髪のハリやコシがなくなると抜けやすくもなりボリュームにも影響があります


年齢が高まると女性ホルモンの減少や乱れが引き起こされると言われています。

するとハリやコシが弱まってボリュームが減ることが考えられるのです。

髪の毛に大きく関わるのがエストロゲンという女性ホルモンと考えられています。

30代後半になり40代にもなれば女性ホルモンの分泌量が減ると言われているのです。

ただ、年齢が若かったとしてもストレスや不規則な生活などで女性ホルモンが乱れ、ハリやコシが弱くなるので注意が必要でしょう。

また、栄養不足なども関係していると言われています。

女性ホルモンの影響でハリやコシやボリューム低下につながります

女性の場合、30代後半になると髪のハリやコシが弱くなり、ボリュームも少なくなります。

どうしてそんなことが起きるか原因が分からなくて悩んでいる女性も多いでしょう。

大きな原因の一つは女性ホルモンと言われています。

女性ホルモンは大きく分けてプロゲステロンとエストロゲンに分けることができます。

この2つはどちらも必要不可欠なホルモンですが、髪の毛に大きな影響を与えるのがエストロゲンです。

女性が女性らしい体つきになるのは、エストロゲンの影響であり、健康的な髪の毛を保つためにも重要と言われています。

しかし女性ホルモンは年齢が高くなるに連れてどうしても減少します。

20代後半でピークを迎えますが、後は徐々に分泌量が減っていき、個人差はあるものの30代後半に境に急激に減ると考えられているのです。

このように髪のハリやコシが弱まりボリュームが少なくなるのは、女性ホルモンの減少が大きく関係していると考えられます。

しかし年齢だけが女性ホルモンに影響を与えているわけではありません。

年齢が若くてもハリやコシが弱まり、ボリュームもなくなるのはストレスや不規則な生活、さらには栄養不足なども関係しているので油断できないでしょう。

ストレス発散や規則正しい生活を心がけましょう


女性ホルモンの減少は加齢が原因なら対策も難しいですが、まったく無理というわけではないと言われています。

しかし、まだ減少する年齢ではないのに、ハリやコシがなくなって髪のパサつきが目立つようでしたら早めに対策をした方が良いでしょう。

特に注意しなければならないのはストレスです。

それはホルモンバランスが脳の視床下部という所でコントロールされているからと言えます。

しかし視床下部という部位は、ストレスの影響を受けやすいので注意が必要です。

ただ、ストレスだけに注意しても、髪のハリやコシやボリュームの絶対的な対策になるとは言い切れません。

ストレス以外にも睡眠不足や食生活、不規則な生活でもホルモンバランスの乱れにつながると考えられているからです。

ただそのような原因もストレスを溜める原因と言えるでしょう。

まずはストレス発散をするよう心がけることが大切です。

ちょっとしたウォーキングやヨガだけではなく、友達と話をするなどで発散するよう心がけましょう。

ストレスの発散は自分に合ったものを見つけるようにしてみてください。

イソフラボンもハリやコシやボリューム対策が期待できます

ハリやコシもある健康的な髪の毛を作るためには女性ホルモンが鍵となります。

ストレスや不規則な生活を改善すること、栄養バランスの整った食生活である程度の対策はできるでしょう。

ただ、直接的な対策となれば、女性ホルモンの代わりになるものを考えても良いです。

たとえば育毛剤やシャンプーの中には、女性ホルモンの代わりになるような成分が含まれているものもあります。

代表的なのがイソフラボンを配合されているものでしょう。

加齢により女性ホルモンの分泌が減少した女性には対策の一つになります。

どうしてイソフラボンが女性ホルモンの代わりになるのかと言えば、それは、化学構造が似ているからと考えられているのです。

もちろん、育毛剤やシャンプーだけではなく大豆や豆腐などにも含まれています。

しかしすべて食事で対策をするのは難しい面もあるでしょう。

もちろん、育毛剤やシャンプーを使用したから、不規則な生活をしても大丈夫と考えない方が良いです。

髪のハリやコシは規則正しい生活から食生活も含めた総合的な対策をすることが大切だからです。

その点を考えながら、ハリやコシを守り、何歳になってもボリュームをキープするような対策を行いましょう。

スカルプDボーテ公式サイトの注目ランキング
スカルプDボーテ公式サイトの注目ランキング
スカルプD公式サイトの注目ランキング
スカルプD公式サイトの注目ランキング

(まとめ)髪のハリやコシが弱まるとボリュームも減るの?

1.髪のハリやコシがなくなると抜けやすくもなりボリュームにも影響があります

加齢により女性ホルモンが減少することで、髪にも影響が出てハリやコシが弱まると言われています。

ただ、年齢だけではなく、不規則な生活や食生活の乱れはもちろん、ストレスの影響や栄養不足でも、健康的な髪にならないので注意しましょう。

2.女性ホルモンの影響でハリやコシやボリューム低下につながります

30代後半にもなると女性は女性ホルモンの分泌が減りはじめるので、髪が弱くなると言われています。

ただ、不規則な生活や食生活などでも女性ホルモンが乱れハリやコシが弱くなると考えられます。

3.ストレス発散や規則正しい生活を心がけましょう

ストレスなどを発散し、女性ホルモンの減少をなるべく抑えましょう。

もちろん睡眠不足や不規則な生活にも注意が必要です。

運動をするなどして、健康的な生活を送るようにしましょう。

4.イソフラボンもハリやコシやボリューム対策が期待できます

育毛剤や育毛シャンプーの中には、イソフラボンのような女性ホルモンの代わりになるものが含まれているものもあります。

女性ホルモンの減少によりハリやコシやボリュームがなくなったと感じたら使用するのも対策の一つになるでしょう。

カーネーションのブレンドティーをプレゼント!

頭髪外来の医師が監修の元で開発された頭皮ケアシャンプー
女性用スカルプDで女性の薄毛を予防改善!