湯シャンは、毛根を活性化する効果も期待できます


髪の毛は、頭皮にある毛穴の中で生まれ、成長していきます。

毛と、それを囲む組織である毛包を合わせて、毛器官といいます。

毛根は、毛包の中でも、毛穴(毛孔部)を除いた内部にある部分のため、普段は見えない部分です。

そして毛根の一番下にある毛球には、髪が成長するのに必要な毛母細胞や毛乳頭、メラノサイトといった重要な組織成分が含まれます。

この毛根は、さまざまな要因によってダメージを受け、働きが弱まってしまうことがあります。

毛根を弱らせる原因の1つが、頭皮の乾燥です。

湯シャンは、毛根を弱らせる原因となる乾燥を防ぐのに効果的な方法です。

湯シャンをすることで頭皮の乾燥が改善すれば、毛根も活性化し、育毛に役立つと考えられます。

毛根は、頭皮が乾燥するとダメージを受けやすくなります

毛根は、髪の毛の根元、頭皮に埋まっている部分なので、頭皮の状態が悪くなるとその影響を受けてしまいます。

その1つが頭皮の乾燥です。

頭皮が乾燥すると、皮膚のバリア機能が衰えます。

するとさまざまな刺激に弱くなり、皮膚の下にある毛根にもダメージを与えてしまうのです。

毛根がダメージを受けると、育毛が妨げられ、抜け毛の増加や薄毛を招く恐れがあります。

そうならないためにも、頭皮を乾燥させないようにする必要があるのです。

頭皮の乾燥の主な原因は、シャンプーによる洗い過ぎだといわれています。

湯シャンであれば、洗い過ぎを防げるので、毛根を守るために効果的なケアだと考えることができるでしょう。

ただし注意が必要なのは、湯シャンをしたからといって安心できないという点です。

なぜなら毛根を弱らせる原因は、他にもたくさんあるからです。

毛根を弱らせる原因は、シャンプー以外にもあります


湯シャンは、頭皮の乾燥を防げるので、毛根を活性化する効果が期待できます。

しかし毛根を弱らせる原因は、シャンプー以外にもたくさんあるので、湯シャンをしたからといって必ず活性化させられるわけではありません。

そこでここでは、毛根を弱らせる要因について詳しく見ていきましょう。

頭皮の汚れ、毛穴の詰まり

蓄積された頭皮の汚れは、毛穴に入り込み、毛根にダメージを与える要因です。

頭皮の汚れが酷いと毛穴を塞いでしまい、さらに毛根を弱らせ、育毛を妨げることもあるでしょう。

栄養不足

毛根が正常に働くためには、たくさんの栄養を必要とします。

必要な栄養が不足してしまうと、毛根が弱り、正常に機能しません。

血行不良

髪の毛の成長に必要な栄養は、毛細血管を通じて毛根に運ばれます。

ところが血行不良に陥っていると、スムーズに栄養が運ばれてこず、育毛に必要な栄養が不足し、毛根が弱って機能しなくなる可能性があるでしょう。

睡眠不足

睡眠不足になると、新陳代謝が悪くなったり、ホルモンバランスが崩れたりします。

すると毛根の新陳代謝も滞り、弱ってしまうのです。

またホルモンバランスが崩れると、毛根が機能するのに欠かせない女性ホルモンが不足し、毛根が弱ってしまうこともあります。

湯シャンは対策の1つ。生活習慣の見直しなども大切です

これまで説明してきたように、毛根が弱ってしまう原因は、シャンプーによる乾燥だけでなく、さまざまな要因が絡んでいます。

毛根の活性化を目指すのであれば、さまざまな原因にアプローチすることが重要です。

湯シャンは、頭皮の乾燥を防ぐのには効果的ですが、すべての問題を解決できるわけではありません。

つまり湯シャンだけで、毛根の活性化をするのは難しいといえるのです。

このことから考えると、湯シャンはあくまでも毛根を活性化させる方法の1つにすぎないということです。

毛根を活性化し、育毛を促進させるのであれば、湯シャンだけに頼るのではなく、生活習慣を見直したり食生活の改善をしたりするようにしましょう。

また定期的に、頭皮クレンジングで頭皮の汚れをリセットしたり、頭皮マッサージで頭皮の血行を促進させたりすることも重要な対策なのです。

(まとめ)湯シャンをすれば、毛根を活性化できますか?

1. 湯シャンは、毛根を活性化する効果も期待できます

毛根は、髪の根元、頭皮に埋まっている部分を指し、髪の毛をつくりだす重要な組織成分が含まれる部分です。

さまざまな要因により毛根の働きが弱まることがあります。

湯シャンにより頭皮環境が改善できれば、毛根を再び活性化することができると考えられます。

2. 毛根は、頭皮が乾燥するとダメージを受けやすくなります

洗い過ぎなどによって頭皮が乾燥すると、皮膚のバリア機能が衰え、さまざまなダメージが毛根にも影響を与えます。

毛根がダメージを受けると、働きが弱り、育毛を妨げる恐れがあるでしょう。

頭皮の乾燥には湯シャンが効果的です。

3. 毛根を弱らせる原因は、シャンプー以外にもあります

シャンプーによる洗い過ぎだけでなく、さまざまな要因によって毛根は弱ります。

たとえば頭皮の汚れ、栄養不足、血行不良、睡眠不足などです。

湯シャンをしても、毛根を弱らせる要因が他にもある場合は、効果を得るのが難しいといえます。

4. 湯シャンは対策の1つ。生活習慣の見直しなども大切です

湯シャンはあくまでも、毛根を活性化させる手段の1つです。

育毛を目指すのであれば、湯シャンだけに頼るのではなく、生活習慣の見直しや食生活の改善、頭皮クレンジングやマッサージなどの対策を行うことも重要です。