30代で髪のボリュームやパサつきが生じるのは女性ホルモンの減少が関係します


女性も30代後半頃になると、それまで十分な分泌量だった女性ホルモンが減少します。

女性ホルモンのエストロゲンは、女性の体つきにも影響するのですが、それは髪の毛にも関係して来ます。

女性ホルモンの分泌量が減ったことで髪の毛が弱くなり、抜け毛が増えて、髪のボリュームが減ったり、パサつきが生じたりすることも考えられるのです。

そのため30代後半でヘアケアを考えるなら、女性ホルモンの分泌量が減ったことへのフォローが必要になります。

女性ホルモンの減少が関係しています

女性の場合、年齢で30代を迎えると髪の毛のボリュームが減り、パサつきが増えはじめる傾向にあります。

個人差はあるのですが、それでも加齢による影響は一般的にあるものと考えましょう。

どうして30代になると髪の毛のボリュームが減り、パサつきが増えるのかは、女性ホルモンの分泌が減少することを筆頭にさまざまな原因が考えられます。

女性ホルモンの分泌が減れば、相対的に男性ホルモンの分泌が多くなることも考えなければならないでしょう。

男性ホルモンの方が多い状態になれば、それまでの年齢より髪の毛の成長に悪影響を与えてしまうからです。

また、30代になると髪の毛の生え変わりサイクルが変化することも無視できません。

これも個人差はあるのですが、一般的に30代になると、髪の毛の成長期間が短くなると考えられています。

そのため十分に成長しない弱い髪の毛が生えることが多くなり、ハリやコシがなくなってパサつき、抜け毛も増えてボリュームが徐々に減っていくことが考えられるのです。

女性の場合、30代は女性ホルモンの分泌はそれまでより大きく変わる時期なので、このような髪の毛の問題が生じます。

しかしきちんと対策をすることで、その症状をある程度、抑えることが期待できるのです。

女性ホルモンの乱れにつながる習慣を避けましょう


髪の毛のパサつきやボリュームについて対策を考えるなら、女性ホルモンの減少に対するフォローが大切となります。

まず、加齢によって減少した女性ホルモンだとしても分泌はされています。

そのため女性ホルモンの分泌を阻害するような生活習慣は、止めた方がよいでしょう。

女性ホルモンの分泌に大きな悪影響を与えると言われているのが、睡眠不足やストレスです。

睡眠不足やストレスによって、ホルモンの分泌をコントロールしている脳の視床下部という器官に負担が生じます。

また、さまざまな器官をコントロールする神経に自律神経があり、それにもまた悪影響を与える可能性があるのです。

そのために女性ホルモンの分泌が乱れ、抜け毛が増えてパサつきが増えることにもつながるので、まずは不規則な生活習慣に注意しましょう。

また、血行が悪くなると頭皮の健康維持や髪の毛の成長に必要な栄養分が届きづらくなることもあります。

そのため頭皮の血行がスムーズな状態を維持するには、ウォーキングなどの適度な運動をすることをおすすめします。

また、運動とともに頭皮マッサージを行うことでも、頭皮の血行対策となりますので意識して行うとよいでしょう。

大豆イソフラボンが含まれるシャンプーがおすすめです

生活習慣の見直しをしながら、女性ホルモンの減少をカバーすることを考えましょう。

たとえばアミノ酸系シャンプーを筆頭に、頭皮に優しいシャンプーなどがあります。

育毛シャンプーに多いのですが、その中には大豆イソフラボンが含まれているものも多いです。

大豆イソフラボンがどうして頭皮や髪の毛によいのかというと、女性ホルモンと似た働きを持っているからと言われているからです。

そのため大豆イソフラボンなど頭皮や髪の毛によいとされる栄養分が含まれたシャンプーを使用するのも、30代からの頭皮ケアを考える上ではよいと言えるでしょう。

また、食生活から女性ホルモンの分泌によい食べ物を食べるのも対策の1つになります。

大豆イソフラボンが含まれた食べ物として、大豆や豆腐、納豆、豆乳といった大豆製品が挙げられるでしょう。

もちろん、頭皮や髪の毛によいからと言っても栄養バランスが崩れていては結果的に栄養不足となり、育毛という部分ではよいと言えません。

栄養バランスの取れた食事をしながら、なおかつ生活習慣に注意し、女性ホルモンの分泌によいシャンプーを使用して対策をするのがよいのです。

このように総合的なケアをすることで、30代から生じる髪のボリュームの減少やパサつき対策の成功を目指しましょう。

(まとめ)30代で髪のボリュームやパサつきが出るのはなぜ?

1.30代で髪のボリュームやパサつきが生じるのは女性ホルモンの減少が関係します

30代後半になると、髪の毛に関わる女性ホルモンの分泌が減少します。

そのため抜け毛が増えたり、ツヤなどがなくなったりすることも考えられます。

そのため30代後半からは女性ホルモンが減ったことに対するフォローが重要になるのです。

2.女性ホルモンの減少が関係しています

30代になれば女性でも髪のボリュームが減る傾向になり、パサつきも増えます。

これは女性ホルモンの減少が関係しており、男性ホルモンが増えていることが考えられます。

このような理由から、髪の毛が弱くなって髪のボリュームも減ってしまうのです。

3.女性ホルモンの乱れにつながる習慣を避けましょう

女性ホルモンの減少が原因とするなら、余計に分泌を阻害するような行為は止めた方がよいでしょう。

たとえば睡眠不足やストレスなどは、女性ホルモンの分泌に悪影響を与えてしまいます。

また、頭皮の血行を良くするためにウォーキングなど適度な運動もよいです。

4.大豆イソフラボンが含まれるシャンプーがおすすめです

アミノ酸系シャンプーなど、頭皮に優しいシャンプーを使いましょう。

中には大豆イソフラボンが含まれているような育毛シャンプーもあります。

大豆イソフラボンは女性ホルモンと働きが似ているので、対策が期待できるのです。