切れ毛になりにくい髪を育てることができます


切れ毛のせいで、髪がぴょんぴょんと跳ねてスタイリングがうまくいかない…なんて悩まされていませんか。

見た目の美しさにも影響する切れ毛は、多くの女性を悩ませる、髪のトラブルの1つです。

そんな切れ毛は、湯シャンを実践すれば予防できる可能性があります。

シャンプーを使って髪を洗うのと違い、切れ毛の原因となる頭皮や髪の乾燥やダメージを防げるからです。

切れ毛が気になっている方は、湯シャンをヘアケアに取り入れてみてはいかがでしょうか。

湯シャンをすれば、髪のダメージを軽減できます

一般的に、シャンプーには洗浄成分が配合されています。

この洗浄成分は、洗浄力が強く、頭皮や髪の皮脂を奪いすぎる傾向があります。

頭皮や髪を守るのに必要な皮脂を取り去ってしまうと、頭皮や髪が乾燥してダメージを受け、これが切れ毛の原因になってしまうのです。

これに対して湯シャンは、頭皮や髪の洗いすぎを防げます。

というのも湯シャンでは、シャンプー剤を一切使用しません。

お湯で洗い流すだけなので、頭皮や髪に必要な油分を適度に残すことができます。

頭皮や髪の油分が適度に保たれていると、皮膚のバリア機能が正常化し、ヘアサイクルの周期が整いやすくなります。

するとキューティクルの整った丈夫な髪が育ちやすくなるのです。

このように湯シャンをヘアケアに取り入れれば、切れ毛の原因となる洗いすぎを防ぎ、育毛環境を整えて切れ毛になりにくい髪を育てられます。

切れ毛対策のためには正しい湯シャンをマスターしましょう


湯シャンは、うまく活用すれば、切れ毛を防ぐ効果が期待できます。

しかし単純にお湯だけで洗えばいいというわけではありません。

切れ毛対策をするのであれば、湯シャンのやり方を正しく理解しておく必要があります。

そこでここでは、湯シャンの方法について紹介します。

まず湯シャンをする前の準備として、丁寧に優しくブラッシングをしておきましょう。

このとき、無理に髪を引っ張ってしまうと切れ毛につながりますので、毛先から少しずつブラシを通します。

ブラッシングが終わったら、いよいよシャワーで髪と頭皮を洗います。

髪をこする必要はありません。

頭皮をもみほぐすように洗いましょう。

そして洗い終わったらタオルで水気を拭き取ります。

タオルでこすらないように注意しながら、タオルに水分を吸わせるように優しくタオルドライしてください。

最後に髪と頭皮をドライヤーで乾かしたら終了です。

正しい方法で行えば、育毛環境の改善にも効果が期待できるので、ぜひ実践してみてください。

湯シャンを実践する前に知っておきたい注意点

湯シャンは、特別なものを準備する必要もありませんし、簡単に実践することができます。

しかし試す前に、知っておくべき注意点もありますので、事前にしっかり確認しておきましょう。

切れ毛の原因によっては改善できないケースもあります

切れ毛の原因は多岐にわたります。

これまで説明してきたように、シャンプーによるダメージ以外にも、紫外線や摩擦、ホルモンバランスの乱れ、生活習慣、食生活によっても起こる可能性があります。

そのため湯シャンをしても、他の原因を取り除かなければ、改善するのは難しいかもしれれません。

湯シャンをするかどうかを判断するためにも、何が原因で切れ毛になっているのかをしっかり確認しましょう。

湯シャンではすでにダメージを受けた髪を補修できません

髪の毛には自己修復能力がないので、湯シャンを実践しても、今ある髪のダメージを回復できません。

むしろトリートメントなどをしていない無防備な状態になるので、切れ毛が増える可能性も考えられます。

湯シャンは、あくまでもこれから生えてくる髪、ダメージの少ない髪を守るケアとして実践しましょう。

もしダメージがひどい場合は、傷んだ部分をカットしてから試すのがおすすめです。

(まとめ) 湯シャンで切れ毛を改善できますか?

1. 切れ毛になりにくい髪を育てることができます

多くの女性を悩ませる切れ毛。

湯シャンを実践すれば、切れ毛になりにくい健康な髪を育てることができます。

切れ毛で髪がぴょんぴょん跳ね、まとまりにくいと悩んでいる方は、湯シャンを試してみてはいかがでしょうか。

2. 湯シャンをすれば、髪のダメージを軽減できます

シャンプーを使わずに髪を洗う湯シャンは、髪のダメージを減らすのに役立ちます。

一般的なシャンプーは洗浄力が高く、必要な皮脂を洗い流すことがあるのに対して、湯シャンは適度に皮脂を残すことができるからです。

切れ毛の原因となる乾燥を防ぎ、切れ毛になりにくい健康な髪を育てる効果が期待できます。

3. 切れ毛対策のためには正しい湯シャンをマスターしましょう

美しい髪を保ち、切れ毛を予防するには、正しい方法で湯シャンを実践する必要があります。

事前にブラッシングをする、優しくマッサージするように頭皮を洗う、しっかり乾かすといった基本を守り、ヘアケアに取り入れてみましょう。

4. 湯シャンを実践する前に知っておきたい注意点

湯シャンを実践しても、切れ毛の原因によっては改善できないケースもあります。

また湯シャンでは、一度傷ついてしまった髪を修復することはできません。

湯シャンを始める前に、あらかじめ傷んだ部分をカットしてから実践するようにしましょう。