皮脂関係の原因で生じるフケについて湯シャンは対策が期待できます


頭皮環境の悪化によりフケが生じますが、その中でも皮脂の増減は大きく関係しているとされています。

皮脂が少なくなって頭皮が乾燥する場合はもちろん、皮脂の過剰分泌が起きた場合でも、フケが生じると言われているのです。

頭皮が乾燥する場合には、乾性フケが生じると言われており、皮脂の過剰分泌によるもの場合は脂性フケが生じると言われています。

ただ、頭皮環境の悪化を考えた場合、どちらも洗浄力の強いシャンプーも原因の一つとして考えられるのです。

そのため湯シャンにすることで、皮脂分泌が安定し頭皮環境が良くなると考えられます。

必要以上に皮脂を取り除くとフケが生じやすくなります

フケが生じる原因の一つに頭皮環境の悪化があり、乾燥や皮脂の過剰分泌などが代表的なものとして挙げられます。

これらの頭皮環境の悪化によって、フケ、かゆみ、炎症または皮膚疾患が生じる場合もあるのです。

例えば、皮脂が少なくなるなど頭皮から水分が失われれば、皮膚の表面にある角層が剥がれやすくなっても不思議ではありません。

この剥がれてしまった角層がフケです。

他にも、頭皮の乾燥で皮膚バリアが低下すれば外部からの刺激で余計に症状が悪化するという悪循環も考えられるのです。

頭皮の乾燥により生じるフケは乾性フケと呼ばれています。

また、頭皮が乾燥をすることで皮脂の過剰分泌を招くこともあります。

皮脂が多い状態で生じるフケはべたついており、脂性フケの可能性が高いです。

皮脂が増えるとそれをエサにするマラセチア菌が増加します。

マラセチア菌が増えることで頭皮のターンオーバーが乱れることで脂性フケが生じると言われているのです。

乾性フケ、脂性フケも頭皮環境の悪化とともに皮脂分泌の乱れが共通の問題として考えられるでしょう。

洗浄力の強いシャンプーを止めて湯シャンにするのも対策となります


頭皮環境の悪化につながる原因を考えた場合、一つにシャンプーが挙げられます。

主に石油系界面活性剤が含まれているものや石鹸系シャンプーは洗浄力の強さについて魅力ですが、必要以上に皮脂や常在菌まで綺麗にすると言われています。

そのため頭皮の乾燥、過剰な皮脂分泌を招く可能性があるのです。

シャンプーは洗浄力が強ければ強いほどいいと思われがちですが、結果として頭皮を健康的な状態に保つための成分を洗い流す可能性があります。

基本的に皮脂は多くても少なくても頭皮環境の悪化につながるので注意しましょう。

また、マラセチア菌なども皮脂と同じく量バランスが整っていなければ頭皮トラブルにつながると言われています。

この皮脂やマラセチア菌のような常在菌を、洗浄力の強いシャンプーは洗い流しすぎることがあるのです。

だから、フケが生じたならば皮脂やマラセチア菌を洗い流し過ぎないことが期待でき、体のメカニズムを利用して頭皮を正常化させる湯シャンが対策として考えられるでしょう。

湯シャンの正しい方法を知り刺激の弱いシャンプーを使用しましょう

湯シャンも正しい方法でしなければ良い結果が期待できません。

まず汚れを取り除きやすくするため、事前にやわらかい動物性のブラシで髪をとかすような準備が必要です。

ブラッシングをすることで、汚れが浮かんできますし、髪のほつれを解いて洗いやすくすることができます。

お湯の温度を40度以下の温めにすることも大切です。

温度が高ければ洗浄力は高まるのですが、同時に必要な皮脂や常在菌を洗い流すことにつながるからです。

しかし湯シャンを始めたばかりの頃は、それまで使っていた刺激の強いシャンプーの影響もあり、皮脂分泌が高い状態であることが少なくありません。

そのため、湯シャンをするのでしたらある一定期間、皮脂で頭皮や髪がべたついたり臭いやフケが生じたりすることも想定しなければならないでしょう。

それが我慢できなければ、アミノ酸系のシャンプーを使用するのも一つの選択肢となります。

アミノ酸系や自然由来の成分が使用されたシャンプーは、刺激が弱いですが汚れもきちんと取り除くことができるだけではなく、必要以上に皮脂を取り除かないと言われているからです。

これならば湯シャンを続けてフケ対策をするよりも早く、頭皮環境を健康的な状態に保つことが期待できるでしょう。

スカルプDボーテ公式サイトの注目ランキング
スカルプDボーテ公式サイトの注目ランキング
スカルプD公式サイトの注目ランキング
スカルプD公式サイトの注目ランキング

(まとめ)どんなフケの原因に対して湯シャンは対策になるの?

1.皮脂関係の原因で生じるフケについて湯シャンは対策が期待できます

乾性フケや脂性フケなどの根本原因の一つに、頭皮環境の悪化が考えられます。

頭皮環境が悪化すると、皮脂の分泌量が乱れて、また環境が悪化するという悪循環に陥ると言われているのです。

その皮脂分泌量を整える一つに湯シャンがあります。

2.必要以上に皮脂を取り除くとフケが生じやすくなります

頭皮は皮脂の分泌量によって、乾燥やべたつきが起こることが知られています。

このような頭皮環境の悪化によりフケが生じると言われているのです。

そのためフケ対策をしたいなら湯シャンによる皮脂量の調整が助けとなると言われています。

3.洗浄力の強いシャンプーを止めて湯シャンにするのも対策となります

石油系界面活性剤などは洗浄力が強いですが、必要な皮脂や常在菌を取り除く可能性があります。

皮脂もマラセチア菌も量が安定しなければフケ以外にもさまざまなトラブルが生じるのです。

このような側面からも湯シャンがいいと言われています。

4.湯シャンの正しい方法を知り刺激の弱いシャンプーを使用しましょう

湯シャンの前に柔らかな動物性のブラシで事前にブラッシングして汚れを取りやすくしましょう。

また、40度以上の湯だと頭皮へのダメージになり、必要以上に洗い流すことにつながります。

湯シャン以外にもアミノ酸系シャンプーの使用もよいでしょう。

頭髪外来の医師が監修の元で開発された頭皮ケアシャンプー
女性用スカルプDで女性の薄毛を予防改善!