髪の分け目をはさんでボリュームが異なるのは紫外線や癖の可能性があります


髪の分け目をはさんでボリュームが異なるのは、紫外線や癖によるものである可能性が考えられます。

分け目は負担がかかる部位です。

紫外線はもちろん、いつも同じ場所で分け目を作っていると変な癖がつく場合があります。

他にも牽引性脱毛症などが考えられるでしょう。

これは髪の一定部分に負担がかかって脱毛症状が出るものです。

たとえばポニーテールなどが原因の一つとして考えられるでしょう。

ただ、そればかりではなくホルモンの減少や分泌の乱れも関係することも考えられます。

紫外線や髪の癖や牽引性脱毛症などが考えられます

分け目のボリュームが極端に減ることや、分け目からはさんでボリュームが明らかに異なるという場合もあります。

原因の一つは複数ありますが、まず紫外線には注意した方が良いでしょう。

分け目は髪が薄い部分ですから、紫外線の影響を強く受ける部分と言えます。

また、紫外線は皮膚の奥底にまで届いて影響を与えることを考えると、髪を作る毛母細胞の機能低下にもつながる可能性があるのです。

髪の分け目を長期間ずっと変えていない人も気をつける必要があるでしょう。

同じ場所を分けていることで、分け目に負担が蓄積されることで頭皮への悪影響につながると言われています。

髪の毛への負担と言えば、一つに束ねて結んでいる人も気をつける必要があるでしょう。

それもまた一定部分に負担がかかる原因の一つになるからです。

このような要因で髪の毛が薄くなるのが牽引性脱毛症です。

また、年齢が高くなれば女性ホルモンの減少や乱れも考えられます。

分け目や一方のボリュームが減ったならこのような原因を考える必要があるでしょう。

頭皮への負担を軽減することが大切です


外へ出る時はできるだけ帽子などをかぶって外部からのダメージを防ぐ必要があります。

そのため、キャップや日傘を使用して、紫外線などによる頭皮への負担を軽くすることを心がけると良いでしょう。

また、分け目が同じでしたら、定期的に変えることをおすすめします。

分け目を変えることで長期的に分け目部分への負担を軽くすることが期待できるからです。

また髪型を変えることで気晴らしもできますから、薄毛の原因の一つになるストレスに対しても有効と言えるでしょう。

新しい分け目などをピンで固定することで、新しい癖を作ることが期待できます。

2週間ぐらいは継続することで分け目を変えることが期待できるでしょう。

また、洗髪後に髪の毛を乾かす前に、その時できている分け目では逆方向に髪を流すのも対策の一つになります。

そして髪の根元を持ち上げてドライヤーでしっかりと乾かしましょう。

頭頂部分の癖についても、ドライヤーの風を真上から下へかけると良いです。

ロールブラシなどを使用し、髪を固めながら乾かしていきましょう。

イソフラボンなどでホルモンバランスの乱れを改善することも大切です

髪のボリュームについて、分け目の癖ではなく抜け毛などの原因によって薄毛になっている可能性もあります。

その場合は、ホルモンバランスの減少や乱れにも着目した方が良いでしょう。

ホルモンバランスが問題なら、まずは規則正しい生活を送ることを考えましょう。

不規則な生活を送ることにより、ホルモンバランスが乱れることも考えられますから、まずは不規則な生活を改善することが大切です。

しっかりと夜に寝て、朝の日を浴びて起きるという健康的な生活を送ることで、ホルモンバランスの乱れは改善できるでしょう。

また食生活の乱れについても注意してください。

髪の毛はホルモンバランスだけではなく栄養不足にも悪影響を与えることになるので注意が必要です。

さらに、過度なダイエットも栄養不足につながるので気をつけましょう。

女性ホルモンの乱れや減少が気になる場合は、大豆イソフラボンの利用もおすすめです。

大豆や大豆の加工食品には大豆イソフラボンが豊富に含まれています。

この大豆イソフラボンは女性ホルモンに構造が似ているので、女性ホルモンの代わりの働きをしてくれると考えられているのです。

また、食事だけでなく大豆イソフラボンなどが含まれた育毛剤やシャンプーを使用するのも良いでしょう。

(まとめ)髪の分け目をはさみボリュームが違うのはなぜ?

1.髪の分け目をはさんでボリュームが異なるのは紫外線や癖の可能性があります

髪の分け目でボリュームが異なったりするのは紫外線や髪の毛に負担がかかることが考えられます。

ただ、そればかりではなくホルモンバランスの減少や乱れもあるので注意が必要です。

2.紫外線や髪の癖や牽引性脱毛症などが考えられます

分け目のボリュームが減るのは紫外線なども考えられています。

紫外線が毛母細胞へ負担がかかることで機能が低下する可能性があるからです。

また、牽引生脱毛症や髪の毛の癖も理由としてあるでしょう。

3.頭皮への負担を軽減することが大切です

紫外線対策のためには帽子や日傘を使うのも有効と言われています。

癖に関しては洗髪後、新しく分け目を作りドライヤーで乾かしましょう。

ただし2週間ぐらいは続けたほうが良いでしょう。

4.イソフラボンなどでホルモンバランスの乱れを改善することも大切です

分け目の癖以外にもホルモンバランスの乱れなどが原因であれば、乱れを正して補充することが大切です。

たとえば大豆イソフラボンなどが含まれる食べ物や、育毛剤、シャンプーを使用するのも対策になるでしょう。


スカルプDボーテ公式サイトの注目ランキング
スカルプDボーテ公式サイトの
注目ランキング
男性におすすめのスカルプD公式サイトの注目商品
男性におすすめの
スカルプD公式サイトの注目商品



頭髪外来の医師が監修の元で開発された頭皮ケアシャンプー
女性用スカルプDで女性の薄毛を予防改善!