髪のボリュームを50代でも保つには女性ホルモンを意識しましょう


50代は女性ホルモンが大きく減少しており、その影響を髪の毛も受けることが考えられます。

女性ホルモンの減少や乱れが生じることで、髪の毛も弱くなりますから必然的に抜け毛が多くなることも考えられるのです。

とくに50代では一般的に閉経することが多く、卵巣の働きも弱くなっています。

そのため50代から髪の毛を守るには、女性ホルモンの減少を考えた対策を行う必要があるのです。

女性ホルモンの減少をフォローするような対策によって、頭皮環境や髪の毛の減少を食い止める期待が持てます。

閉経すると女性ホルモンの分泌が一気に減少します

50代ともなれば女性も髪の毛のボリュームが減ることも多くなります。

これは加齢によって、女性ホルモンの減少が大きく関係していることも考えられるのです。

女性ホルモンの分泌は、30代後半辺りから徐々に減少していくと言われています。

40代になると、女性ホルモンの減少が原因の1つとなり、更年期障害なども引き起こされると考えられています。

頭皮や髪の毛もその影響を受けることになり50代ともなれば、若い頃よりも髪の毛が細くなり弱くなってしまうのです。

とくに閉経後は卵巣の働きもかなり弱くなってしまうため、女性ホルモンの分泌は急激に減ることも原因の1つとして考えられるでしょう。

ただ、50代でもなく閉経には遠い年齢だとしても女性ホルモンの分泌が減少したり、乱れたりすることがあります。

この場合、ストレス、また不規則な生活習慣や食生活の影響が大きく関係していると言われているのです。

しかし女性ホルモンが減少し髪のボリュームが減ったとしても対策はあります。

女性ホルモンの減少をフォローするような対策を行えば、若々しい髪の毛を維持する期待が持てるでしょう。

頭皮環境の悪化が進む原因を止めましょう


50代ともなれば、若い頃よりとくに頭皮環境の悪化に注意した方がよいです。

たとえば食生活についても、髪の毛や頭皮によい栄養分を積極的に摂り入れることは対策の1つになるのです。

具体的には、鶏肉などに含まれた良質なたんぱく質、さらに新陳代謝のサポートになるビタミンなどが含まれた食べ物を摂取するとよいでしょう。

また、大豆イソフラボンという成分は女性ホルモンと構造が似ていると言われています。

同時に、女性ホルモンと似た働きを持っていると言われています。

大豆イソフラボンが多く含まれた、大豆や豆腐、納豆や豆乳を摂取するのもよいでしょう。

しかし個人差はありますが50代になれば食が細くなる人もいるでしょうからムリは禁物です。

また、極端に髪の毛や頭皮によいからと言っても、そればかり食べては頭皮環境が良くなるどころか健康を害する一因になりかねません。

ある程度、食卓に取り入れるぐらいにし、栄養バランスが取れた食生活を心がけましょう。

頭皮の血行やシャンプーも意識しましょう

食生活以外からも、対策を行う必要があります。

まずどんなに抜け毛と頭皮環境の悪化を食い止めるような栄養分を摂取しても、血行が悪ければ頭皮に届きづらくなります。

そのため日頃から、血行を良くすることを意識するとよいでしょう。

一番簡単な方法だと、頭皮マッサージが対策の1つになります。

頭皮マッサージは頭皮を指圧で刺激することによって、血行へよい影響が期待できるからです。

とくに固くなっていると感じる所をマッサージするとよいでしょう。

髪の生え際から頭頂部にかけ、指のお腹部分で押していくのがポイントです。

また、血行への対策としては適度な運動もよいです。

ムリのないウォーキングなどを行うことも、血行対策が期待できます。

ほかにはシャンプーなどにも注意が必要です。

頭皮環境の悪化を食い止めるためにも天然成分が含まれたもの、そしてアミノ酸系界面活性剤が含まれた頭皮に優しいシャンプーがおすすめです。

中には大豆イソフラボンが含まれているようなシャンプーもあるので、女性ホルモンの減少のカバーが期待できます。

このように複数のケアをして50代でも若々しくボリュームのある豊かな髪の毛を目指しましょう。

(まとめ)50代で髪のボリュームが減る対策ってある?

1.髪のボリュームを50代でも保つには女性ホルモンを意識しましょう

50代は閉経をしていることが多く、卵巣の働きが弱く女性ホルモンの分泌も一気に減少します。

女性ホルモンが減れば髪の毛の成長にも悪影響が出るため、抜け毛が増えて、ボリュームが減るのです。

そのため女性ホルモンの減少への対策がポイントになります。

2.閉経すると女性ホルモンの分泌が一気に減少します

50代では髪の毛のボリュームが一気に減ってしまいます。

とくに閉経後は卵巣も弱まり、髪の毛の成長に必要な女性ホルモンが出づらくなるのです。

結果、髪の毛が細くなって弱くなり、抜け毛が増えてボリュームが減ってしまいます。

3.頭皮環境の悪化が進む原因を止めましょう

50代になれば、とくに頭皮環境の悪化に気をつけましょう。

良質なたんぱく質やビタミン、大豆イソフラボンなど頭皮や髪の毛によい栄養分を摂取することが大切です。

栄養バランスに注意しながら、意識的な摂取を心がけてみましょう。

4.頭皮の血行やシャンプーも意識しましょう

頭皮や髪の毛によい栄養分を摂取しても、血行が悪ければ栄養が届きづらくなります。

そのため、頭皮マッサージなどを行ったり、軽い運動を行ったりしてみましょう。

また、アミノ酸系シャンプーなど頭皮に優しいシャンプーを使用するのも対策になります。