コーティング効果がない分「自然な洗い上がり」がよい点です


最近は、ノンシリコンシャンプーが急増しています。

ノンシリコンシャンプーは、基本的には、シリコンはもちろん髪をコーティングする成分が含まれていないことが多いため、やさしい自然な洗い上がりです。

しかし洗浄力は製品によって違いがあり、また人によって皮脂量も異なることから、ノンシリコンシャンプーを使うことで髪のパサつきを感じたり、逆に脂っぽさが気になったりすることもあるようです。

髪や頭皮によいといわれるノンシリコンシャンプーですが、髪質やヘアスタイルによって使い分けるのがよいでしょう。

「シリコンが入ったシャンプーは頭皮や髪によくない」といわれた時期がありましたが、その後の研究などでは、体や頭皮への直接的な悪影響はないといわれています。

シャンプーの成分として入っているシリコンは、油のような性質で、髪をコーティングしてしっとり落ち着いた髪にする働きをします。

髪を外側から守る働きをするので、毎日ヘアアイロンを使う人などには、シリコン配合のシャンプーはおすすめです。

また髪が多い人、クセが気になる人なども、シリコン配合シャンプーによってボリュームダウン効果が期待できます。

髪質やヘアスタイルに合わせて、上手にシャンプー選びをしましょう。

自然な洗い上がりを期待できるノンシリコンシャンプー

ノンシリコンシャンプーには、基本的に余分なコーティング成分が配合されていないことが多いため、自然な洗い上がりを実感でき、髪の汚れが落ちやすくなるメリットがあるといわれています。

髪質や頭皮に合ったノンシリコンシャンプーを使うことで、頭皮のターンオーバーのリズムや皮脂分泌量が整い、健康な髪に近づくことができそうです。

また髪の表面がコーティングされない状態で、パーマやカラーリングを施術すれば、薬剤が浸透しやすくなるメリットもあります。

ただ髪のコーティング成分が含まれていない場合、洗髪後の髪のきしみやパサつきが気になる人もいるようです。

逆に洗浄成分が、髪への負担を少なくしたアミノ酸系である場合は、皮脂過剰の人が使うと、やや洗浄力に物足りなさを感じるかもしれません。

正しいヘアケアで、髪の健康を守りましょう


ノンシリコンシャンプーは、製品によって洗い上がりにも差があるようですから、最近多くの製品で販売されている、1回お試し用などで実際に試してみることをおすすめします。

シリコン、ノンシリコンに限らず、正しいシャンプー方法を守ることも大切です。

洗髪前に軽いブラッシングで頭皮の汚れや髪のもつれを取り除き、シャンプー剤をつける前に髪や頭皮を十分濡らしましょう。

シャンプーはしっかり洗い流し、頭皮に汚れや洗浄成分が残らないようにすることが重要です。

またタオルで水気を取った後、ドライヤーを使って頭皮まできちんと乾かしましょう。

正しいシャンプーをおこなえば、洗浄力の物足りなさは、かなり軽減できるようです。

逆に髪のきしみやパサつきを感じる場合は、アウトバストリートメントなどで保湿するとよいでしょう。

髪質やヘアスタイルに応じてシリコン配合シャンプーも

油のような性質を持つシリコンは、髪をコーティングして、しっとり感やさらさら感をもたらしてくれます。

ノンシリコンシャンプーを使うと髪がパサつく、広がるという場合は、シリコンシャンプーが向いているかもしれません。

「シリコンは毛穴を詰まらせる」と一時期大きく宣伝されたこともありますが、シリコンだけが特別毛穴に侵入するというわけではないようです。

シリコンに限らず、シャンプー剤やヘアケア・スタイリング剤をきちんと洗い落とす習慣が、大切なのかもしれません。

また「ノンシリコン」を銘打っているシャンプーでも、セットのコンディショナーにはシリコンが配合されているものや、またシャンプーにもわずかにシリコンが含まれているものもあるようです。

いずれも、髪のきしみやパサつきを抑える目的で配合されています。

ジメチコン・シリカ・ポリマー・シクロメチコンなどはシリコン系成分の名称です。

自分の髪質や、求めるヘアスタイルによって、シャンプーを使い分けてみてはどうでしょうか。

(まとめ)ノンシリコンシャンプーのよいところとは?

1. コーティング効果がない分「自然な洗い上がり」が良い点です

ノンシリコンシャンプーは、基本的には、シリコンはもちろん髪をコーティングする成分が含まれていないことが多いため、やさしい自然な洗い上がりです。

しかしノンシリコンシャンプーを使う場合、髪のパサつきを感じたり、逆に脂っぽさが気になったりすることもあるようです。

2. 自然な洗い上がりを期待できるノンシリコンシャンプー

ノンシリコンシャンプーには基本的に余分なコーティング成分が配合されていないことが多いため、自然な洗い上がりを実感でき、髪の汚れが落ちやすくなるメリットがあるといわれています。

また髪の表面がコーティングされない状態で、パーマやカラーリングを施術すれば、薬剤が浸透しやすくなるメリットもあります。

3. 正しいヘアケアで、髪の健康を守りましょう

ノンシリコンシャンプーは、製品によって洗い上がりにも差があるようですから、最近多くの製品で販売されている、1回お試し用などで実際に試してみてはいかがでしょうか。

シリコン、ノンシリコンに限らず、正しいシャンプー方法を守ることも大切です。

4. 髪質やヘアスタイルに応じてシリコン配合シャンプーも

油のような性質を持つシリコンは、髪をコーティングしてしっとり感やさらさら感をもたらしてくれます。

ノンシリコンシャンプーを使うと髪がパサつく、広がるという場合は、シリコンシャンプーが向いているかもしれません。