ノンシリコンシャンプーの洗浄成分が原因の場合もあります


最近定番となりつつあるノンシリコンシャンプー。

髪に人工的なコーティングをしないことで、自然な洗い上がりを実感でき、髪の健康を維持できると人気のようです。

しかし肌質や頭皮の状態によっては、ノンシリコンシャンプーが合わず、かゆみや炎症など頭皮のトラブルに発展してしまう恐れもあります。

ノンシリコンシャンプーと一口にいっても、文字どおり「シリコンが配合されていない」ということが同じだけで、髪に直接影響する「洗浄成分」はさまざまです。

強い洗浄成分が配合されている場合は「洗いすぎ」に、また洗浄成分が弱い場合には「洗い残し」につながることもあります。

ノンシリコンシャンプーを選ぶ際には、肌質や頭皮の状態をよく見直し、肌質にあったものを選択しましょう。

またノンシリコンシャンプーは、髪のコーティング剤が配合されていないため、コーティング効果が弱いものが多いようです。

洗髪後のヘアケアにも十分気を配り、ノンシリコンで洗い上げた後に髪の保湿や修復を忘れないようにしましょう。

ノンシリコンシャンプーの洗浄成分をみてみましょう

シリコンは合成樹脂の一種で、髪の表面をコーティングして手触りのよい髪にする効果があります。

ノンシリコンシャンプーは、この人工のコーティング剤が配合されていないものを差しますが、その洗浄成分はさまざまです。

たとえば「ラウレス硫酸塩(ラウレス硫酸Na)」は洗浄力の強い高級アルコール系成分です。

このような強力な洗浄成分で皮脂を落とし、なおかつコーティングもされないとなると、髪のパサつきや頭皮のかゆみなどが起こる恐れもあります。

髪や頭皮へのダメージを少なくするために、ココイルグルタミン酸、ヤシ油脂肪酸、ココイルアラニンなどのアミノ酸系洗浄成分が主成分となることも多いようです。

アミノ酸系シャンプーは髪や頭皮にやさしい成分ですが、人によっては洗い上がりに物足りなさを感じたり、余分な皮脂が残ってしまったりする恐れがあります。

肌質にあったシャンプーを選びましょう


自然な洗い上がりを期待してノンシリコンシャンプーを選ぶ際には、自分の肌質が乾燥肌なのかオイリー肌なのか、また現在の頭皮がどのような状態なのかを見極めるのがよいでしょう。

もともと肌や頭皮が乾燥しやすい人には、アミノ酸系のノンシリコンシャンプーがおすすめです。

皮脂をとりすぎないやさしい洗浄成分で、頭皮や髪の保湿を守ってくれそうです。

逆にオイリー気味の人は、アミノ酸系シャンプーでは余分な皮脂の洗い残しが頭皮トラブルにつながる恐れがあります。

頭皮の健康のために開発されたスカルプシャンプーなら、適度な皮脂を守りながら、すっきりした洗い上がりが期待できます。

アミノ酸系の洗浄成分を配合したノンシリコンタイプのスカルプシャンプー、というのが理想ということになるかもしれません。

洗髪後のヘアケアを心がけましょう

「シャンプーは洗うことが主目的ですから、その後のケアのほうが大切だと思います」という美容師さんもいます。

確かに、しっかり洗った後のヘアケアが重要といえるかもしれません。

ノンシリコンシャンプーの場合は、髪を保護するコーティングがない、あるいはごく弱い可能性があります。

アウトバストリートメントで髪の保湿や栄養を補うのは、たいへん効果的なことといえます。

また洗髪後は、タオルやドライヤーで髪と頭皮をすばやく乾かすことも大切です。

濡れたままの髪は傷みやすい上、頭皮も雑菌の繁殖しやすい環境となるからです。

シャンプーを替えてからかゆみや炎症が気になる場合は、他のシャンプーに替えてみるなど様子をみた上で、皮膚科などの専門医に相談してみるのもよいでしょう。

(まとめ)頭皮がかゆいのはノンシリコンシャンプーのせい?

1. ノンシリコンシャンプーの洗浄成分が原因の場合もあります

もともとの肌質や頭皮の状態によっては、ノンシリコンシャンプーが合わず、かゆみや炎症など頭皮のトラブルに発展してしまう恐れもあるでしょう。

強い洗浄成分が配合されている場合は「洗いすぎ」に、また洗浄成分が弱い場合には「洗い残し」につながることもあります。

2. ノンシリコンシャンプーの洗浄成分をみてみましょう

強力な洗浄成分で皮脂を落とし、なおかつコーティングもされないとなると、髪のパサつきや頭皮のかゆみなどが起こる恐れもあります。

アミノ酸系洗浄成分はやさしい洗い上がりですが、物足りなさを感じたり、余分な皮脂が残ってしまったりする恐れがあります。

3. 肌質にあったシャンプーを選びましょう

自分の肌質を見極めることが大切です。

肌や頭皮が乾燥しやすい人には、アミノ酸系のノンシリコンシャンプーがおすすめです。

オイリー気味の人は、スカルプシャンプーなら、適度な皮脂を守りながらすっきりした洗い上がりが期待できます。

4. 洗髪後のヘアケアを心がけましょう

ノンシリコンシャンプーの場合は、アウトバストリートメントで髪の保湿や栄養を補うのは、たいへん効果的なことといえます。

また洗髪後は、タオルやドライヤーで髪と頭皮をすばやく乾かすことも大切です。

かゆみや炎症が気になる場合は、専門医に相談してみるのもよいでしょう。