30代で髪のボリュームが減る原因の1つは、女性ホルモンの減少があります


30代後半になると女性ホルモンの分泌量が減少傾向に入りますが、女性ホルモンは髪の毛の成長にも重要な役割を持っています。

そのため女性ホルモンが減ったことに対する影響を、髪の毛が強く受けることになるのです。

とくに女性ホルモンのエストロゲンは、髪の毛の成長に大きく関係しています。

30代後半でも若々しい髪の毛を保つためには、女性ホルモンの分泌が乱れないようにすることも重要でしょう。

女性ホルモンが減ると髪の毛も弱くなります

女性でも、髪のボリュームが30代後半になれば一気に減る人も多くなります。

その主な原因の1つに女性ホルモンの乱れや減少が考えられているのです。

女性ホルモンは髪の毛の発育に重要な成分なため、乱れたり減少したりすれば、発毛や育毛に大きな影響を与えると言われているのです。

女性ホルモンの分泌は20代~30代中盤の頃にピークを迎えるのですが、その後は徐々に減少することが知られています。

いわゆる更年期障害は、この女性ホルモンの減少が大きく関わると考えられているのです。

そのため30代後半になると抜け毛などが増え、ボリュームが減ることが考えられるのです。

女性ホルモンの中でとくに髪の毛に関係するのはエストロゲンとなります。

エストロゲンは髪の毛だけではなく、女性的な体つきにする、自律神経の安定、乳房の発達などに必要な女性ホルモンです。

そのエストロゲンの分泌が減少しはじめるのですから、発毛にも悪影響が出ると考えられます。

基本的に女性ホルモンの減少は一般的なことであり、それを完全に食い止めるのは難しいのです。

また、女性ホルモン以外にもストレスや不規則な生活習慣、栄養バランスが悪いなどさまざまな原因が考えられます。

そうだとしても、女性ホルモンの減少やその他の原因に対して適切な対策を行うことで、30代後半になっても若々しい髪の毛を保つ可能性はゼロとは言い切れないのです。

ストレス発散をして食事にも注意しましょう


30代後半で女性ホルモンの減少対策を考えるなら、分泌の助けになる対策を行いましょう。

まず、女性ホルモンの乱れを引き起こさないように規則正しい生活を行うことが大切です。

昼夜逆転などの生活をする、睡眠不足が続いている、ストレスが発散できていなければその点について改善を検討するとよいでしょう。

仕事上の関係上、交代制の勤務体制だとしても、そのことを踏まえた上での規則正しい生活はできるはずです。

また、自分に合ったストレス発散方法を見つけることでも、髪の毛のボリューム減少への対策につながります。

さらに食生活への意識も重要です。

一番ダメなのは、ダイエットのために過度な食事制限を行うことです。

過度な食事制限を行うことは、髪の毛や頭皮を健康的に維持するための栄養が不足することにつながります。

結果、頭皮環境も悪化して弱々しい髪の毛が多くなり、さらに女性ホルモンの減少の影響も受ければボリュームが減るのは必然です。

そのため栄養バランスの取れた食事を心がけるようにしましょう。

とくに大豆イソフラボンが含まれた食べ物などは、女性ホルモンと似た働きを持つと言われているので、食生活に取り入れることをおすすめします。

頭皮に合ったシャンプーを使いましょう

頭皮や髪の毛に関する対策を考えるのならシャンプーにも注意した方がよいでしょう。

女性ホルモンの分泌が多くても、頭皮環境に適したものでなければ薄毛につながる可能性が高くなるからです。

たとえば刺激の強い石油系合成界面活性剤を使用したシャンプーなどは、頭皮の皮脂が少なく、刺激に弱い人は向いていないと考えられています。

また、清潔にしようという意識が高くなり、一日に何度も石油系合成界面活性剤が含まれたシャンプーを使うことで、必要な皮脂を洗い流してしまいます。

皮脂は皮膚バリアの役割という一面も持っているため、ある程度残しておく必要があるのです。

とくに30代になり女性ホルモンの分泌が減少することも重なるのですから、頭皮に優しいシャンプーを使った方がよいでしょう。

たとえば育毛シャンプーは、アミノ酸系界面活性剤とともに大豆イソフラボンが含まれたものも多いです。

そのようなシャンプーを使用しつつ、女性ホルモンが乱れないような生活を心がけることで、髪のボリュームが減りぺちゃんこにならないような対策が期待できます。

(まとめ)30代で髪のボリュームが減るのはどうして?

1.30代で髪のボリュームが減る原因の1つは、女性ホルモンの減少があります

女性ホルモンの中でもエストロゲンは髪に大きな関係があります。

しかし30代後半ともなれば女性ホルモンの分泌が減っていくのです。

そのため、髪の毛も弱くなり、ボリュームが減ることにつながります。

2.女性ホルモンが減ると髪の毛も弱くなります

女性でも30代後輩ともなれば、髪の毛のボリュームも減ります。

女性ホルモンは髪の毛の成長に大きく関係しているため影響があるのです。

そのため不規則な生活習慣や、栄養バランスなどに注意をして、女性ホルモンの分泌が余計減らないようにしましょう。

3.ストレス発散をして食事にも注意しましょう

女性ホルモン分泌の減少について対策をする場合、ストレス発散をして、睡眠不足にならないよう規則正しい生活をしましょう。

また、過度な食事制限にも気をつける必要があります。

食事では大豆イソフラボンが含まれたような食べ物がおすすめです。

4.頭皮に合ったシャンプーを使いましょう

シャンプーにも気をつける必要があります。

自分の頭皮に合っていないシャンプーでは、頭皮環境の悪化につながるからです。

大豆イソフラボンが含まれたシャンプーも使用し、女性ホルモンが乱れないよう注意すると、髪の毛のボリューム対策が期待できます。