個人差があります。湯シャンは洗いすぎ予防に役立ちます


シャンプー剤を使用しているのに、フケやかゆみで悩んでいる人はいませんか。

それはシャンプー剤で洗いすぎているのかもしれません。

洗いすぎは、必要以上に頭皮の皮脂を落としてしまい、皮脂不足に陥ることがあります。

すると、頭皮は不足した分を補うため大量の皮脂を分泌します。

しかし、この皮脂が菌のエサとなり増殖して炎症を起こし、フケやかゆみの原因になるのです。

そこで、注目されるのが「湯シャン」です。

湯シャンとは、シャンプー剤を使わずにお湯だけで洗髪する方法です。

湯シャンは、皮脂を奪うことなく適量の皮脂が残り、本来の頭皮に戻ります。

また、シャンプー剤での洗いすぎやすすぎ残しの心配もありません。

当たり前の話ではありますが、シャンプー剤が目に入ると痛みや涙が出ます。

ごく少量のシャンプー剤であっても、体にとって異物です。

もし目に入れば刺激を与え、涙を流してシャンプー剤を出そうとするのです。

安全なシャンプー剤でも、そこに含まれている成分は化学物質です。

自分の肌に合わなければ、頭皮にダメージを与えることさえあるのです。

「シャンプー剤を使いすぎてしまう人」「1日に何回も洗髪する人」は、洗いすぎを予防するために湯シャンにするというのもひとつの改善策です。

湯シャンの前はブラッシングが必要です

湯シャンするときもシャンプー剤を使用するときも、必ずブラッシングをしましょう。

ブラッシングは、毛先のもつれがとれ、フケや余計な皮脂が浮き上がります。

とくに湯シャンは、お湯だけで洗髪するため、事前にしっかりと汚れを落とすことがポイントです。

使用するブラシは、目の細かいものを選びましょう。

オススメは、動物の毛(イノシシ、ブタ)のブラシです。

汚れがとれやすく、静電気が起こりにくいため頭皮や髪を傷めません。

他にも、ナイロンやプラスティックのブラシがあります。

こちらは、動物の毛よりも安く、手に入りやすいのが特徴です。

自分の好きなブラシを選んで、積極的にブラッシングしましょう。

ブラッシングするだけで頭皮が刺激され、血流が良くなり頭皮環境が良くなります。

ただし、汚れたブラシを使うと頭皮も汚れてしまうため、ブラシは定期的にお手入れしましょう。

湯シャンは、ぬるま湯がベストです


皮膚表面の温度は、体温よりも1~2℃低く34~35℃です。

そのため、頭皮に優しく湯シャンにべストな水温は35℃ということになります。

しかし、35℃のお湯は想像しているより冷たいと感じるはずです。

夏ならよいものの、冬は寒くて風邪を引いてしまうかもしません。

自分が気持ちいいと感じる程度のぬるま湯で洗髪しましょう。

また、湯シャンするときもシャンプー剤を使用するときも、熱いお湯での洗髪は注意しましょう。

熱いお湯は、保湿など皮膚のバリア機能をはたしている細胞間脂質を溶かしてしまう恐れがあり、乾燥を招きます。

ベタつきや汚れが気になるというときだけ、熱めのお湯を使いましょう。

頭皮の汚れは、皮脂や汗の他にも「花粉」「ホコリ」「排気ガス」などさまざまものがありますが、そのほとんどが熱めのお湯で落とせます。

湯シャンだけではなく、生活習慣の改善も心掛けましょう

フケやかゆみを改善するには、湯シャンを試すだけはなく「生活習慣の改善」も必要です。

自分の日常生活を見直しましょう。

とくに、脂っこい食事が続いている人は要注意です。

皮脂は、食事で摂った脂質を材料にしてつくられています。

脂っこい食事をすると皮脂の分泌も増え、その皮脂が菌のエサとなり、さらに菌が増殖します。

菌は、頭皮に刺激して炎症を起こしフケやかゆみの原因になることさえあります。

食事はできるだけ油を控え、自宅で調理した、バランスのよい食事を食べるようにします。

もし生活習慣を改善してもフケやかゆみがひどい場合は、迷わず皮膚科へ受診してください。

フケやかゆみは「脂漏性皮膚炎」という病気の可能性もあります。

日常生活をチェック!
  • 過度なストレス(体が緊張状態になり血管が収縮し、血行不良を起こします)
  • 睡眠不足(髪の毛は夜につくられます)
  • 不衛生な部屋(目に見えないホコリ、ダニ、カビなどが髪にまとわりつきます)
スカルプDボーテ公式サイトの注目ランキング
スカルプDボーテ公式サイトの注目ランキング
スカルプD公式サイトの注目ランキング
スカルプD公式サイトの注目ランキング

(まとめ)フケやかゆみは、湯シャンで改善しますか?

1. 個人差があります。湯シャンは洗いすぎ予防に役立ちます

湯シャンとは、シャンプー剤を使わずにお湯だけで洗髪する方法です。

フケやかゆみは、洗いすぎが原因で起こる場合もあるため、湯シャンで洗いすぎを予防することができます。

さらに、シャンプー剤のすすぎ残しの心配もありません。

2. 湯シャンの前はブラッシングが必要です

ブラッシングは、毛先のもつれがとれ、フケや余計な皮脂が浮き上がります。

湯シャンは、お湯だけで洗髪するため、事前にしっかりと汚れを落とすことが大切です。

ただし、ブラシは定期的にお手入れして清潔を保ちましょう。

3. 湯シャンは、ぬるま湯がベストです

頭皮に優しく湯シャンにべストな水温は、皮膚表面の温度に近い35℃です。

しかし、35℃のお湯は冷たく感じることがあるため、自分が気持ちいいと感じる程度のぬるま湯にしましょう。

汚れが気になるというときだけ、熱めのお湯を使いましょう。

4. 湯シャンだけではなく、生活習慣の改善も心掛けましょう

フケやかゆみを予防するために、「食事」「ストレス」「睡眠」など生活習慣の改善を心掛けましょう。

とくに、皮脂が増えやすくなる脂っぽい食事は要注意です。

生活習慣を改善してもフケやかゆみがひどい場合は、迷わず皮膚科へ受診してください。

頭髪外来の医師が監修の元で開発された頭皮ケアシャンプー
女性用スカルプDで女性の薄毛を予防改善!