髪のパサつきを放っておくと薄毛のリスクがあります


パサつく髪は、何の対策もしていないと薄毛になる可能性があるので注意が必要です。

その理由は、髪のパサつきは頭皮環境が悪化している可能性があるからです。

パサつく髪の原因には、乾燥や血行不良、髪の栄養不足などによる頭皮環境の悪化が挙げられます。

頭皮が不健康な状態では、ヘアサイクルが保てず、抜け毛が増える可能性があり、さらに進行すると女性でも薄毛になってしまうことがあるのです。

薄毛にならないためにも、髪のパサつきが気になり始めたら、早めに対策をして健康な髪を育てましょう。

髪のパサつきは髪が弱っているサインです

髪のパサつきは、頭皮環境が悪化している、もしくは髪のダメージによって髪が弱っている状態です。

頭皮環境の悪化

頭皮の状態が悪くなる要因には以下のものが考えられます。

  • 加齢
  • 頭皮の乾燥
  • ホルモンバランスの乱れ
  • 栄養不足
  • 血行不良

このような原因によって頭皮環境が悪化すると髪の成長が妨げられ、ツヤやハリ、コシのない細い髪が生え、パサつきのある髪になってしまうのです。

さらに悪化すると、薄毛になる可能性があります。

髪のダメージ

髪が外部からのダメージを受けると、キューティクルが傷ついたり、剥がれたりします。

すると、髪の内部のたんぱく質や水分が流出。

そして、髪が乾燥してパサパサになってしまうのです。

また、キューティクルが傷ついているので、手触りも悪く、ツヤもなくなってしまうので注意しましょう。

髪にダメージを与える要因には、以下のものがあります。

  • 摩擦
  • 紫外線
  • ドライヤーやヘアアイロンの熱
  • パーマ、カラー

キューティクルが傷ついているだけでは薄毛にはなりませんが、切れ毛や枝毛が増え、まとまりにくい髪になってしまうので、なるべくダメージを減らすようにしましょう。

体の内側からのケアで頭皮環境を改善


髪のパサつきは、ホルモンバランスの乱れや栄養状態の悪化などによる頭皮環境の悪化が原因となって起こります。

しっかりと体の内側からケアして、頭皮の状態を整え、パサつきのない健康な髪を育てましょう。

ホルモンバランスを整える

パサつきのないツヤのある髪にするには、女性ホルモンが正常に分泌されることが重要です。

しかし、女性ホルモンは非常にデリケートで、睡眠不足や不規則な生活が続いていると分泌量が減ってしまいます。

そうならないためにも十分な睡眠時間を確保し、「生活リズム」の整った生活を心がけましょう。

食事から栄養をしっかり補う

髪の毛の生成には、主成分となるたんぱく質のほか、新陳代謝を促すビタミンやミネラルが必要です。

どれが不足しても髪の成長を妨げてしまうので、栄養をまんべんなく摂取するようにしましょう。

また、過度な飲酒、脂っこいものや甘いものの食べ過ぎは、栄養バランスが良くても頭皮の状態が悪くなる要因です。

栄養バランスを整えるとともに、食事全体の見直しも合わせて行うのがオススメです。

ヘアケアで髪のパサつきを抑えましょう

髪のパサつきを改善するには、外側からのヘアケアも必要です。

なぜなら、髪の毛には自己修復機能がないからです。

そのため、一度傷ついてしまった髪は、内側からのケアではパサつきを改善することができません。

そこで、ここでは髪のパサつきを抑えるのに効果的なヘアケアを紹介します。

頭皮と髪の保湿ケア

髪のパサつきは、髪や頭皮の乾燥が要因となります。

頭皮と髪の保湿ケアで、パサつきを防ぎましょう。

  • 高保湿シャンプーを使用する
  • 頭皮ローションで潤いを補給する
  • トリートメントやオイルで髪の水分を保持する
マッサージで頭皮の血行改善

頭皮は体の中でも血行不良になりやすい部分です。

意識的に血行改善を行いましょう。

簡単に取り入れられるケアとしては、頭皮マッサージやツボ押しがあります。

道具がなくてもできるので、仕事や家事の合間や入浴中、スタイリング前など、習慣化しやすい時間に取り入れてみてください。

(まとめ)パサつきのある髪、放置するとハゲるって本当ですか?

1. 髪のパサつきを放っておくと薄毛のリスクがあります

パサつきのある髪は、頭皮環境の悪化が原因である可能性があります。

そのまま頭皮環境が悪化した状態が長く続けば、薄毛になる危険性があるので注意しましょう。

早めにパサつきの対処をして、健康な髪を維持するようにしましょう。

2. 髪のパサつきは髪が弱っているサインです

髪のパサつきは、頭皮環境の悪化と髪のダメージが主な原因です。

頭皮環境が悪くなる要因には、乾燥やホルモンバランスの乱れ、血行不良などがあります。

髪のダメージは、摩擦や紫外線、ドライヤーなどの熱、パーマやカラーによるものがあります。

3. 体の内側からのケアで頭皮環境を改善

頭皮環境の改善で、パサつきのない健康な髪を育てましょう。

まず大切なのは、規則正しい生活を心がけ、十分な睡眠を確保することです。

そして、過度な飲酒や脂っこいものの食べ過ぎを避け、栄養バランスのとれた食事を意識しましょう。

4. ヘアケアで髪のパサつきを抑えましょう

髪の毛には自己修復機能がないので、パサつきを抑えるためには外側からのケアも必要です。

保湿力の高いシャンプーや頭皮ローションを使って髪や頭皮の保湿をしましょう。

マッサージやツボ押しを活用し、頭皮の血行改善もオススメです。