皮脂の分泌量が多い場合は、臭いが発生しやすくなります


湯シャンは、頭皮に良い、育毛に効果的だといわれ人気を集めています。

せっかく髪や頭皮のために実践した湯シャンなのに、頭皮の臭いが気になっていませんか。

その臭いは、皮脂の分泌量が多くなっているのが原因かもしれません。

とくにシャンプーから湯シャンに切り替えたばかりのころは、皮脂の分泌量が多くなりがちです。

そのため頭皮に残った皮脂が酸化し、臭いのもとになってしまうのです。

しかし湯シャンを継続するうちに頭皮環境が整えば、臭いが軽減されるといわれています。

とはいえ場合によっては、頭皮環境が悪化したり、周りの人に不快感を与えたりするケースもあるので注意が必要です。

湯シャンを継続すれば、臭いが改善する可能性もあります

洗浄力の強いシャンプーを使っていると、皮脂の過剰分泌が起こりやすくなっています。

そんな頭皮の状態のまま湯シャンに切り替えると、頭皮に皮脂がたくさん残っている状態になるので、臭いが発生しやすくなっているのです。

しかし湯シャンを続けていくうちに、徐々に頭皮が適応できるようになり、皮脂の分泌量がコントロールされるようになります。

皮脂の過剰分泌がおさまって正常になれば、臭いは落ち着いてくるといわれているのです。

ただしどのくらい継続すれば、落ち着いてくるのかについては個人差があります。

数週間続けただけで臭いが気にならなくなる人もいれば、半年以上かかる人もいるので、気長に取り組むことが大切です。

また徐々に臭いが和らぐようであれば問題ないのですが、臭いに加えてさらに他の症状が現れ始めたら、速やかに湯シャンを中止するようにしましょう。

臭い以外に他の症状がある場合は受診しましょう


湯シャンは、体質や生活スタイルによっては合わないことがあります。

それなのに無理に湯シャンを続けてしまうと、臭いが良くならないどころか、さらにさまざまな症状を引き起こす可能性があります。

たとえば強いかゆみ、湿疹、かさぶたのようなフケ。

このような症状が出ている場合には、湯シャンで頭皮を清潔に保てておらず、脂漏性皮膚炎を起こしているかもしれません。

脂漏性皮膚炎は、頭皮の皮脂が多くなるのが原因で発症する皮膚炎です。

この脂漏性皮膚炎になってしまうと、湯シャンで完治させるのは難しいでしょう。

むしろ悪化してしまう恐れもあるので注意しなければなりません。

また脂漏性皮膚炎を早く治すためには、皮膚科で治療を受けることが大切です。

放っておくと慢性化する可能性もあるので、臭い以外にも症状がある場合は、すぐに湯シャンを中止し、皮膚科を受診するようにしてください。

臭いが気になるときは、シャンプーを使いましょう

頭皮の臭いは、湯シャンを続けていくうちに改善する可能性もありますが、長い時間を要します。

また場合によっては、脂漏性皮膚炎を引き起こす危険性もはらんでいます。

もちろん湯シャンには頭皮の皮脂を奪い過ぎない、常在菌を適度に残せるといったメリットがありますし、頭皮環境の改善を実感できる人もいますが、必ずしもおすすめのヘアケアとはいい切れません。

頭皮の臭いは、周りの人への迷惑になることもありますので、臭いが気になる場合はシャンプーを使用してケアすることも選択肢にいれてみてください。

最近では洗い過ぎを防げるアミノ酸系シャンプーもたくさんのメーカーから販売されています。

また頭皮と髪の健康に配慮したドクターズシャンプーや育毛シャンプー、スカルプシャンプーなどの種類も豊富です。

数あるシャンプーの中から、自分に合ったシャンプーを使えば、湯シャンでなくても頭皮を健やかに保てます。

また洗い方を見直すだけでも、頭皮のコンディションを整えることはできますので、シャンプーを単に悪いと決めつけず、広い視野で自分に合ったヘアケアを見つけていきましょう。

(まとめ)湯シャンが原因で、頭皮の臭いが発生することがあるの?

1. 皮脂の分泌量が多い場合は、臭いが発生しやすくなります

頭皮が皮脂の過剰分泌を起こしている状態で湯シャンをすると、臭いが発生しやすくなります。

とくに湯シャンをはじめたばかりのころは、それまで使用していたシャンプーの影響で皮脂の過剰分泌が起きている可能性が高く、臭いが発生しやすくなっています。

2. 湯シャンを継続すれば、臭いが改善する可能性もあります

臭いのもととなる皮脂は、湯シャンをしばらく継続すれば、徐々に分泌量が安定してくるといわれています。

これは、洗い過ぎを防ぐことで、皮脂の分泌量が正常にコントロールされるようになるためです。

ただし早くても数週間、長ければ半年以上かかることがあります。

3. 臭い以外に他の症状がある場合は受診しましょう

湯シャンは、体質や生活スタイルによって合わないことがあり、無理に続けていると脂漏性皮膚炎を発症するケースもあるので注意が必要です。

脂漏性皮膚炎は、放っておくと慢性化する可能性もあります。

強いかゆみや湿疹、かさぶたのようなフケなど、臭い以外の症状がある場合は、湯シャンを中止し医師に相談しましょう。

4. 臭いが気になるときは、シャンプーを使いましょう

頭皮の臭いが気になるときは、洗い過ぎを防げるアミノ酸系シャンプーや、頭皮や髪の健康に着目したドクターズシャンプーや育毛シャンプー、スカルプシャンプーなどを利用するのも良いです。

臭いは周りの人に不快感を与えることもあるので、臭いが気になる場合はシャンプーを使用することも選択肢にいれてみてください。