皮脂の過剰分泌が続いている可能性もあります


髪にいいと評判の「湯シャン」。

シャンプーによる洗髪から切り替える人も増えています。

しかし、いざ湯シャンをしばらく続けてみたところ、フケが増えたり脂っぽさが気になったりする人もいるようです。

その原因には、これまでの洗髪の習慣が影響しているのかもしれません。

毎日シャンプーで洗髪していると、取り去られた皮脂を補うため、過剰な皮脂分泌が続いている可能性もあります。

そのような頭皮の状態で湯シャンに切り替えた場合、以前にはなかった脂っぽさを感じるようになり、フケも増えたと感じる可能性があるのです。

通常のシャンプーを使った洗髪からの切り替えには、週に1・2回のペースから始めてみるのがよさそうです。

洗髪時の湯の温度や、洗う時にかかる時間、乾かし方にも注意が必要です。

また、よいといわれている湯シャンですが、向き・不向きもあるようです。

もともと頭皮に脂っぽさを感じている人や、毎日整髪料をつける習慣のある人は、シャンプーを使った洗髪のほうが向いている可能性もあります。

頭皮のコンディションをしっかり振り返りながら、湯シャンの効果を最大限に高められるよう、工夫をしていきましょう。

シャンプー使用で、頭皮が皮脂過剰になっていることも

比較的洗浄力の高いシャンプーを長年使用し続けていた場合、洗髪のたびに頭皮の皮脂は落としすぎになっていた恐れがあります。

適度な皮脂は、皮膚にとっては天然のトリートメントとして重要です。

洗い落とされた皮脂を補うため、頭皮の過剰な皮脂分泌が習慣化されている可能性もあります。

その状態で湯シャンに切り替えても、頭皮は急には皮脂の分泌を調整できません。

しばらくは、皮脂の過剰分泌が続き、それによって、フケや脂っぽさを自覚することになるのです。

湯シャンを続けることで、本来、頭皮や髪が持つバリア機能を取り戻せる、といわれていますが、頭皮が皮脂分泌を適正にコントロールできるようになるまで3ヶ月から半年かかる、ともいわれています。

少しずつ湯シャンに切り替えてみるのもよいでしょう


シャンプーを使った通常の洗髪から湯シャンに切り替えるには、まずは週に1・2回のペースから始めてみてはいかがでしょうか。

女性の場合、頭皮や髪の健康のためには、シャンプーは2日に1度でもよいというアドバイスをしてくれる美容師さんもいるようです。

それも考え合わせると、3日に1回、2日に1回などの緩やかなペースで、シャンプーを使わない湯シャンをするのは、頭皮や髪の負担を減らすためにもよさそうです。

湯シャンに使うお湯の温度は、40℃以下がよいとされています。

また、洗髪にかける時間は、5分以内がおすすめです。

40℃以上のお湯や時間のかけすぎは、かえって皮脂の洗い落としすぎにつながるからです。

湯シャンに限ったことではありませんが、洗髪後はドライヤーを使って地肌をしっかり乾かすことも重要です。

湯シャンに向いているかどうか、振り返ってみましょう

湯シャンにより、頭皮が適正な皮脂分泌や健康なターンオーバーのリズムを取り戻せば、健康で美しい髪が育ちやすくなることが期待できます。

しかし、頭皮の状態や髪質の違い、ライフスタイルなどによって向き不向きがあります。

もともと頭皮が脂性の人や、仕事柄よく汗をかく人などは、完全な「湯シャン」には向かないかもしれません。

また、毎日ワックスやヘアクリームをつける習慣のある人も、それらの整髪料をしっかり落とすことが必要なので、シャンプーを使った洗髪がおすすめです。

自分の頭皮の状態やライフスタイルによって、「完全湯シャン」へ切り替えたり、または定期的なヘアケアとしての「湯シャン日」を設けたりして、健康な頭皮と髪を維持していきたいものです。

スカルプDボーテ公式サイトの注目ランキング
スカルプDボーテ公式サイトの注目ランキング
スカルプD公式サイトの注目ランキング
スカルプD公式サイトの注目ランキング

(まとめ)湯シャンに切り替えたらフケが増えた気がします。なぜ?

1. 皮脂の過剰分泌が続いている可能性もあります

湯シャンを続けると、フケが増えたり脂っぽさが気になったりする人もいるようです。

毎日シャンプーで洗髪していた時の、過剰な皮脂分泌が続いている可能性もあります。

適度な皮脂を残す湯シャンと、皮脂分泌のバランスが取れない状態です。

2. シャンプー使用で、頭皮が皮脂過剰になっていることも

洗い落とされた皮脂を補うため、過剰な皮脂分泌が習慣化されている状態で湯シャンに切り替えても、頭皮は急には皮脂の分泌を調整できません。

湯シャンにより頭皮が皮脂分泌を適正にコントロールできるようになるまで、3ヶ月から半年かかるともいわれています。

3. 少しずつ湯シャンに切り替えてみるのもよいでしょう

シャンプーを使った通常の洗髪から湯シャンに切り替えるには、まずは週に1・2回のペースから始めてみてはいかがでしょうか。

湯シャンに使うお湯の温度は40℃以下で、また洗髪にかける時間は5分以内がオススメです。

4. 湯シャンに向いているかどうか、振り返ってみましょう

もともと頭皮が脂性の人や仕事柄よく汗をかく人などは、完全な「湯シャン」には向かないかもしれません。

また、毎日ワックスやヘアクリームをつける習慣のある人も、それらの整髪料をしっかり落とすことが必要なので、シャンプーを使った洗髪がオススメです。

頭髪外来の医師が監修の元で開発された頭皮ケアシャンプー
女性用スカルプDで女性の薄毛を予防改善!