコン(Silicone)は日用品や医療品にも使用される安全なものです。

シリコンシャンプーは髪の表面をコーティングするので、使用すると摩擦から保護してダメージを防いだり、指通りの良い髪になったります。

3. ノンシリコンシャンプーの2つのメリット

ノンシリコンシャンプーを使用する人の髪にはシリコンの膜が表面にありませんので、薬剤やトリートメントの効果が浸透しやすいメリットがあります。

また膜で覆われていない分、強い洗浄成分が必要ありません。

そのため比較的低刺激なシャンプーが多い傾向があります。

4. ノンシリコンシャンプーにもデメリットがあります

ノンシリコンシャンプーにも、デメリットがあります。

表面がコーティングされていないため、髪同士の摩擦が増えます。

そのためダメージがひどい髪の場合、更に悪化してしまうこともあるでしょう。

シリコンの有無だけでなく、髪の状態に合わせたシャンプーを選びましょう。