湯シャンを避けるべきは、皮脂分泌が多い人・高温多湿な季節


お湯を髪にかけ流すだけでキレイな髪になれるという湯シャンですが、いつでもだれでもOKというわけでは無いようです。

皮脂分泌の多い人が湯シャンをすると、皮脂が残り毛穴を詰まらせる場合があります。

すると頭皮の育毛環境が悪化します。

また高温多湿な季節は、皮脂分泌が増え、頭皮も高温多湿になってゴミや埃が髪につきやすい季節です。

湯シャンでは、皮脂と埃が混じったものをキレイに洗い流すのは難しいものです。

湯シャンで清潔な頭皮をキープできない場合は、シャンプーで洗ったほうが清潔になれます。

同様にスポーツの後や、ワックスなどのスタイリング剤を使った日、そしていつもより髪の脂っぽさや臭いが気になる日は、シャンプー洗いに切り替えたほうがスッキリ洗えるでしょう。

丁寧にシャンプー洗いすることで、頭皮を乾燥から守ることができます。

脂性フケが多い人、脂漏性皮膚炎の人も湯シャンでは悪化する場合があります。

医師の指示に従い、専用のシャンプーで洗い状況を改善させることを優先させましょう。

皮脂過剰な人は、挑まずにシャンプーで皮脂を落としましょう

皮脂は高温だと柔らかくなるので落ちやすくなります。

ぬるま湯だけで頭皮の余分な皮脂をすべて落としきることは難しいです。

だから湯シャンにこだわる人は、熱いお湯で湯シャンすれば皮脂や汚れを落とせると思うかもしれません。

しかし熱い湯は頭皮への刺激が強すぎ、また熱すぎて、かけ流し続けられません。

そこで熱い湯を使わなくても、シャンプーを使えば、ぬるま湯のままで界面活性剤が頭皮から汚れを落とします。

シャンプーを使うほうが、ゴシゴシ洗いして毛髪に負担をかけなくても、湯シャンよりも多くの皮脂や汚れを落とすことができるわけです。

皮脂分泌過剰な人やホルモンの周期で脂っぽさを感じる人は、無理に湯シャンを続けず、シャンプー洗いしたほうが簡単に汚れが落ち、臭いも和らぎます。

高温多湿な季節は汚れがつきやすいため、湯シャンはやめる


梅雨や真夏など蒸し暑い季節は汚れが髪につきやすく、皮脂分泌も盛んになります。

また暑いのに、時間をかけて丁寧に湯シャンするのは億劫なものです。

そのような時は、シャンプーを使って、その日の汚れをその日のうちに落としてキレイにしましょう。

蒸し暑いうえに頭皮に汚れが残っていると常在菌が繁殖しやすくなり、痒みや皮膚炎の原因となって育毛環境が悪化します。

加えてスポーツの後や夏のイベントに出かけた後なども、頭皮や毛髪が多湿になりやすいです。

スタイリング剤やワックスを使った日も、それらの油脂のせいでいつもよりも頭皮や髪は汚れています。

忙しい時や疲れている時は、湯シャンよりも、素早く汚れが落ちるシャンプーを使ったほうが頭皮も気分もよりスッキリできます。

シャンプーを使うポイントは、予洗い、保湿、生活習慣

  • 予洗いすすぎをしっかりと

    シャンプー洗いに抵抗がある人は予洗いを徹底しましょう。

    予洗いは、最初にしっかりとブラッシングして埃や汚れを落としてから、ぬるま湯をかけ流します。

    湯シャンと似ています。

    予洗いをきちんとすると、シャンプー量が少なくて済みます。

    そしてすすぎは、シャンプーの泡によるヌルつきがなくなるまでしっかりと流しましょう。

  • アミノ酸や保湿成分が配合された優しいシャンプーを使う

    皮脂分泌過剰な原因として、シャンプーで洗いすぎて、頭皮を守る皮脂まで奪ってしまい、乾燥した頭皮が脂を分泌している場合があります。

    この場合は洗い方と一緒にシャンプーも変えましょう。

    街中の多くの店舗で安くたくさん販売されているシャンプーは、高級アルコール系といわれ洗浄力が強いものです。

    髪の成分に近いアミノ酸をメイン成分にしたシャンプーや保湿成分が入ったシャンプーに変えましょう。

  • 生活習慣の改善

    また乾燥トラブルの解決には生活習慣の改善も必要です。食生活や睡眠習慣などを見直しましょう。

(まとめ)湯シャンをやめたほうがいい人や期間はありますか?

1. 湯シャンを避けるべきは、皮脂分泌が多い人・高温多湿な季節

皮脂分泌の多い人、高温多湿な季節は皮脂分泌が増え、ゴミや埃が髪につきやすいです。

湯シャンでそれらをすべて落としきれないものです。

すると残った皮脂が毛穴を詰まらせ、頭皮の育毛環境を悪化させます。

2. 皮脂過剰な人は、挑まずにシャンプーで皮脂を落としましょう

湯シャンはぬるま湯を使いますが、ぬるま湯では過剰に出た皮脂を取りきれません。

シャンプーを使えば、ぬるま湯のままで、界面活性剤が頭皮から汚れを落とします。

シャンプーを使えば、ゴシゴシ洗いして毛髪に負担をかけなくても済みます。

3. 高温多湿な季節は汚れがつきやすいため、湯シャンはやめる

高温多湿な季節は皮脂分泌が盛んになります。

また頭皮と髪に汚れがつきやすく、常在菌が繁殖しやすい季節です。

スポーツやイベント後、スタイリング剤を使った日も汚れが多くなっています。

湯シャンよりシャンプー洗いのほうが皮脂や汚れを落とし、翌日に残しません。

4. シャンプーを使うポイントは、予洗い、保湿、生活習慣

予洗いを徹底させるとシャンプー量が少なく済みます。

アミノ酸や保湿成分配合の優しいシャンプーを使い、頭皮の皮脂を洗いすぎないようにしましょう。

生活習慣を改善させると乾燥が和らぐこともあります。