女性ホルモンの減少によって髪が柔らかくなることがあります


細い髪、太い髪、柔らかかったりコシがあったりと、人それぞれの髪質があります。

髪質は、遺伝などによってある程度決まっているものですが、女性ホルモンの影響により変化することがあります。

女性ホルモンのひとつであるエストロゲンという成分は髪をつくる働きをするのですが、このエストロゲンの増減によって髪が影響を受け、髪質が変わることがあるからです。

エストロゲンの分泌量が多いとコシやハリのある健康な髪となり、少ないと細く柔らかい髪になる傾向があります。

もちろん、髪質をつくっている要素には、遺伝と女性ホルモン以外にも様々なものがありますが、女性ホルモンが髪質に大きな影響を与えているといえるでしょう。

以前に比べて、髪が柔らかくなった、細くなったと感じた場合は、女性ホルモンが減少しているのかもしれません。

健康な髪にはハリやコシがあるものですから、そのような場合には髪の状態が悪くなっている心配があります。

髪が柔らかくなったことで、脆くなるなどのダメージを感じたら、ホルモンバランスを整える工夫をしてみると良いでしょう。

10代の成長期や妊娠により髪質が変化することがあります

10代の成長期に起こる髪質の変化

女性には、ホルモンの分泌量が変化するタイミングがあります。

女性ホルモンのエストロゲンが髪の成長に深く関わっていますので、そのような時期に髪質が変わることは珍しくありません。

例えば、10代の体が大人の女性へと変わる時期になると、女性ホルモンの分泌が急増します。

そのため、子供の頃の細く柔らかい髪が、太くしっかりしたものに変化するということが起こりやすくなります。

妊娠や出産でも髪質の変化が起こる

妊娠や出産によって女性ホルモンの量が変動すると、髪質にも変化が現れます。

妊娠し女性ホルモンが急増したために、太くコシのある髪になったり、髪の量が増えたりすることがあるのです。

また、出産を終えてしばらく経つと、増えていた女性ホルモンが通常に戻ることから、髪が柔らかくなったり、抜け毛が増えたりします。

更年期に女性ホルモンが急減すると髪が脆くなります

更年期には髪が細く柔らかくなりやすい

更年期といわれる年代になった女性は、女性ホルモンの分泌量が急減します。

そうなると、髪が細くなった、柔らかくコシがなくなったと感じる人が多いようです。

それに加えて、抜け毛も増える傾向にあるので、髪のボリュームダウンが気になるようになります。

大豆イソフラボンの摂取が効果的

更年期になると女性ホルモンの分泌を促すのは難しくなりますが、大豆食品に含まれる大豆イソフラボンという成分が、エストロゲンに似た働きをしてくれます。

大豆からつくられている食品には、納豆や豆腐、豆乳など、手軽に摂取できるものが多くあります。

更年期による髪のダメージが気になる人は、毎日の食事に大豆食品を積極的に取り入れてみてはいかかでしょうか。

また、エストロゲンを補うためのサプリメントもありますので、試してみるのも良いでしょう。

健康な髪をつくるために生活習慣に気を配りましょう

健康な髪を保つには生活習慣が大切

ハリやコシのある健康な髪をつくるためには、女性ホルモンのバランスを整えることが大切です。

そのためには、生活習慣を整える必要があります。

まず、睡眠不足はホルモンバランスを乱しますので、充分な睡眠を取りたいものです。

運動不足も良くありませんので、適度な運動を習慣づけると良いでしょう。

また、ストレスもホルモンバランスに悪影響を与えますので、プライベートな時間には上手に気分転換やリラックスをして過ごすなど工夫をしたいものです。

そして、喫煙や過度な飲酒もホルモンバランスを乱しますから、髪の状態が気になる人は控えると良いでしょう。

髪の健康のために食生活に気配りを

髪の健康のためには、食生活にも気を配りたいものです。

パン、パスタなどの炭水化物や甘いお菓子などの糖分の摂りすぎは、ホルモンバランスを崩しますので注意をしましょう。

ホルモンバランスを整え髪の健康を促してくれるのは、豚レバーやアーモンド、ナッツなどのビタミンや亜鉛が豊富な食品です。

そのような食品を積極的に取り入れながら、バランスの良い食事を心がけることが大切です。

(まとめ)女性ホルモンが減少すると柔らかい髪になるって本当ですか?

1. 女性ホルモンの減少によって髪が柔らかくなることがあります

女性ホルモンのエストロゲンという成分には、髪をつくる働きがあります。

髪質は遺伝などによりある程度決まっているのですが、エストロゲンの分泌量によって変化することがあるのです。

エストロゲンの量が多いとコシのある健康な髪になり、少ないと細く柔らかい脆い髪になってしまいます。

2. 10代の成長期や妊娠により髪質が変化することがあります

女性には、10代の成長期や妊娠・出産により、ホルモンの分泌量が変化するタイミングがあり、そのような時期に髪質が変わることがあります。

10代の成長期に女性ホルモンが増えると、太くコシのある大人の髪に変わることがあります。

また、妊娠して女性ホルモンが急増したことで、髪が太くなり毛量も増えたという珍しいことではありません。

3. 更年期に女性ホルモンが急減すると髪が脆くなります

女性は更年期に差しかかると、女性ホルモンの分泌量が急減します。

そうなると、髪が細く柔らかく、脆くなってしまいます。

更年期に髪が脆くなったと感じたら、女性ホルモンのエストロゲンに似た働きをする、大豆イソフラボンの摂取がおすすめです。

大豆イソフラボンは、豆腐や納豆などの大豆食品に含まれています。

4. 健康な髪をつくるために生活習慣に気を配りましょう

健康な髪を保つためには、女性ホルモンのバランスを整えましょう。

そのためには、睡眠を充分に取り、適度な運動を行うなど、規則正しい生活習慣を身につけたいものです。

また、食生活にも気を配りましょう。

炭水化物や糖分の摂りすぎはホルモンバランスを乱し、髪にも悪影響があるので注意が必要です。