髪質やシャンプーの洗浄成分によってきしむこともあります


髪によいと聞いて、ノンシリコンシャンプーを使ってはいるけれど、使い心地がいまひとつと感じている人もいるのではないでしょうか。

ノンシリコンシャンプーとは、髪の表面をコーティングするシリコンが配合されていないシャンプーのことです。

かつての市販シャンプーには、ほとんどの場合、このシリコンが配合されていました。

強力な洗浄力を持つ高級アルコール系といわれる洗浄成分が使われている場合、髪や頭皮へのダメージを減らすために、シリコンが配合されることが多いようです。

人工的につくられた油脂であるシリコンは、髪の表面をコーティングして保護し、指どおりをなめらかにしてくれます。

しかし近年、「自然派」「髪に優しい」というイメージで、市販のシャンプーでもノンシリコンが定番になりつつあります。

ノンシリコンのシャンプーの場合、髪のコーティング剤が配合されていないわけですから、洗髪直後に髪のきしみを感じることがあるようです。

最近では、シリコンの代わりに天然オイルなどを配合しているシャンプーも登場しています。

またノンシリコンシャンプーのシリーズ製品となるコンディショナーには、意外にシリコンが配合されているものもあるようです。

ノンシリコンシャンプーを使う際には、その洗浄成分や配合成分に注意したり、アウトバストリートメントなどを活用したりするとよいでしょう。

コーティング剤無配合の場合、髪がきしむことも

ノンシリコンシャンプーは、髪をコーティングするシリコンが配合されていないため、自然な洗い上がりやすっきり感を味わうことができるようです。

しかし洗髪後に、髪のきしみやパサつきを感じる人もいるかもしれません。

シリコンは人工的につくられた油脂で、髪の表面を保護し、ツヤ感やなめらかさを与えてくれる働きをします。

ノンシリコンシャンプーの場合は、このコーティング剤が配合されていない分、シャンプーの洗浄成分や髪質によっては、どうしてもきしみ感があらわれるようです。

ノンシリコンシャンプーの洗浄成分にもいろいろあり、市販品に多い高級アルコール系の場合は、洗浄力の高いシャンプーといえます。

アミノ酸系の洗浄成分なら、優しい洗い上がりで髪のきしみ感も軽減されるかもしれません。

ココイル・ラウロイル・アラニン・グルタミン酸などと表示されているものが、アミノ酸系洗浄成分です。

天然オイル配合のシャンプーもあります


アミノ酸系のノンシリコンシャンプーを使っても、髪のきしみやパサつき感が残る人もいるでしょう。

その場合は、あえてシリコン配合シャンプーを使ってみるというのも1つの方法かもしれません。

シリコンは、「毛穴に詰まる」とか「人工の成分だからダメ」といわれた時期もありましたが、シリコンだけが特別に毛穴に詰まったり、悪い影響を与えたりすることはないようです。

シリコン、ノンシリコンのシャンプーに関わらず、きちんと洗い流すことを習慣にしましょう。

自然な洗い上がりを求めてノンシリコンを選ぶ場合は、シリコンの代わりに天然オイルなどの髪を保護するコーティング成分が配合されているものを探してみるとよいかもしれません。

コンディショナーやアウトバストリートメントの活用

ノンシリコンシャンプーを標榜していても、実はセットのコンディショナーはシリコン配合であることも多いようです。

どうしてもシリコンを排除したい場合は、コンディショナーの成分表にも気を配り、ジメチコン、シクロメチコン、シクロペンタシロキサンなどのシリコン成分の名前をチェックするとよいでしょう。

しかし洗う時は、あくまでも自然にこだわってノンシリコンシャンプーを使った後、あえて毛髪だけを保護する目的でシリコン配合のコンディショナーを使うのも効果的といえるでしょう。

また髪のきしみやパサつきを軽減するために、アウトバストリートメントを活用することも1つの方法です。

ノンシリコンシャンプーの広まりに従い、ツバキやアンズ、ココナッツなどの天然オイルが配合された、洗い流さないトリートメントなどが多く登場しているようです。

(まとめ)ノンシリコンシャンプーは髪がきしむって本当?

1. 髪質やシャンプーの洗浄成分によってきしむこともあります

ノンシリコンのシャンプーの場合、髪のコーティング剤が配合されていないため、洗髪直後に髪のきしみを感じることがあります。

ノンシリコンシャンプーを使う際には、その洗浄成分や配合成分に注意し、天然オイル配合のものや、アウトバストリートメントを活用するとよいでしょう。

2. コーティング剤無配合の場合、髪がきしむことも

シリコンは髪の表面を保護し、ツヤ感やなめらかさを与えてくれます。

ノンシリコンシャンプーの場合は、シリコンが配合されていない分、シャンプーの洗浄成分や髪質によっては、きしみ感があらわれるようです。

アミノ酸系の洗浄成分なら、髪のきしみ感も軽減されるかもしれません。

3. 天然オイル配合のシャンプーもあります

アミノ酸系のノンシリコンシャンプーを使ってもなお、髪のきしみやパサつき感が残る場合は、あえてシリコン配合シャンプーを使ってみるというのも一つの方法かもしれません。

ノンシリコンを選ぶ場合は、髪を保護する天然オイルなどが配合されているシャンプーを探してみるとよいでしょう。

4. コンディショナーやアウトバストリートメントの活用

ノンシリコンシャンプーを使った後、髪を保護する目的でシリコン配合のコンディショナーを使うのも効果的といえそうです。

また髪のきしみやパサつきを軽減するために、アウトバストリートメントを活用するのも良いでしょう。

天然オイルを配合した、洗い流さないトリートメントも登場しています。