丁寧なブラッシングと頭皮に刺激を与えない湯温がコツです


お湯で洗うだけで髪や頭皮がしっとりすると湯シャンに注目が集まっています。

湯シャンで育毛環境をよくするためには、お湯をかける前のブラッシングが大切です。

ブラッシングによって、髪についた埃や汚れのうち、大まかな物はブラシに移り、髪から落ちます。

この時、ブラシの目の粗さや種類に応じて、複数のブラシを使い分けると、湯シャンでも髪の潤いを守り育毛環境に良い洗いあがりが実現できるでしょう。

時間をかけて十分にブラッシングしたら、次にお湯をかけていきます。

この時のお湯の温度は熱湯でなく、5~10分流しても頭皮が暑さを感じない程度のぬるま湯です。

熱すぎてもぬるすぎても頭皮や毛髪に低刺激かつシャンプー無しで皮脂を落とすことは難しいです。

浴室の気温や体調を考慮の上で、その時の状況に応じて最適な湯温のぬるま湯を使いましょう。

また湯シャンでも、シャンプー液洗いと同じように、タオルやドライヤーを使ってきちんと頭皮と髪を乾かしましょう。

自然乾燥させると、頭皮が蒸れて常在菌が繁殖しやすくなり、痒みや皮膚炎の原因の一つになってしまいます。

頭皮に負担をかけず、かつ皮脂を落とせるぬるま湯の温度を考える

湯シャンではぬる湯まを使いますが、ぬるま湯の範囲は広く、34℃~38℃前後だといわれています。

これは、季節による外気温の変化や体温の個人差のせいで、人によってぬるいと感じる温度が異なるためです。

ぬるま湯の温度が高ければ、頭皮の皮脂は柔らかくなり、落としやすくなります。

しかし高温だと頭皮や毛髪に刺激が強く、乾燥しやすいという問題点があります。

反対に低温のぬるま湯だと毛髪にかけ続けやすく、埃や汚れを落としやすいです。

しかし低温だと頭皮が冷えやすく、皮脂が落ちにくいという問題点があります。

これらのぬるま湯の特徴をベースに、自分に最適な湯シャンの温度(湯温)を考えましょう。

自分の体温や季節によって変わる気温を反映して、かけ続けやすい湯温の中でも、なるべく高い温度のお湯を使うことがベストです。

ブラッシングで汚れや埃を浮き上がらせ、湯シャンで流していく


湯シャンで最も重要なことは、ぬるま湯をかける前に十分ブラッシングすることです。

まず毛先のもつれをほぐします。

ブラシで無理にほぐさないようにしましょう。

次に根元から毛先に向かってとかします。

この時、最初は目の粗いブラシを使い、ブラシが通るようになったら目の細かいブラシでとかしていきましょう。

きちんとブラッシングすると、大きな埃や汚れがあらかた落ちていきます。

プラスチックのブラシは、髪との間に静電気を起こして髪に傷をつけやすいです。

獣毛ブラシや柘植など自然素材のクシは、静電気が起こりにくく、髪に艶が出るといわれています。

ブラッシングは、汚れを落とすだけでなく、頭皮のマッサージも兼ねることができます。

タオルとドライヤーできちんと乾燥させる

濡れた髪は最初にタオルで乾かします。

髪をタオルで包み、その上から優しくたたいて髪の水分をタオルに吸い取らせていきましょう。

タオルで髪をゴシゴシこすると、髪が傷ついて乾燥してしまうので要注意です。

指で髪を触って水分が出なくなったら、ドライヤーを使って大丈夫です。

ドライヤーは、最初に頭皮を乾かします。

ドライヤーの熱風が頭皮に届くように、指で髪をかき分けながらドライヤーを使いましょう。

一か所にドライヤーの熱風を当て続けないよう、こまめにドライヤーを動かしましょう。

ヘアスタイルによりますが、毛先のほうは完全に乾かさなくても、7割がた乾いたところで終わらせて良いでしょう。

最後にドライヤーの冷風を根元から毛先に向かって当て、濡れて開いたキューティクルを閉じます。

キューティクルが開いていると髪が傷つきやすくなります。

(まとめ)育毛環境に良い湯シャンのやり方や適した温度はありますか?

1. 丁寧なブラッシングと頭皮に刺激を与えない湯温がコツです

湯シャンは最初に時間をかけた丁寧なブラッシングで、埃や汚れ、皮脂を大まかに取ります。

それから自分に合った温度のぬるま湯を頭にかけ、よく流してキレイにします。

最後にタオルとドライヤーで乾かすことで育毛環境を守ることができます。

2. 頭皮に負担をかけず、かつ皮脂を落とせるぬるま湯の温度を考える

人によってぬるま湯を感じる温度は異なります。

比較的高温のぬるま湯だと、皮脂は取れやすいが乾燥しやすく、低温だとかけやすいが頭皮が冷えて皮脂が柔らかくなりにくいのです。

気温なども考慮し、自分に最適な湯温を見つけましょう。

3. ブラッシングで汚れや埃を浮き上がらせ、湯シャンで流していく

毛先のほつれを解いて、目の粗いブラシを最初に使い、次に目の細かいブラシを使って埃や汚れを落とします。

獣毛ブラシや柘植のクシを使うと髪の静電気が起こりにくく、優しくブラッシングできます。

4. タオルとドライヤーできちんと乾燥させる

まず髪をタオルでくるみ、水分を吸い取らせます。

そしてドライヤーを小刻みに動かして熱風を頭皮に当てて乾かします。

髪にも熱風を当てますが、7割がた乾けば大丈夫です。

最後に冷風を当ててキューティクルを閉じ、髪が傷つきやすい状態から守りましょう。