防腐剤のパラペンを添加していないシャンプーです


化粧品を選んでいて、パラペンフリーという言葉を耳にしたことがあるのではないでしょうか。

パラペンとは、「パラオキシ安息香酸エステル」という防腐剤のことで、化粧品などに添加されています。

この、パラペンはアレルギーを引き起こすことがあるため、使用量が制限されている旧指定成分のひとつです。

パラペンのアレルギー反応が心配な人のために、パラペンを添加していないパラペンフリーの化粧品もあります。

品質の劣化を防ぐためシャンプーにもパラペンは配合されていますが、パラペンを使用していないパラペンフリーのシャンプーも市販されています。

しかしパラペンフリーだからといって、安全性の高いシャンプーであるとは一概にいえません。

なぜならパラペンの代わりに、ほかの防腐剤が使われているからです。

パラペンは、使用量が1 %以下と定められていますが、今はほとんどの製品が0.25 %以下の使用に留まっています。

パラペン以外の防腐剤には天然由来のものもありますが、その使用量によってはパラペンより安全といいきれない場合もあります。

防腐剤なしではシャンプーに雑菌が繁殖してしまいます

防腐剤で雑菌の繁殖を防ぐ

なぜ、シャンプーに防腐剤が添加されているのでしょうか。

防腐剤の安全性が懸念されているのなら、防腐剤なしのシャンプーを作ればいいのではと思う人もいるかもしれません。

シャンプーの成分の多くは水分です。

そしてシャンプーは開封後、湿気のこもったバスルームに置かれます。

もし防腐剤の入っていないシャンプーが開封後にバスルームに保管されたら、雑菌の温床になってしまうでしょう。

そのような、雑菌だらけのシャンプーを頭につけて洗髪をしたら、頭皮に悪影響を与えてしまいます。

雑菌の繁殖したシャンプーを使うより、適正な量の防腐剤が配合されたものを使用したほうが、ずっと安全です。

ですからシャンプーには、防腐剤としてパラペンが添加されますし、またパラペンフリーのシャンプーにもパラペン以外の防腐剤が必要なのです。

パラペンは天然由来の防腐剤より抗菌効果が高くなります

天然由来の防腐剤とは

防腐剤には天然由来のものもあります。

それらは、ショウガ、わさび、唐辛子、ハーブなどから作られたものです。

それならば天然由来の防腐剤を添加した、安全性の高いシャンプーを使用したいと、多くの人が思うのではないでしょうか。

しかし天然由来の防腐剤を使用したシャンプーは、どうしても高額になってしまいます。

一方のパラペンは安価なため、手ごろな価格で製品を作ることができるのです。

天然由来の防腐剤の抗菌効果

パラペンはほとんどの菌に対して、抗菌の効果があります。

しかし天然由来の防腐剤は、効く菌と効かない菌があるなど、抗菌力が高いとはいえません。

また天然の防腐剤で効果を充分にするためには、シャンプーへの含有量を多めにする必要があります。

そうなると少量のパラペンを配合したほうが、安全性が高い場合もあります。

そのため天然由来の防腐剤を使用したパラペンフリーのシャンプーが、パラペン配合のものより安全とはいいきれないのです。

パラペンは品質の安定した製品を安価で製造できます

パラペンの危険性について

パラペンを使用しているシャンプーが、すべて危険なわけではありません。

パラペンは、口から摂取しない限り、危険性は少ないですし、現在では安全な使用方法も開発されています。

またパラペンを使用することで、薬事法で定められた「防腐効果が3年持続する」という条件を満たす、品質の安定した製品を安価で提供することができます。

しかしパラペンに対してアレルギー反応がでてしまう人もいますので、そのような場合にはパラペンフリーのシャンプーを選んだほうが良いでしょう。

自身に合ったシャンプーを選択

パラペンフリーのシャンプーは高価になりがちです。

それならば自分はパラペンへのアレルギー反応もないし、パラペン配合の手ごろな価格のシャンプーを選択するという人もいるでしょう。

一方でパラペンに対してのアレルギーを持つなど、家族の健康が心配だという人は、少し高額でもパラペンフリーのシャンプーを選ぶのではないでしょうか。

大切なのは、ご自身やご家族に合ったシャンプーを選択することです。

(まとめ)パラペンフリーのシャンプーとはどのようなものですか?

1. 防腐剤のパラペンを添加していないシャンプーです

パラペンは化粧品などに添加されている防腐剤で、シャンプーにも使用されています。

パラペンはアレルギーの原因になることがあり、パラペンを含まないパラペンフリーのシャンプーも市販されています。

しかしパラペンフリーのシャンプーが、パラペン配合のものより安全と一概にはいえません。

2. 防腐剤なしではシャンプーに雑菌が繁殖してしまいます

成分の多くが水であるシャンプーを、開封後に湿気のこもるバスルームに置くと雑菌の温床になってしまうため、シャンプーには防腐剤が必要です。

雑菌だらけのシャンプーを使用するより、適正な量の防腐剤を添加したシャンプーで洗髪を行ったほうが、ずっと安全です。

3. パラペンは天然由来の防腐剤より抗菌効果が高くなります

防腐剤には、ショウガやわさび、ハーブなどから抽出した、天然由来のものもあります。

パラペンが多くの菌に抗菌効果があるのに対して、天然由来の防腐剤は効く菌と効かない菌があるなど抗菌力が高いとはいえません。

また天然由来の防腐剤の抗菌効果を充分にするためには、含有量を多くする必要もあります。

4. パラペンは品質の安定した製品を安価で製造できます

パラペンにアレルギーがある人は、パラペンフリーのシャンプーを選択すると良いでしょう。

しかしどうしても、パラペンフリーのシャンプーは高額になります。

パラペンは「3年防腐効果が持続する」という薬事法の規定を満たす製品が、安価で製造することができます。

現在では安全な使用方法も開発されていますし、パラペンへのアレルギー反応がない人は、手ごろな価格のパラペン配合シャンプーを使用して問題はないでしょう。