髪のパサつきの原因は、頭皮の栄養不足かもしれません


髪の毛は頭皮から生まれてきます。

頭皮が不健康な状態になっていると、そこから新しく生えてくる髪の毛も、パサつきなどのトラブルが気になる髪になってしまいます。

頭皮が不健康な状態になってしまう主な原因は、食生活や生活習慣の乱れです。

睡眠不足や栄養が不足した状態になってしまうと、頭皮の血行が悪くなり、健康な髪の毛を育てるのに必要な栄養が行き届かなくなってしまいます。

またシャンプーのし過ぎや、ドライヤーの間違った使い方なども乾燥を招く原因になっているかもしれません。

髪のパサつきが気になるようになったら、生活習慣、食生活、シャンプーやドライヤーの方法などを見直してみることをおすすめします。

食生活や生活習慣を見直してみましょう

頭皮が健やかな状態でいることが、髪の乾燥を防ぐ一番の近道になります。
そのためには、食生活や生活習慣の見直しが重要です。

食生活の見直し

髪はケラチンというタンパク質で構成されています。

そのため健康な髪の毛を育てるためには、良質なタンパク質を積極的に摂取しましょう。

ただし食事で摂取したタンパク質が、そのままケラチンになって髪を作るわけではありません。

体内で一度、タンパク質はアミノ酸に分解され、その後18種類ものアミノ酸が再合成してケラチンが作られます。

アミノ酸を再合成してケラチンを作るためには、亜鉛やビタミン群なども重要です。

バランスの良い食事を心がけましょう。

生活習慣の見直し

睡眠不足や喫煙、過度の飲酒は、頭皮の健康状態や髪の発育に大きな影響を与えます。

またストレスによる自律神経の乱れも、頭皮や髪にとって大きなダメージです。

髪を作る栄養素は血液を通じて頭皮まで運ばれるため、このような生活習慣の乱れで血行が悪くなると、必要な栄養が届かなくなります。

結果として健康な頭皮や髪の毛を作り出すことができなくなってしまうのです。

外的要因が原因になっている場合もあります


髪のパサつきの原因になっているものとして、外的要因も考えられます。

例えば、シャンプーのし過ぎによる皮脂不足、ドライヤーの熱による乾燥なども原因のひとつです。

また夏の紫外線が、乾燥の原因になっているケースも考えられます。

頭皮や髪の毛を、外的な刺激から守るように心がけましょう。

頭皮が乾燥する外的要因
  • シャンプーをし過ぎで、皮脂が不足している

    シャンプーは1日1回までにしましょう。

    またシャンプーの洗浄成分が強すぎる可能性があるので、洗浄成分が穏やかなアミノ酸系のシャンプーがおすすめです。

  • ドライヤーの熱

    ドライヤーの熱は頭皮や髪に大きなダメージを与えます。

    まずはタオルドライで、余分な水分を取ってからドライヤーを使用しましょう。

    またドライヤーは頭皮から10 cm以上離し、短時間で乾燥させることがベストです。

  • 紫外線によるダメージ

    頭皮は一番紫外線を受けやすい部分です。

    日傘、帽子、頭皮用の日焼け止めスプレーなどで保護しましょう。

  • パーマやカラーリング

    乾燥が気になる時は、頭皮がダメージを受けている時です。

    刺激が強いため、回復するまではパーマやカラーリングを避けるようにしましょう。

乾燥が気になる髪には、パサつき対策がおすすめです

髪の毛の乾燥が気になってしまったら、まずは上記の食事や生活習慣、外的要因を振り返ってみましょう。

そして原因を取り除くようにすると同時に、すでにパサついてしまった髪の毛をケアしていくことが大切です。

ダメージを受けてしまっている頭皮を健康な状態に戻すには、シャンプーの方法や種類を変えてみると効果的であることが多いです。

髪のダメージが強い時は、普段は問題のないシャンプーでも、洗浄力が強すぎる可能性があります。

そんな時は、アミノ酸が主成分になっている洗浄成分のシャンプーがおすすめです。

また頭皮の乾燥を防ぐために、オイルや頭皮用のローションを使用して、頭皮マッサージをしてあげると良いでしょう。

頭皮に潤いを補い、そしてマッサージすることで頭皮の血行が良くなるので、ダメージの回復が早まる傾向があります。

(まとめ)最近、髪のパサつきが気になる!何が原因になっているの?

1. 髪のパサつきの原因は、頭皮の栄養不足かもしれません

髪のパサつきの大きな原因は、頭皮の栄養不足かもしれません。

食事や生活習慣を見直し、頭皮に必要な栄養が届くように気をつけましょう。

またシャンプーのし過ぎや、間違ったドライヤーの使い方なども原因になっているかもしれません。

2. 食生活や生活習慣を見直してみましょう

髪の主成分はケラチンというタンパク質です。

健康な髪を育てるために、必要な栄養をしっかり摂取する必要があります。

また生活習慣が不規則だと血流が悪くなり、必要な栄養が頭皮まで届かなくなるので注意が必要です。

3. 外的要因が原因になっている場合もあります

髪のパサつきは、外的な原因も考えられます。

シャンプーのし過ぎで皮脂が不足していたり、ドライヤーの熱や紫外線によるダメージを受けていたりすることも。

またパーマやカラーリングなども頭皮にダメージを与えるので、気をつけましょう。

4. 乾燥が気になる髪には、パサつき対策がおすすめです

髪の乾燥が気になりだしたら、食事や生活習慣の見直しはもちろん、同時にダメージケアをしていくと良いものです。

低刺激なアミノ酸シャンプーに変更したり、頭皮のマッサージをして血流を促したりすることで回復が早まる可能性が高くなります。