40代で髪のボリュームが減るのは女性ホルモンが減ってさまざまな変化が起きるからです


40代で髪の毛のボリュームが減るのは、抜け毛が増えることが原因の1つとして考えられます。

女性ホルモンの分泌量が減るなどの影響により、頭皮環境が悪化しやすくなり、脱毛症が生じる場合もあるのです。

また、女性ホルモンの減少はストレスや肌の老化も引き起こすことが考えられます。

そして、それらがきっかけとなり、またストレスを生むという悪循環に陥るのです。

そのため40代からはますますヘアケアや頭皮ケアを意識する必要があると言えるでしょう。

頭皮環境が悪化すると脱毛症になる場合もあります

40代で髪の毛のボリュームが少なくなる原因は、複数考えられます。

そもそも髪のボリュームが減っている状態は、毛髪が少なくなっている状態が考えられます。

どうして毛髪が少なくなるのかと言えば、抜け毛の増加が可能性として考えられるのです。

抜け毛が増加する原因の1つに、頭皮環境の悪化による脱毛症も考えられます。

たとえば、脂漏性脱毛症や粃糠性脱毛症、円形脱毛症や女子男性型脱毛症などが挙げられるでしょう。

また、出産をした時、一時的に脱毛が起きる産後脱毛症なども考えられます。

このような脱毛症は頭皮環境の悪化により生じていることが多いです。

では頭皮環境の悪化はどうして生じるのかというと、女性ホルモンが大きく関係しています。

40代という年齢は更年期障害をはじめ、女性ホルモンの分泌が減ることによって起きるさまざまな問題が生じやすい年齢と考えられています。

女性ホルモンのエストロゲンは髪の毛の生成に大きく関係すると言われているため、分泌の減少そのこと自体が、髪のボリュームを減らす原因の1つとも考えられるのです。

しかし女性ホルモンの分泌の減少や乱れによって、脱毛症が起きる場合もあるのです。

たとえば女性ホルモンの分泌が減れば代謝にも影響が出て肌の老化、ストレスなども生じやすくなるため、頭皮環境が悪化して脱毛症につながる可能性もあります。

女性ホルモンの減少への対策が重要です


40代という女性ホルモンが減少する、乱れやすくなる年代だからこそとくにヘアケアには注意をした方がよいでしょう。

そうすれば、ボリュームが減ることへの対策につながるからです。

基本的に40代になって女性ホルモンの減少が生じたなら、それをカバーすることで対策を考える必要もあります。

女性ホルモンの減少や乱れをますます助長させるような原因として、不規則な生活や栄養バランスの悪い食生活、さらにはストレスなどが考えられます。

不規則な生活の代表例は、昼夜逆転生活や睡眠不足などが挙げられるでしょう。

さらに栄養バランスが乱れた食事としては、脂質や糖質、アルコールなどが極端に多く、暴飲暴食を繰り返すことが挙げられます。

また、ストレスなどは、自律神経の乱れやホルモン分泌をコントロールする脳の視床下部へダメージを与えると言われています。

そうなるとますます女性ホルモンのバランスが乱れる可能性が高いです。

そのためストレスを与える問題から離れることや、溜まったら発散させることを心がけましょう。

まずはこの点から注意をしながら、できるだけ女性ホルモンの分泌に悪影響を与えない生活をすることが対策の1つになるのです。

頭皮に優しいシャンプーも対策が期待できます

使用するシャンプーにも注意をしましょう。

女性ホルモンが減少する40代は、多くの悪影響を受けて頭皮環境が崩れやすい年代と言えます。

たとえば、頭皮に合っていないシャンプーを使用することで頭皮環境が崩れ、脱毛症につながり、髪のボリュームが一気に減ってしまう可能性も否定できません。

頭皮に優しく、さらに髪の毛の成長に役立つ成分が含まれたシャンプーを選ぶのがよいでしょう。

アミノ酸系界面活性剤が使用され、天然成分が使われた育毛シャンプーは頭皮に優しく、皮脂や常在菌をある程度残すことが期待できます。

とくに女性ホルモンに働きが似ていると言われる大豆イソフラボンが含まれた育毛シャンプーは、頭皮環境を保つ大きな味方として期待できるのです。

また、大豆イソフラボンは大豆や大豆製品などの食べ物からも摂取できます。

しかし血行が悪ければ、肝心の頭皮にまで栄養分が届かない可能性もあります。

そのため、頭皮マッサージを行い血行にアプローチをすることも対策として期待できるでしょう。

このように複数の対策を行うことによって、40代で薄毛となりボリュームが減る対策が期待できるのです。

(まとめ)40代になって髪のボリュームが減ったのはなぜ?

1.40代で髪のボリュームが減るのは女性ホルモンが減ってさまざまな変化が起きるからです

女性ホルモンの減少によって、40代は抜け毛が多い年代と言えます。

また、頭皮環境が悪化しやすくなり、そのこともストレスになるという悪循環に陥る可能性があるのです。

このような原因から髪のボリュームが減ることが考えられます。

2.頭皮環境が悪化すると脱毛症になる場合もあります

40代で髪の毛のボリュームが減る原因は1つだけなく複数考えられます。

たとえば40代は女性ホルモンの分泌量が減り、頭皮環境が悪化しやすいために、脱毛症になりやすいことも原因の1つとして考えられるのです。

3.女性ホルモンの減少への対策が重要です

40代は女性ホルモンの減少への対策を考える必要があります。

不規則な生活や、栄養バランスの偏った食生活、ストレスなどに気をつけましょう。

基本的に、女性ホルモンの分泌が乱れやすくなる習慣を避けて生活をすることが大事でしょう。

4.頭皮に優しいシャンプーも対策が期待できます

頭皮環境が悪化している状態で、頭皮に合っていないシャンプーを使用すれば、一気に症状が悪化し、ボリュームが減ることにもつながるからです。

アミノ酸系界面活性剤や、大豆イソフラボンが使用されているシャンプーが頭皮に優しいのでおすすめです。